• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
サザン、サーフィンだけじゃない!知られざる成長企業の集積地 エンジニア生息圏ウオッチング〜夏だ!海だ!湘南だ!
エンジニア生息圏ウオッチング〜夏だ!海だ!湘南だ!
夏といえば海。マリンスポーツといえばサーフィン。サーフィンといえば湘南……。そんなサーファーの聖地・湘南は今、成長企業の集積地として注目を集めている。そのような企業を生み出す“湘南”エリアの魅力を、エンジニア生息圏という視点から探っていく。
(取材・文/ウオッチャー三浦 総研スタッフ/関洋子) 作成日:08.07.29
■7月2日(水)曇りのち晴れ 成長企業の宝庫“湘南”エリアに向かう。
 湘南は名古屋や京都にも負けない、成長企業の集積地だ──というニュースを耳にした私(ストーカー改め)ウオッチャー三浦は、居ても立ってもおられず、2003年10月を最後に停止していた生息圏ウオッチング活動を再開した。

 いざ湘南へ。といっても、厳密にこのエリアが「湘南」と定義されているわけではない。神奈川県による行政区分では、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、高座郡寒川町、中郡大磯町、中郡二宮町となっている。湘南ナンバー対象エリアは、さらに広範になる。そこで今回は最も湘南らしさが感じられる大磯〜藤沢までの海沿いの地域を探索することにした。
今回のウォッチング:湘南マップ
湘南エリアに本社を構える技術系企業一覧(上場企業)
日産車体
平塚市 日産自動車グループの1社。開発から生産までを担う完成車メーカー
ニッポ電機 平塚市 エースラインランプ、スリムラインランプなどの製造・販売
日本ギア工業 藤沢市 歯車や減増速機、バルブアクチュエータなどの設計・製造
東京ラヂエーター製造 藤沢市 トラック・産業機械向けなど熱交換器の製造
東邦チタニウム 茅ヶ崎市 各種チタン素材やセラミックス材料などの製造・販売
アルバック 茅ヶ崎市 真空装置ならびに真空ポンプや真空計などの製造・販売
宮田工業 茅ヶ崎市 消火器・薬剤および自転車の製造
トープラ 秦野市 小ねじ・タッピング、ボルトの製造・販売
日鍛バルブ 秦野市 エンジンバルブと関連部品の製造・販売
日本インター 秦野市 ダイオードやパワーモジュールなどの半導体素子製品の製造・販売
アマダ 伊勢原市 金属加工機械・器具の製造・販売
日東化工 高座郡寒川町 ゴムシートや建築・土木資材の製造・販売
河西工業 高座郡寒川町 ドアトリムなど自動車内装部品の製造・販売
ウオッチャー三浦 
ウオッチャー三浦
カメラマン兼ライター
15年以上、エンジニアとその企業の素顔をフィルムに納めてきたエンジニア生息圏探索のプロ(?)
AM10:00 大磯に着く。
瀟洒な邸宅とアオバト  東京・新宿を9時に出発し、まず、向かったのは大磯町。大磯といえば頭に浮かぶのが大磯ロングビーチ。1970年半ばから80年代前半にかけて青少年期を過ごした読者みなさんなら、覚えているのでは、大磯ロングビーチでアイドル水泳大会が開催され数々の名場面が生まれたことを……。でも大磯はもともと伊藤博文氏や吉田茂氏、大隈重信氏など政財界の要人の別荘地として発展、その後、それらの建物は古河電気工業や東京電力など大手企業の保養所として使われるなど、かつてのエンジニアにとっては、まさに憧れのリゾートだったわけだ。
 海を見下ろす高台には、バラのアーチに飾られた瀟洒な邸宅が並ぶ。大磯は昔ながらの別荘地の雰囲気を今に伝えている街。そんな大磯には隠れた(?)見どころがある。照ヶ崎海岸の「アオバト」だ。アオバトは日本列島と中国の一部で見られる、世界的に珍しい鳥。この海岸はアオバトが集団で訪れる水のみ場となっているのだ。
 アオバトと青い海を満喫した後、エンジニア生息圏の中核をなす茅ヶ崎へと車を走らせた。
AM11:00 茅ヶ崎駅に到着。
 茅ヶ崎も大磯と同じように政財界の要人たちの別荘地として注目され、その後、交通機関が便利になるととともに東京のベッドタウンとして発展した歴史をもつ。
 茅ヶ崎駅では、生息圏度の高さを表す(?)モニュメントを発見。それは2005年に打ち上げられたスペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗した野口聡一宇宙飛行士の手形だ。この手形をきっかけに宇宙や宇宙船に関連する技術について、彼女(彼氏)や家族に語ることもできる。実は茅ヶ崎駅北口は、「ちがさき手形ロード計画」が地元の有志で進められているのだ。野口飛行士のほかには、俳優であり歌手の加山雄三氏の手形もある。
 また駅北口ロータリー界隈には、昭和テイストなスタイルの模型店もある。
モノづくり魂をくすぐられる街だ。
手形と模型店
サザンビーチ ソフトエンジニアにはなじみのある「C」マークに出合う。
茅ヶ崎サザンC  茅ヶ崎駅南口を南下し国道134号線を渡ると、サザンビーチに到着。ビーチの入り口に茅ヶ崎の頭文字Cをシンボルにした「茅ヶ崎サザンC」のモニュメント。Cの文字の切れ目にカップルが立つと「円」として完結することから、縁(円)結びの輪として有名だという。ソフトエンジニアがこのモニュメント付近で仕事を思い出してしまうかもしれない。目と鼻の先にはサザンの歌でも有名な烏帽子岩、その左後方には江ノ島が見えるというナイススポットで、「サザンCでプラプラ→C++」と一発おやじギャグを飛ばして、彼女のハートをわしづかみ(凍えさせる?)するのも一興だろう。
サザンビーチカフェ サザンビーチの近辺には海を眺めながら食事できる店も多いが、中でもお勧めなのが、「サザンビーチカフェ」だ。白を基調にしたおしゃれな外観。わんちゃんOKのテラス席もあれば、室内にはゆったりしたソファ席もある。彼女(彼氏)、家族と日ごろの疲れを癒すのにはもってこいのスポットだ。
湘南企業の雄:アルバックを訪ねる。
 ビーチを離れ、湘南企業の強さの秘訣を探るべく、茅ヶ崎に本社を構えるアルバックを訪ねた。アルバックがなぜ、茅ヶ崎に本社を構えたのか、またアルバックのエンジニアたちは、この地で働くことをどう感じているのか、取材した。
湘南企業事例
株式会社アルバック
液晶、PDP(プラズマディスプレイ)、
有機ELなどのFPD(フラットパネルディスプレイ)や
半導体など、電子機器分野を中心にあらゆる産業に向けた
真空装置の製造、販売を手掛けている。
アルバック本社
茅ヶ崎に本社を構えて40年、真空技術で世界のトップ企業に成長
湘南に移転するきっかけ
 アルバック(当時の社名は日本真空技術)は、1952年に東芝(当時東京芝浦電気)で真空関係の技術に携わっていた井街仁氏が「真空技術はこれからの産業にとって重要だ」と考え、岳父である石川芳次郎(京福電鉄社長)や松下幸之助、藤山愛一郎(当時大日本製糖社長で日本商工会議所会頭、後に外務大臣を歴任)といった関西の財界人6人の出資金を得て設立した会社である。当時の本社は東京都港区。真空機器の輸入販売を手掛けていた。設立3年後に真空機器の国産化を目指し、都内に工場を新設。その後、本格的な国産化に乗り出すため神奈川県横浜市に工場を移転した。真空溶解炉や真空蒸留装置などの技術の開発の成果は高度経済成長の波にも乗り、横浜に構えた工場もどんどん手狭になっていったという。67年に現在の地である茅ヶ崎に本社工場を移転した。

「茅ヶ崎に白羽の矢を立てた理由の第一は、出資者の一人である藤山氏が関係していた大日本精糖がこの土地を持っており、譲渡してもいいという申し出があったこと。もう一つは、茅ヶ崎は昔からの別荘地で文化人も多く住むなど、地方都市ながらも人口も多いため、労働力の確保もできること。また東京からの距離も離れていないため、大学などの研究機関とも連携も可能だったからです」(人事部人材開発室室長・原田和夫氏)
ロビー
人事部 人材開発室 室長
原田和夫氏
ロビー
湘南のイメージ同様、開放的で明るいロビー

湘南ブランドを武器にさらなる発展を目指す

 現在、グループ会社はワールドワイドに広がっている同社。本社工場も手狭にはなっているものの、本社機能をほかに移す予定は特にないという。「湘南に本社があるということは今やブランド。社員にとってもステータスになっていると思います。茅ヶ崎は国木田独歩や平塚らいてうなど文化人も古くから多く住んでおり文化的にも優れており、住みやすい街。当社も湘南の開放的なイメージ同様、自由闊達な組織をもち若い人のチャレンジ精神を大事にする風土が根付いています。仕事もプライベートも充実したエンジニア生活が過ごせる環境だと思います」(原田氏)

Engineer's Voice やりたいことができて“海”も近い。だからアルバックを選んだ 制御ソリューション事業部 メカトロ部技術1課 相澤真也さん(29歳) 相澤真也さん
自由闊達な風土にひかれて転職
 カーステレオやエンジンの部品など、自動車関係部品の開発に携わっていた相澤さんが、アルバックに転職したのは2007年1月。転職のきっかけは、「これまでに培ったスキルを生かして、より大きなモノの開発に携わりたくなったから」だという。アルバックを選んだのは真空技術の分野で世界のトップを走る優れた会社で働きたいという気持ちだけではない。「5つの経営方針の中に示されていた『独創的な商品開発』、『自由闊達な組織』という言葉にもひかれました。ここでなら、自分のやりたいことにチャレンジできる気がしたんです」(相澤さん)
 さらにもう一つ、決め手になったことがあるという。それが「海が近いこと」だ。
「アルバックに転職するまでは、地元の宮城県でずっと過ごしてきました。実家も海の近くだったため、次に働く場所もやはり海が近ければいいなと思っていたのです。サーフィンや釣りという趣味も手軽に楽しめますから」(相澤さん)
 これまでの経験が生かせ、チャレンジを推奨する風土があり、海が近い会社──まさにアルバックは、相澤さんの条件にぴったり合った会社である。

落ち込んでも海を眺めてリフレッシュ

 自由闊達な組織という言葉とおり、「自分の考えが本当に通る環境なんです。責任は重いのですが、その何倍もやりがいが大きい」と相澤さん。自分で考えた新たな開発を手掛けているため、壁にぶつかったり、失敗したりすることもある。そんな落ち込んだ気分を癒してくれるのが、茅ヶ崎の海だ。「海をぼーっと眺めていると、リフレッシュできるんです。お気に入りの場所は茅ヶ崎漁港の奥にある砂浜の海岸。ここは、明日またがんばろうという気持ちにさせてくれるんです」(相澤さん)
 サーフボードはまだ実家に置いているという相澤さん。「今年中には実家からサーフボードをもってくるつもり。週末はサーフィンや釣りで楽しんで気分転換し、仕事へのモチベーションアップにつなげたいと思います」
PM 3:00 藤沢市に到着。最終探索開始。
藤沢市  アルバックを出て、本日の最終探索地藤沢市へ向かった。藤沢は湘南地域最大の人口を抱えた中心都市。藤沢駅にはJRや小田急江ノ島線、江ノ島電鉄が通っており、横浜や東京へはもちろん、江ノ島などの観光地へのアクセスも便利である。駅周辺には、家電量販店や大型書店などの商業施設が集積しており、生息圏としての満足度も高そうだ。
 藤沢駅と鎌倉駅を結ぶ江ノ電は「鉄好き」だけじゃなく、「リゾートにのんびりと出かけたい」というエンジニアにとっても心揺さぶられる乗り物だ。藤沢駅から江ノ電に揺られること約10分で、江ノ島駅。ウインドサーフィンやヨットなどマリンスポーツに興じる人々の姿が見える。
 また藤沢にはIT分野における最先端の研究を行っている慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)がある。キャンパスの地域内には、SFC発の技術シーズを活用したITベンチャーおよび、大学との連携により起業を目指す人を支援する施設「慶応藤沢イノベーションビレッジ」が設置されている。ITベンチャーを育成する土壌も用意されているというわけだ。起業して成功すれば、江ノ島を自分のクルーザーでクルージング……なんてことが現実になるかも。
 そのほか、大手企業の藤沢への集積も目立つ。2008年2月には日本精工が藤沢新工場を竣工、2010年には武田薬品工業も藤沢市に新薬の研究開発をする中央研究所を新設するという。これらから判断しても、藤沢はエンジニア生息圏に適しているといえそうだ。
湘南エリア探索を終えて
 今回は湘南地区の中でも、海沿いの3つのエリアを探訪した。これらのエリアでは会社を出て車で10分も走れば、海に行き着く、米国シリコンバレーにも負けない開放的な雰囲気がある環境だ。東京、横浜という都会にも近く、箱根や伊豆という有名観光地へも気軽に行ける、というメリットもある。通勤地獄ももちろんない。
 そんなエリアだけに、会社を一歩出れば、すぐオフモードに切り替えることも可能だ。仕事と生活の調和──ワーク・ライフ・バランスが実現できるエンジニア生息圏、湘南。それが成長企業の輩出につながるのかもしれない。
海
今回の生息圏度採点 湘南 (ウオッチャー三浦の実感値)
ファッション
 気にしなくていい度
60点 車や自転車通勤。休日も海が近いのでラフな格好でOK
ハイテク企業集積度 60点 成長企業が点在。宅地化が進んでいるため、
大きな工業団地は特にない
情報集積度 30点 技術の専門書は都心まで行かないと手に入りにくい。
慶應義塾大学の卒業生なら、SFCの図書館が使えるので集積度はかなり向上
通勤快適度 80点 地元企業への通勤は自転車や車、最寄り駅からの社用バスを利用
食環境 89点 海、山の幸が豊富な地域
エンタテインメント度 70点 マリンスポーツ、アウトドア派には最適。都心へも意外に近い
LOVEチャンス度 90点 夏の海では出会いのチャンスが……
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
関洋子(総研スタッフ)からのメッセージ 関洋子(総研スタッフ)からのメッセージ
久しぶりの生息圏ウオッチング、いかがでした? 今回は今注目の湘南エリアを探索。でも範囲が広いので、すべてを回ることができず残念。海開き前だったため、人気のサザンビーチも人がまばら。そんなビーチに下り立ち、烏帽子岩と江ノ島をボーっと眺めていると、いつの間にか仕事のことはどこへやら。すっかりリフレッシュされて帰ってきました。

このレポートを読んだあなたにオススメします

ストーカー三浦のエンジニア生息圏ウオッチング

エンジニア生息圏ウォッチング【宇都宮の巻】

栃木県宇都宮市。日光東照宮の影響か、近代化、工業化は明治初期から。現在、宇都宮には3つの巨大工業団地があり、全国屈指の…

エンジニア生息圏ウォッチング【宇都宮の巻】

ストーカー三浦のエンジニア生息圏ウオッチング

エンジニア生息圏ウォッチング【新横浜の巻】

異文化が融合し数々の技術的革新を生み出した地といえば、ローマ。日本では、神戸、横浜、長崎。しかし現代の国際的イノベータ…

エンジニア生息圏ウォッチング【新横浜の巻】

ストーカー三浦のエンジニア生息圏ウオッチング

エンジニア生息圏ウォッチング【南武線沿線の巻】

エンジニアが快適に仕事をするためには、生息圏選びが重要。10年以上、エンジニアとその企業の素顔をフィルムに納めてきた私…

エンジニア生息圏ウォッチング【南武線沿線の巻】

成層圏にエアロゾルを注入、海洋に鉄を散布、バイオマスCCS…

SFじゃない!温暖化対策で地球を冷やす「気候工学」

遅々として進まない地球温暖化対策。その特効薬とも呼べるのが「ジオエンジニアリング」(気候工学)だ。しかし、副作用の問題…

SFじゃない!温暖化対策で地球を冷やす「気候工学」

Let`s快汗エンジニア☆週末スポーツのすすめ

「サーフィン」で波に乗って仕事もノリノリ!

Let's快汗エンジニア☆週末スポーツのすすめ「あの波は二度とこない」が決めセリフのサーフィンは「丘サーファー」という言葉が生まれてしまうほどに、みんなが憧れるスポーツのひと…

「サーフィン」で波に乗って仕事もノリノリ!

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP