• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
そのお腹乗っかってない?失敗に学ぶエンジニア減量法
秋は食べ物がおいしい季節。季節が深まるにつれて、過ごしやすさから食事の量が増し、気がついたら衣替えでガビーン!という人はいませんか? 今回はそんなエンジニアのためのダイエット企画。体形が気になる人は要チェックだ!
(総研スタッフ/タニー只野)作成日:07.11.13
はじめに エンジニアダイエットの実態を調査
 内勤が多く、メタボリックシンドロームになる可能性が高いエンジニア。その危険性は過去にTech総研でも述べたが、実際のところ、世のエンジニアはどれくらいダイエット経験があるのだろうか? 今回は25〜39歳までのエンジニア1269人に、ダイエット経験とその結果を聞いてみることにした。果たしてその結果は……!?
いままでに何回ダイエットに挑戦しましたか?
過去に行ったダイエットで成功(満足)したことがありますか?
経験者のうち、四分の一は「成功したことがない」
 まずは過去のダイエット経験を聞いてみた。一般的に女性のほうがダイエット経験に親和性が高いため、男女別に経験回数を聞いてみたところ、女性の約四分の一が4回以上のダイエット経験者。「ダイエット経験がない」という、一部の人にとって非常にうらやましいタイプの人は、女性で24%、男性では約半数という結果に。ということはそれ以外の多くのエンジニアが、過去にダイエットを経験しているということになる。
 では、過去のダイエットで、減量成功の方程式を見つけられたのだろうか? 前述のダイエット経験者に過去を振り返ってもらったところ、なんと男女ともに全体の四分の一は「成功したことがない」と回答! どうやら、ダイエットに挑戦するも、残念ながらうまくいかなかった人は一定数いるようなのだ。ではなぜうまくいかなかったのか。次の章では、エンジニアの実例から、失敗におちいりがちなケースをご紹介していくことにする。
ダイエット成功を阻む要素はこれだ!
 どんなに壮大で完璧な目標を立ててみても、達成までには当初想定しない障壁が待ち受けるもの。ダイエットを失敗した事例を見てみると、確かにしかたないのだが、目標達成のひと工夫が足りないことが見えてくる。
忙しさ 3カ月で-4kg → 変化なし
 週に1〜2回スポーツジムに通ったが、仕事が忙しくなり、ジムに通う時間&気力がなくなった。さらに間食が増えたり、22時過ぎに夕食をとるようになったりし、ますます無意味に……。
(155cm 54kg 28歳 女性 運用、監視、テクニカルサポート、保守)
空腹感 1週間で-5kg → +2kg
 ダイエット用のクッキーをお茶と一緒に毎晩夕食時に食べたが、空腹感に耐えきれず、深夜にコンビニに出かけてカップラーメンや生クリームたっぷりのデザートを購入してドカ食いした。
(160cm 60kg 29歳 女性 システム開発(汎用機系))
誤情報 期間決めず-5kg → 変化なし
 当時あちこちで「効果的なダイエット方法」と話題になっていた、米、パンなどを食べないダイエット方法を試したが、よくよく調べるとやり方が間違っていた。
(180cm 105kg 35歳 男性 研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理ほか)
ストレス  1年後に-3kg → +3kg
 会社まで(3.5Km)を歩いて通い、酒量と間食を減らそうとしたが、仕事でストレスがたまって飲酒量や間食を減らせなかった。仕事も忙しくて歩いて通うことができなかった。
(168cm 68kg 34歳 男性 半導体設計)
体調不良 3カ月で-20kg → -23kg → +12kg
 自分の肥満具合に自己嫌悪に陥り、一念発起して食べないことにしたら、目標を上回り、3カ月で23kgも減ったが、無理をしすぎたため体調は最悪。体力も落ちて、達成した反動から生活が元に戻り、結局リバウンドしてしまった。
(176cm 86kg 29歳 男性 ネットワーク設計・構築(LAN・Web系))
天候 3カ月で-3kg → 変化なし
 家の周りを走っていたが、1カ月経っても全く体重が落ちずにあきらめかけているところに梅雨入りし、走れない日が続いて挫折。
(160cm 57kg 34歳 女性 品質管理、製品評価、品質保証、生産管理)
飲み会 3カ月で-5kg → -1kg
 腹筋と食事療法と定期的に野球をすることで体重を減らそうとしたが、時期的に宴会の席や冠婚葬祭が多く、飲む機会が多かったためぜんぜん減らなかった。
(170cm 61kg 38歳 男性 機械・機構設計、金型設計)
ダイエットの覇者に聞く、成功事例
 効果的な減量を目指すために基本となるのは食事管理と効果的な運動。食事制限で摂取カロリーを減らし、健康維持や脂肪燃焼のために運動を行い消費カロリーを増やせば、理論的にはダイエットが成功する。しかしそんなにうまくいかないのが世の常、人の常……。しかし、ここで紹介する成功事例は、ダイエットそのものの方法よりも、継続するための工夫が光る。
ウオーキング×昔の自分をイメージ 1カ月半 -8kg
 一度家に帰ってしまうと外に出たくなくなるので、会社に着替えや用意を持って行き、会社帰りにウオーキングや軽いジョギングをするようにした。意思が弱くやめてしまいたくなるため、手帳や机の上にやせてた学生時代の写真を置いていつも見ることで、意思をつなぎとめた。
(167cm 78kg 35歳 男性 システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系))
健康器具×連続ドラマ 2カ月 -3kg
 期間は特に決めず、毎日30分くらいステッパーを踏んだ。単に踏むだけだと飽きるので、アメリカの連続ドラマを1話ずつ見ながら。次回が気になるので続けることができた。
(164cm 62kg 34歳 女性 回路・システム設計))
目標設定×周囲の監視 10カ月 -10kg
 ちょうど会社の健康管理室でダイエット企画があり、毎月保健士さんとの面接があった。1カ月に太る要素、例えば缶コーヒーや晩酌をやめるなど目標を決めて実施。とにかく誰かに監視されていると、意地でもやせようとする。毎日体重計に乗って、無理してもやせられないほど(2kg以上)太らないように日々気をつけるようにした。
(167cm 76kg 37歳 男性 研究、特許、テクニカルマーケティングほか)
食事制限×同志との連帯感 3カ月 -5kg
 一日二食をダイエット食に置き換え、豆腐に焼き肉のタレをかけて食べたり、キャベツのスープでカロリー制限。どうしても甘いものやお肉が食べたいときには我慢せずに食べるが、買いに行くのに往復一時間は歩いたり、次の食事に気をつけた。友達と一緒にチャレンジしたのが良かったのかもしれない。
(155cm 57kg 28歳 女性 運用、監視、テクニカルサポート、保守)
スポーツクラブ×投資意識 2カ月 -2kg 筋肉量10%UP
 スポーツクラブのダイエットプログラムに申し込んだ。つらいだけの筋トレに「高い金払ってなんでわざわざ苦しい思いしているんだろう」と理不尽に感じつつも、挫折しない励みにしたのは、「高い金払ったんだから元は取る」という思い。3サイズはもとより腕周りや太もも、足首も細く引き締まった。
(158cm 50kg 29歳 女性 システム開発(Web・オープン系))
マラソン×休息日 3カ月 -6kg
 始めて2週間くらいはあまり変化がなく、努力が報われないのかと心配になったが、そのときはあまり神経質にならないように、たまに食事制限を緩めるなど「休ダイエット日」を設ける。また、ダイエットが本格化してくると明らかに体力が落ち、疲れやすくなる。そのときも「休ダイエット日」を設ける。
(168cm 66kg 33歳 男性 回路・システム設計)
自転車×通勤に使用 2カ月 -10kg
 家から仕事場まで往復25kmあるので、その間を自転車で通勤。冬にダイエットしたこともあり、外は寒くて何回もやめたくなりました。でも2週間やると人間って慣れるもので習慣になり、その後は苦労と言うことはなかったです。体脂肪は18.6%から12.8%まで落ちました。
(165cm 75kg 25歳 男性 生産技術、プロセス開発)
半身浴×グラフ化 5カ月 -8kg
 毎日お風呂につかって汗をかく。毎日体重計に乗り、Excelでグラフを作成して管理。ほかにも一食をダイエット補助食に置き換え、スポーツサイクルで週末はサイクリングもした。ストレスにならないよう、置き換えの食事は、平日の朝or晩のみ。休日は、思う存分食べても良いことにした。
(148cm 67kg 31歳 女性 コンサルタント、アナリスト、プリセールス)
実際にチャレンジしてみました!
 さまざまな成功事例をご紹介したが、実際にダイエットを行う過程はつらく、厳しいもの。そこで今回は、元エンジニアに協力を依頼し、実際にダイエットにチャレンジしてもらい、苦労したポイントや成功のノウハウなどを探っていくことにした。
ダイエットノウハウ合体技で、3kg減を目指せ!
 チャレンジしたのは、現在Tech総研編集部の隣で企画業務に携わる元エンジニアのRYO氏(仮名)。幸せな新婚生活で、なんと半年で8kgも太ってしまった。
 「昔ダイエットのためジムに通ってたんですが、運動してカロリーを消費するのは本当に大変。1時間頑張っても200kcal程度です。短期的にやせようと思うなら、摂取カロリーを減らしたほうが早いというのが僕の持論。もちろん運動も大事ですが……」

 というわけで、今回は、成功事例の中から実行可能と思われる「食事制限」「目標設定」「周囲に宣言」「日次測定」をチョイス、3週間で3kg減を目標に、頑張っていくことにした。
RYO氏(仮名)
RYO氏(31歳)
ダイエット方法 (1)目標設定 3kg/3週間という目標を立てる (2)周囲に宣言 奥さんにダイエット内容と目標を宣言する  (3)日次測定 毎日、体重計に乗って進捗確認 (4)食事制限 ・1日2食で21時以降、食事はしない ・毎日やってた晩酌をやめる  ・土、日はお酒解禁日とする
初日 体重84.2kg 体脂肪率28.0%
 スタート時点では、身長175cmに対し、体重84.2kg、体脂肪率28.0%。標準体重から考えてもちょっとポッチャリ気味。※体脂肪率はくつ下を脱いで別途計測
RYO:「奥さんからも『やせろ!』って言われてるんですよ。でもやっぱりデスクワークで運動不足なうえに仕事も忙しくて、なかなかジムに行ったりできない。実は入社前は72kgで、右肩上がりで増えているんですよ。まずいですね……」
一週間後 体重85.8kg 体脂肪率32.0%
編集部:「増えてるじゃないですか!ちょっと!」
RYO:「断れない要因があってなかなかうまくいきませんね。つい焼き肉に誘われたりとか。まずいですね、初めて体脂肪率が30%台を超しちゃいました。気を引き締めて、毎日意識するようにします!」
二週間後 体重86.8kg 体脂肪率32.5%
編集部:「さらに増えてますよ? ど、どういうことですか!」
RYO:「おかしいな……。先週体重が増えて、まずいと思って目標を守るようにはしていたんですが、2食だと食べるときに一気に食べちゃうのがまずいのかも。あと、つい家族が食べてると自分も夜食べちゃうんですよね」
一回り大きくなってしまった……。
ダイエットを終えて 体重86.2kg 体脂肪率32.3%
 ラストスパートで減らそうとしたRYO氏だが、体重86.2kg、体脂肪率は32.3%でダイエットは終了した。チャレンジ企画は残念ながら失敗である。やせない原因として、徒歩で通っていたのを自転車にしたり、歓送迎会が多かったりとさまざまな要因が挙がったが、やはり目標の「1日2食」「21時以降は食事禁止」が、継続するにはかなり難易度が高かった様子。目標をあまり高く設定せず、「毎日続けられる程度」にとどめて、長い目でダイエットを続けるのが、結果的に近道のようだ。
「レコーディング・ダイエット」で-50kgを実現!岡田斗司夫さんの成功術
 「レコーディング・ダイエット」というシンプルな方法で、1年間で50kgあまりを落としたダイエットの達人・岡田斗司夫さんに、ダイエット成功術とポイントを聞いてみた。その成功法とは。
体重測って、口にしたものを記録。まずはそこから
 僕が実践した「レコーディング・ダイエット」は、体育会系か文科系かでいうと、文科系のダイエット方法だと思います。運動はしません。やることは【毎日体重計に乗って】【食べたものをすべて書く】。最初はそれだけ。助走期間はいままでどおり、好きなものを食べていいんです。
 記録をつけることに慣れてきたら、今度は離陸期間として【カロリーを計算する】。計算するうちに太る原因がわかってくるので、次に、適正な水準まで【カロリーを制限する】。僕は1日1500kcalだったけど、お昼に1000kcalのものを食べちゃったら、朝と夜を250kcalにしてみるとか、決めた範囲で好きなものを食べる。方法はこれだけですが、生活の一部として習慣化するまでに、3カ月から6カ月くらい絶対かかります。とにかく急がないこと。みんな早くやせたいあまり、いきなりカロリー制限を1日目からやっちゃう。そうすると習慣化されにくいので、失敗しやすいんですね。
岡田斗司夫氏
岡田斗司夫氏
作家・評論家。大阪芸術大学客員教授。約50kgもの減量に成功した「レコーディング・ダイエット」を紹介した著書『いつまでもデブと思うなよ』がベストセラーに。
75日目の“体の反乱”を乗り越えろ  
 
 “内臓が脳をハッキングしていく”って僕は言ってるんですが、ちょうど75日目あたりで、体が「もうやせたくない」ってサインを出すみたいです。強烈な体質変化で、「意味ないんじゃないか?」とか、「もう一生カレーやコロッケが食べられないなら、ダイエットなんかやめちゃえ!」と、ふっと思うんです。でもそれは本人の意志力の問題じゃなくて、体が反乱を起こしてるんですね。
 僕はとりあえず寝てやり過ごしましたが、もしそのときの自分に会えるなら、「気にせず食べてもいいよ」と言います。そんなつらいときは食べてもいいんですよ。その日は食べて、また翌日から1500kcalでやっていく。一日オーバーしたくらいでストレスためて、「もうダイエット失敗したんだ」とあきらめて次の日も食べちゃう。これがよく聞く失敗談ですよね。1〜2週間くらいで75日目のパニックみたいなものは収まって、順調に体重が減っていきますよ。
太ってたころの記録が、淡い青春のメモリーに
 117kgあった体重は、いま65kg。体脂肪率は42%から17%になりました。でも、ここまでに15カ月かかってるから、実は一カ月に体重の3%しか落としてないんですよ。減量は、一カ月に2〜3%が限界だと思います。たとえば50kgの人が月に2キロ落とすのはあんまりオススメしません。1kgか1.5kg落として、そのあと2〜3カ月はその目標体重を維持するようにレコーディングを続けるのがいいと思います。

 最後に、やせてうれしかったのは、やっぱり服がたくさん買えるようになったこと。以前は5Lでしたからね。Mサイズのいま、服がバンバン買える。あと、見た目を良くしたら、いい仕事が来るようになりました。仕事で倍の成果を上げるよりも、見た目を倍良くしたほうが、実は効率はいいと思います。特に男性の場合、清潔感とスタイルに気をつければ、ほぼ周りとの差がつき始めますから。「レコーディングが面倒くさい」と思う人もいるかもしれませんが、やせたあとに、太ってたころの自分の写真や食事記録を見ると、青春の過ちを見るようで、ものすごく面白いんですよ。だからぜひ、記録に残して、ダイエットを楽しんでみてください。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
タニー只野(総研スタッフ)からのメッセージ タニー只野(総研スタッフ)からのメッセージ
こってり系ラーメンやマヨネーズが大好きな自分にとって、ダイエットはかなり切実な問題です。定期的な運動と飲食のコントロールだということはわかっていても、つい食欲に負けることがしばしば。モチベーション維持のため、会社に体重計を置きつつ、編集部でダイエット仲間を作ることにします。

このレポートを読んだあなたにオススメします

太りすぎ、血色不良、睡眠不足、眼精疲労……

コンビニ夜食で不健康体質を治す!

最近、太ったな、顔色悪いなって言われるのだけど、仕方ないんだよね。残業で晩ごはんがちゃんと食べられないうえに、コンビニ…

コンビニ夜食で不健康体質を治す!

タニタ社員食堂の栄養士と美人スポーツドクターがレスキュー

2013年はムリせず健康!プロが教える運動と食事

残業続きで慢性疲労、運動不足で肩・腰に痛み、不規則な食事で体調不良……特に30代も半ばになるとキツくなりますよね。なら…

2013年はムリせず健康!プロが教える運動と食事

30代エンジニアの8割が「自分の腹に覚えあり!」

俺もお前もアイツも危ない“メタボリックエンジニア”

「メタボリックシンドローム」は腹部肥満と恐ろしい疾患(脳梗塞や心筋梗塞など)との深刻な関連を指す。運動不足で充実した食生活が送れ…

俺もお前もアイツも危ない“メタボリックエンジニア”

サヨナラ体脂肪☆コンニチワ筋肉

会社はジムだ!Tシャツの似合う体を創る

多忙なエンジニアはどうしても運動不足がち。周りから「太ったね」といわれても、鍛える暇もなかなかない。夏を目前にして、な…

会社はジムだ!Tシャツの似合う体を創る

きたみりゅうじの、モノはお試し!

転ばぬ先の体重管理は、WiFi体重計でお試しの巻

きたみりゅうじの、モノはお試し!人間ドックの結果に、体重管理を考え始めたきたみりゅうじ。でも、体重をこまめに図るのって意外とめんどくさいもの。そんなめんどくささ…

転ばぬ先の体重管理は、WiFi体重計でお試しの巻

やる気、長所、労働条件…人事にウケる逆質問例を教えます!

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

面接時に必ずといっていいほど出てくる「最後に質問があればどうぞ」というひと言。これは疑問に思っていることを聞けるだけで…

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP