• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

請け負い仕事から脱却し、自社サービスの企画・開発職を目指す

ソフトバンクの技術の中核を担うソフトバンクBBへ

「Yahoo!BB」や「BBフォン」を手掛けるソフトバンクBBは、巨大企業グループの中で技術開発の一翼も担っている。同社ソリューション事業戦略室のエンジニアは事業やサービスの企画段階から携わる。そんな刺激ある職種の選考面接とは?
(取材・文/須田忠博 総研スタッフ/高橋マサシ)作成日:08.03.03
SoftBank BB
応募したエンジニア 企業の面接担当者
蝦名英樹さん(当時27歳)
蝦名英樹さん
(当時27歳)
中島啓一氏
技術統括
ソリューション事業戦略室
室長
中島啓一氏
当時の職種
SE
募集職種
エンジニア
業務内容
設備見積もりシステム(Windows系)設計・開発プロジェクトのサブリーダー。
仕事内容
携帯電話を核とした新規ソリューションやサービスの開発・事業推進。
職務経歴
大学理学部情報科学科卒。ソフト開発会社に6年弱勤務。SEとして業務系アプリの設計・開発、CRMシステムのカスタマイズなどを担当。
応募資格
インターネットや携帯電話向けソリューション・アプリ開発、またはサービス開発を志す方。
志望動機
自社のサービスやシステムを、創意工夫で具現化する仕事に就きたかった。
募集背景
携帯電話関連事業における新規ソリューションやサービスを拡充させるため。
面接の流れ
技術部門の人事担当者が選考する。
技術部門の人事担当者が面接する。所要時間は20〜40分。
技術部門の責任者クラスが1〜2人で面接する。所要時間は約30分。
2次面接後、1週間以内に通知する。
【通過率:3割】

【通過率:3〜4割】

Part1
職務経歴、転職理由、志望動機
仕様書ありきではなく企画の段階から参加したい
中島:
 わざわざご来社いただき、ありがとうございます。
蝦名:
 いえ、こちらこそ。2度目の面接にお呼びいただき、ありがとうございます。よろしくお願いします。
中島:
 【Point1】では早速ですが、これまでの仕事内容を簡単に説明してください。
蝦名:
 私は○○○(大手ソフト開発会社)に在職しています。今年で6年目になります。主に業務系アプリの設計と開発を行ってきました。多いのはWindows系とOracle系で、業務系アプリではCRMの導入カスタマイズを割と経験しています。お客様の業種では建設業と製造業が多かったです。
 こうした仕事をしながら技術力を向上させ、現在では小規模の開発プロジェクトを任されるレベルに至っています。
中島:
 【Point2】○○○を辞めて転職しようと考えているのはなぜですか? また、転職先として当社を志望するのはどうしてですか?
蝦名:
 これまで私が携わってきた開発はあらかじめ仕様が決まっていて、それをいかにして作り上げるかが仕事でした。ソフト開発には私なりのこだわりがあり、それは今後も持ち続けたいと思っています。しかし、そのこだわりを、何か新しいものを生み出す最初の段階から生かせるならば、もっと面白い、もっとやりがいが得られるのではないかと考えるようになりました。
 単に作るのではなく、自分たちの工夫と試行錯誤を経て作り出す。そういう仕事に移りたいとの望みが強まり、転職活動を始めました。
 そんな中で御社の求人案内を拝見したところ、携帯電話分野での新規事業の立ち上げ、技術面からの企画実現と書かれており、とても興味を抱きました。以前から携帯電話を活用したソフト技術には関心があり、御社のようなダイナミックなビジネス展開をする会社の新規事業に参画できるのであれば、このチャンスを逃す手はないと応募させていただきました。
開発言語の習得には自信がある
中島:
 【Point3】職務経歴書からはほとんどの開発言語を経験していると読めますが、もっとも得意な言語は何ですか?
蝦名:
  VB系です。C/Sシステムのアプリ開発でずっと使ってきました。最近ではそれをベースにASP、Web系のツールを割と得意にしています。
中島:
 アプリ開発には自信がある?
蝦名:
  はい。そこをメインにやってきました。
中島:
 ネットワーク系の技術はどうですか?
蝦名:
 【Point4】自宅でもネットワークを組んでいろいろやっていますから、IPアドレスやルーティング、DNSといったものの基本的な知識は備わっていると思います。
中島:
  Oracleは業務でかなり使い込んできたのですか?
蝦名:
  いえ、データのやり取り部分、アプリと紐付ける部分がほとんどで、管理系やバックアップにかかわる部分はやったことがありません。
Point1
[面接官]私が面接する場合、出だしは常にこう切り出します。どんなに詳細な職務経歴書よりも、本人の肉声での説明のほうがずっと信用できるからです。また、職歴をまとめて、わかりやすくプレゼンできるかどうかも見てみたい。
[応募者]全く緊張しなかったと言ったらウソになりますが、アガるようなことはありませんでした。他社の面接を経験していましたし、業務上、たくさんのお客様を前にプレゼンしたこともありましたから。
Point2
[面接官]この質問の答えで注目するのは2つ。ひとつは、自分の言葉で本心を語っているか。もうひとつは、本人なりに考えがしっかりしているか。転職理由も志望動機も、その内容で優劣を判定することはありません。価値観は人それぞれだからです。
[応募者]この質問の狙いはわかっていました。しかし、私のほうには複数の理由があったのです。すべてをぶちまけるより、まずはいちばんの理由のみを話しました。
Point3
[面接官]業務で軽く触れただけの開発言語でも応募者は職歴書に列記しますので、こうした尋ね方をしています。得意だと答えた言語を何に使ったのかを質問していけば、習熟度はおおよそ判断できます。なお、言語はツールでしかありません。大切なのは言語を吸収して活用する力です。
[応募者]このとき、得意な言語は何を答えてもいいと考えました。というのは、言語をひとつでもマスターできたなら、ほかの言語もマスターできるというのが私の持論だからです。
Point4
[面接官]ネットワーク技術に関しては、趣味の世界でいじっている人のほうが優れた発想をするものです。こうした経験は「買い」ですね。
Part2
ビジネスのセンス
(空)
(空)
CRMパッケージに対する率直な意見
(空)
中島:
 【Point5】CRMのカスタマイズもかなり経験してきたようですが、CRMの開発、あるいは導入するうえで最も重要なことは何だと思いますか?
(空)
蝦名:
 自社顧客の情報をどう集めて、どう分析し、どう活用するかという点だと思います。それを高レベルで完成させているユーザー企業は、実は数少ないのではないでしょうか。
(空)
中島:
 CRMはどういうことをするための仕組みだと考えますか?
(空)
蝦名:
 端的にわかりやすい例は一般消費者向けの店舗ですね。例えば、お得意様には来店回数に応じて値引きをするとか、購買傾向に合わせて商品を紹介するとか、そういうサービスをコンピュータ上で行える仕組みです。ネットショップなら、よりキメ細かなサービスが可能になります。
(空)
Point5
[面接官]CRMを本当に手掛けたのかどうか。また、どの程度理解しているのかを探るために尋ねました。
 
中島:
  導入して効果があると思いますか?
(空)
蝦名:
 【Point6】残念ながら、効果が上がっていくのは難しいと思います。
(空)
中島:
 【Point7】なぜ効果が出ないんでしょうか? 私もCRMには懐疑的なんですよ。
(空)
蝦名:
 システム的観点によりすぎて、実質的な側面が十分ではないせいだろうと思います。自社独自の使い方をもっともっと考えないといけない気がします。
(空)
(空)
携帯電話事業のポイントは価格、デザイン、サービス
(空)
中島:
 それにしてもCRMパッケージは値段が高いでしょ?
(空)
蝦名:
 はい。確かに高いですね(笑)。
(空)
中島:
 ビジネスというのはそういうふうに、一歩間違えるとうまくいかないわけだけど、そこでうかがいたい。【Point8】携帯電話事業で最も大切な要素は何だと思いますか?
(空)
蝦名:
 価格と端末機のデザインとサービスだと思います。端末を売るためにも、利用しやすさのうえでも、価格と使用料は安いほどいい。第2にデザインは、もう機能での差別化は難しいので、見た目のよさで勝負するのに重要だと思います。
 第3にサービス面では、利便性や楽しさをどんどんアップさせていく。その競争に先行し続ける通信キャリアが伸びるというか、生き残るのではないでしょうか。
中島:
 【Point9】シェアを伸ばすための方法として、ほかに何か思い付きませんか?
(空)
蝦名:
 ほかに、ですか? この3要素を先鋭化させていけば、勝てないはずはないと思うのですが……。
(空)
Point6
[面接官]この答えを聞いて、ビジネスセンスはそう悪くないと思いました。私見ですが、既存のCRMパッケージは費用対効果が悪すぎます。そういう疑問を少しは感じているようだという判断です。
 
Point7
[応募者]この突っ込み質問はきつかったです。どう受け流そうかと迷いました。
Point8
[応募者]この質問は、とっさの突破力を試すのが狙いなのだろうと思いました。携帯電話について日ごろ考えていたことを話すだけで、精いっぱいだったように記憶しています。
Point9
[面接官]この質問には答えられないだろうという前提で尋ねました。当時、彼は27歳。答えられなくて構いませんが、もし何か秀でた答えが返ってきたら「おっ」と思うでしょうね。
Part3
キャリアプラン、人物性向
3年間でがむしゃらに仕事をするための転職
中島:
 今回の採用は、携帯電話にかかわる新規事業の企画・立ち上げスタッフを想定しています。【Point10】もし当社に入社したら、自分自身が5年後、10年後にどうなっていると思いますか?
蝦名:
 【Point11】正直に申し上げますと、今の私には3年後しか見えません。30歳までの3年間にがむしゃらに仕事をしてから、5年後や10年後を考えてみたいと思います。
 今回の転職は、20代最後の3年間で自分を磨き、力を蓄え、そして試すのにうってつけの場所を得ることが、大きな目的だと位置づけているんです。
中島:
 では、3年後の30歳のとき、少なくともこんなふうになっていたいという具体的なイメージはありますか?
蝦名:
 事業の企画を技術的に検証し、方法を決め、立ち上げるプロジェクトのリーダー役が務まるようになっていたいです。
性に合っているのは仲間をまとめる幹事役
中島:
 【Point12】ところで、蝦名さんの住まいは○○ですね。いつから住んでいますか?
蝦名:
 大学を卒業して就職したときからです。
中島:
 海が近いでしょ。何かマリンスポーツをしていますか?
蝦名:
 ご覧のとおり真っ白です(笑)。自己紹介をするときだけは「××ボーイ」と称していますけどね(笑)。
中島:
 何か始めればいいのに。
蝦名:
 やりたい気持ちはあるんですが、スポーツは苦手なもので。
中島:
 じゃあ、趣味は何?
蝦名:
 旅行です。特に友だちと出掛けるのが好きなんです。明日集まって行くぞと声を掛けることもあれば、きちんと計画を立てて行くこともあります。
 【Point13】つい先日も友だち16人を誘い、ハイエースを借りてイチゴ狩りに行ってきました。おぜん立てをする幹事役が性に合っているんです。
中島:
 友だちが多いんですね。
蝦名:
 はい、おかげさまでよい友だちに恵まれています。お互いに支え合う関係になっています。
Point10
[面接官]これまでの経験を踏まえて、自分なりのビジョンをもっているかどうかを尋ねました。何のビジョンも描かれていないとしたら、今回の転職行動はいいかげんなものと判断せざるを得ません。
Point11
[応募者]ウソを言っても仕方がないのでこう答えました。3年先までしか見えていない以上、見える範囲のみを話したわけです。
[面接官]肩すかしのような答えに感じられるかもしれませんが、20代の応募者にしてはしっかりしていると思いました。自分なりの方法論を認識しているところがいい。
Point12
[面接官]私は大体、面接の最後に雑談をします。人物の性向や考え方のパターンを知りたいからです。何かにつけ環境が悪いからだとする人は、どんなに優秀でも組織を壊しかねませんね。
Point13
[面接官]こういう人物には好感が持てます。雑談だからこそ見えてくる応募者の実像だととらえています。
面接官はココを見た!
●入社を望むオーラが出ているか。
●「自分を売る」ことに集中しているか。
●仕事に使えそうなスキルがどれだけあるか。
 まず、外見の印象を重視する。目に力があるか、表情に生気が感じられるか、全体的に入社へのオーラが出ているか。これらは裏打ちされた自信ととらえる。次に、「自分を売る」という目的のために集中し、熱意や工夫をもって臨んでいるかどうかを見る。目的への集中は仕事にも相通じるとみなすからだ。そのうえで、入社後に仕事に使えそうなスキルをチェックする。必ず判定するのは技術スキルとコミュニケーションスキル。技術スキルは向上心や活用力と併せて吟味する。
蝦名さんはコレで決めた!
「実はこの会社は第2志望で、本命の会社に内定していたんです。
入社の理由は、中島さんに野心的なオーラを感じたことがひとつ。
もうひとつは、ソフトバンクの新規事業に将来を賭けてみたくなったからです」
 面接終了後に面接官の立場で振り返ってみたんです。それで出した結果は、自分で言うのも変ですが合格だと。少なくとも、落ちる要素はなかったと思ったんです。実際、内定の通知はすぐにきました。しかし、実は第1希望の会社に受かっていました。なのになぜ入社したのかというと、でかいものを作り出そうとしている中島さんの野心的なオーラを感じたのと、ソフトバンクの新規事業に携われる、チャンスの貴重さを考え直したからです。今ではその判断が間違っていないと感じています。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

面接現場の舞台裏

転職を果たしたエンジニアと面接官が当時を再現。応募者と面接官それぞれの言葉の真意や、面接でチェックされるポイントをレポートします。

面接現場の舞台裏

このレポートを読んだあなたにオススメします

ERPプライムベンダーへこだわったコンサルタントの転職

上流から下流まで手掛ける日本総研ソリューションズへ

面接現場の舞台裏2006年7月に日本総合研究所から分社独立した日本総研ソリューションズは、コンサルテーションからシステムの構築・運用までをトータ…

上流から下流まで手掛ける日本総研ソリューションズへ

プライベートで続けた開発の試行錯誤で自己PR

携帯電話関連を中心に独自技術で業界を走るKLabへ

面接現場の舞台裏携帯電話関連のさまざまな独自技術で知られるKLab(クラブ)は、エンジニアに対する考え方が他社とは一味違う。現時点での技術力や知…

携帯電話関連を中心に独自技術で業界を走るKLabへ

開発主体でキャリアを積みたいと決意した中堅SEの再出発

顧客満足と技術へのこだわりを両立する日本ユニシスへ

面接現場の舞台裏日本ユニシスはシステム構築力、多業種へのサービス実績、顧客満足度において定評がある。経験者採用は活発で、新卒採用者数と…

顧客満足と技術へのこだわりを両立する日本ユニシスへ

運用保守から開発へのキャリアチェンジを望む25歳の転

技術者育成で独自色を出すシステムインテグレータへ

面接現場の舞台裏システムインテグレータはパッケージとSIとコンサルを事業の3本柱とする。パッケージはECサイトを構築する「SI Web…

技術者育成で独自色を出すシステムインテグレータへ

大規模プロジェクトでマネジメントの腕を上げたい中堅SEの転職

SIのプライム企業へと飛躍を図るオープンストリームへ

面接現場の舞台裏オープンストリームはJava技術者教育事業からソフト開発事業をスタートしてきたが、会社設立から5年を経た2005年4月…

SIのプライム企業へと飛躍を図るオープンストリームへ

スキルや経験はよさそうなのに…(涙)

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

オファーが来る人、来ない人の差って何だろう?過去にスカウトを利用したことがある企業の採用担当者55人の声をもとに、「惜しいレジュメ」の特徴を…

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP