• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
エンジニア給与WAVE! Vol.72 エンジニアの給与にも地域間格差は本当にある?
なにかと話題になる給与の地域間格差。Tech総研では、エンジニア年収の地域ブロック別比較調査を行った。関東が全体に高い数字を示すが、ハード系職種では東海、関西、九州との格差は小さい。だが、年収が高いから満足度も高いわけではないようだ。
(取材・文/広重隆樹 総研スタッフ/宮みゆき イラスト/kucci(クッチー) 撮影/加納拓也)作成日:07.10.05
ハンバーガーの価格にもついに地域間格差が……
 いきなりなんだよ、と思われるかもしれないが、まずは大手チェーンのハンバーガーの話。
 東京の渋谷センター街店でも、鳥取県の港町・境港店でも、ハンバーガーは全国どこで食べてもみな同じ値段、とばかり思い込んでいたが、最近はどうも違うらしい。同社はこの6月から地域別価格制を導入。東京、大阪など4都道府県で平均3〜5%値上げ、その一方で宮城、鳥取など5つの県の130店で、単品やセットメニューを1〜2%値下げした。大都市での人件費、店舗賃料の上昇が目立つようになり、大都市と地方ではコスト構造に大きな差が生まれたためといわれる。本来、こうした地域間のコスト差を吸収して、全国一律に同質で低価格なサービスを提供できるのが、全国フランチャイズチェーンのメリットだったのだが、そうも言っていられない世の流れがあるのだろう。

 ここで注目したいのは、同じチェーンの同じハンバーガーでも地域によって値段が異なる理由の一つとして、都市部での人件費高騰が挙げられていることだ。外食産業はアルバイトによって支えられているが、その時給は都心部と地方では3〜4円の開きがあるという。アルバイトや正社員賃金の地域間格差が、結果的に商品やサービスの価格差に転化されることは決して珍しいことではないが、それが全国チェーンの外食産業にも及んだという意味で、これは実に興味深いニュースなのである。
関東と北海道・東北では、年収に100万円以上の差
 前置きはそのぐらいにして、さて今回のテーマは、エンジニア年収の地域間格差である。実は、2006年11月にも同様のテーマを取り上げている。前回は技術系だけでなく、サービス・販売職、営業・事務職など総合的な職種比較を行ったが、今回はソフト・ネットワーク系、ハード系のエンジニア系20職種に限った。サンプル数は1000件。地域分布では関東圏が52%と最も多く、以下、関西(16.4%)、東海(11.5%)などとなっている。

 まずは全体集計から見ていただこう。1000人のエンジニアの平均年収額は584万円。これを「北海道・東北」「関東」「北信越」「東海」「関西」「中国・四国」「九州」の7つのブロック別に見ると、DATA1のようになる。最高は関東の608万円、最低は北海道・東北の502万円。その差額は106万円で、東北・北海道は関東の17%減ということになる。ただし、関東と東海・関西の差は20万円ほど(約3%)で、そう大きいとはいえない。

 2006年の調査では、すべての職種で見たときトップの関東と最下位の九州との間で113万円(22%減)という数字だった。それと比較すると、エンジニアに絞った今回の調査では地域間格差はやや縮まっているという印象だ。
DATA1 地域別に年収を比較すると関東がやっぱり高い?
DATA1 地域別に年収を比較すると関東がやっぱり高い?
ハードは西日本優勢、ソフトは関東優勢
 とりわけハード系職種に限って見た場合(DATA2)は、関東がトップであることは変わらないものの、関西はほぼ同額、東海、九州との差も全体平均よりは縮まっている。これはメーカー(モノづくり系)の大企業の工場が、関東圏以外にも、東海、関西、九州に幅広く展開しており、そうした企業では基本的にはほぼ全国同一賃金が保たれているのかもしれない。また、地域間格差のある中小企業でも、これらの地域における製造業の活況が賃金の相対的上昇につながっているのではないかという見方もできる。

 名古屋を中心とした東海地区が、日本のモノづくりの中心地となっていることはよく知られている。例えば愛知県の製造品出荷額等は37兆155億円に達し全国第1位だ。2位の神奈川県の18兆6669億円を大きく引き離している(2004年)。また、愛知県の有効求人倍率は全国で唯一、2倍を超えておりいまや完全な「人不足」の状態だ(2007年7月)。製品出荷額や求人倍率をそのまま賃金に当てはめることはできないにしても、ハード系職種についていえば、愛知を擁する東海地区の高い位置は当然どころか、むしろもっと高くてもおかしくないということになる。

 控えめにいっても、ハード系職種の賃金格差は、関東、東海、関西、九州に限って言えば、ほとんど問題にならないところまできたとはいえるだろう。ただし、ソフト系はやや異なる。グラフ(DATA2)を見ると、ハード系との相対比較ではあるが、関東の優位性が高く、北海道・東北、中国・四国地区との差は依然大きい。東海、関西も頑張ってはいるが、関東には及ばない。ハードは西日本優勢、ソフトは関東優勢というのが全国エンジニア賃金マップの全体状況だ。
DATA2 職種で違う?地域・職種別の年収比較
DATA1 職種で違う?地域・職種別の年収比較
それでも満足できない関東のエンジニアたち
 昨年の調査レポートでも述べたことではあるが、こうした年収格差が、そのまま生活の質や満足度につながるかどうかは、また別問題である。
 仕事内容に比べて、現在の年収が「見合っているかどうか」という質問では、全体の62%が「見合っている」または「仕事内容に比べて50万〜100万円高い」と考えている。これを「満足層」とすれば、残りは「仕事内容に比べて50万〜200万円安い」と考える「不満層」だ。

 この満足・不満足の割合の地域別比較を見ると面白い結果が得られた。年収ではトップの関東だが、「仕事内容に見合っている」の割合でいうと60%で、北海道と中国・四国を除く他の地区に及んでいない。関東地区の満足層(60%)と、関西の満足層(61%)にどれだけ有意差があるかはおくとしても、少なくとも年収の差は満足層の割合とは比例しない、という事実はたしかなところだ(DATA3)。

 いかに年収が高くても、家賃や物価までもが高くては、生活のレベルは下がらざるを得ない。もちろん、生活の質には、行政サービスのレベル、交通や教育・医療のインフラ、文化・スポーツ・レジャー施設の数、情報の刺激度なども含まれるから、一概に年収対物価の比較で生活の質を語ることはできない。それでもなお、関東のエンジニアの満足度が、年収ほどではないというのは、留意すべき事実だ。これは、これからのエンジニアのIターンUターンを考える上でも、参考になる数字だと思われる。
DATA3 現在の給与は仕事内容に見合っている?
DATA3 現在の給与は仕事内容に見合っている?
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ 宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ
特にIT企業の場合、都心と地方の給与格差、なによりも仕事の求人件数がダントツに差があるといわれますが、開発案件の増加から地方でもエンジニアを求める企業は増加しています。給与の差に関しても、物価などの生活水準を考えてみると思ったほど差があるわけではないようです。エンジニアの給与満足度が年収の高い・低いではない今回の結果が表すように、勤務地にこだわらず仕事が探せる時代がさらに近づいてきたということでしょうか。

このレポートの連載バックナンバー

エンジニア給与知っ得WAVE!

キャリアプラン、ライフプランの設計に「お金」の問題は欠かせません。エンジニアのお金に関する疑問に独自調査データとトレンド情報でお答えします。

エンジニア給与知っ得WAVE!

このレポートを読んだあなたにオススメします

エンジニア給与知っ得WAVE!

満足度が高い県は?勤務地別エンジニア年収ランキング

エンジニア給与知っ得WAVE!「地方の時代」とずいぶん前から叫ばれているが、産業分布の構造的な偏りや、中央─地方の賃金格差の問題はなかなか解消していない。今回…

満足度が高い県は?勤務地別エンジニア年収ランキング

今月のデータが語る エンジニア給与知っ得WAVE!

関東と北信越の年収差103万円!地域別の年収格差は?

エンジニア給与知っ得WAVE!日本列島は南北に長い。景気復調の今、都市部、とりわけ東京への一極集中で、大都市の状況だけでは全国を語れないという現象が…

関東と北信越の年収差103万円!地域別の年収格差は?

エンジニア給与知っ得WAVE!

異業界・競合転職も不可避か?エンジニアの業種別年収

エンジニア給与知っ得WAVE!日本経済は景気回復に向かっているが、その足取りは業種や企業によって濃淡がある。昨年は世界不況の影響で手取り年収が減った人も多いが…

異業界・競合転職も不可避か?エンジニアの業種別年収

エンジニア給与知っ得WAVE!

30代エンジニア2180人に聞いた平均年収の実態と満足度

エンジニア給与知っ得WAVE!エンジニアとしてのキャリアを重ね、転職市場価値も上がってくる30代前半。だが、勤務先や職種などによって、年収格差も顕著…

30代エンジニア2180人に聞いた平均年収の実態と満足度

エンジニア給与“知っ得”WAVE!

超大手はやっぱり高年収か?メーカー技術者の給与実態

エンジニア給与知っ得WAVE!製造業に勤めるエンジニアたちは今どのぐらいの年収を得て、どんな満足度で仕事をしているのか。超大手と中小では、給与はどのくらい違う…

超大手はやっぱり高年収か?メーカー技術者の給与実態

やる気、長所、労働条件…人事にウケる逆質問例を教えます!

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

面接時に必ずといっていいほど出てくる「最後に質問があればどうぞ」というひと言。これは疑問に思っていることを聞けるだけで…

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP