• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問 Vol.19 タイムラインを生んだ、好きな仕事もできちゃう職場 訪問先 ニフティ株式会社
ガンダム、ドラゴンボールに「今日のニシハラ君」? きゃんちの目に飛び込んできた数々の“ユニークデータ”を生み出す職場は、楽しい企画の宝庫だった……。
(取材・文/宮尾有希 総研スタッフ/山田モーキン)作成日:07.09.21
テックハニー“きゃんち” テックハニー“きゃんち”とは?
「エンジニアにとってこれ以上ない、理想の職場を探し出すこと」を使命に、鋭い突っ込みと癒しの笑顔を使い分け、その職場の特徴を浮き彫りにするTech総研公認レポーター。
家電やモバイル製品など最新の技術に関心が高く、さらにアニメやゲームをこよなく愛する“アキバ系”の素顔には、エンジニアとの共通点も多い。
そんなテックハニーも2年目を迎え、衣装も新しくパワーアップ。毎週エンジニアのことを学習しているブログもグッと深みをましたテックハニーから、今年も目が離せない!?
「ハニー“きゃん”ディー」とは?
天然のはちみつに、“きゃんち”の癒しの想いが込められた、程よい甘さのキャンディー。
効能:疲労回復 モチベーションアップ
テックハニー“きゃんち”の素顔はこちら http://www.girls-record.jp/artists/kyan_art.html
エンジニアのみなさん、こんにちは! テックハニーきゃんちです。早いもので、もう下半期に突入ですね。この時期は残暑が続いたり、突然涼しくなったりと、気候がとっても不安定。お忙しいみなさんが体調を崩したりしないか、ちょっと心配です。

さて、今回突撃するのは、国内インターネットサービスプロバイダのパイオニアといえばココ!という有名企業さん。あの面白いポータルコンテンツや、新しい技術の裏には、どんな工夫があるのか、今日も張り切ってレポートしたいと思います☆
今回訪問した企業:ニフティ株式会社
1986年設立。インターネットに関する、接続サービス、企画・開発・コンサルティング、広告企画制作、コンテンツ企画などを行っている。1987年にパソコン通信サービス「NIFTY-Serve」を開始。1999年には富士通が運営していたプロバイダー「InfoWeb」を統合して「@nifty(アット・ニフティ)」となる。
http://www.nifty.co.jp/
今回案内役のエンジニア:成田智也さん 29歳
今回ターゲットとなるエンジニアはサービスビジネス事業本部サービスクリエーション部の成田智也さん。@niftyのさまざまなコンテンツの開発ディレクションを行う。技術を磨く場に自らをもっていくなど、やる気にあふれるシステムエンジニア。
クローズアップ1:お仕事の中身 マネジメントをしながら、開発も手がける。大変なところにこそ、やりがいが!
お仕事の中身:注目の3ショット!
(1)成田さんがかかわる@niftyのサイト「タイムライン」を早速チェックするきゃんち (2)タイムラインの中身に興味津々のきゃんち (3)すでにタイムラインでマイワールドを妄想中のきゃんち
きゃ:
こんにちは、テックハニーきゃんちです。さっそくですが、成田さんのお仕事内容を教えてください!

成田:
現在は、ふたつの仕事を手がけています。ひとつは、インターネットコンテンツづくり。ニフティのポータルサイト「@nifty」には「Sports@nifty」などの、「○○@nifty」というテーマサイトがたくさんあるのですが、私はその中のコンテンツのいくつかについて、開発を担当しています。画面づくりもしますが、主な業務はディレクション。企画やデザイン担当者と打ち合わせを重ねたり、協力会社の開発者の方々をマネジメントして実際の仕組みをつくっていただいたりします。

きゃ:
その若さでマネジメントをなさっているんですね。すごいです☆ それだけでも大変そうですが……。

成田:
もうひとつの仕事は「@nifty TimeLine(以下タイムライン)」の開発です。3〜5人のチームで開発をしています。こちらは企画も開発もリリースも、すべて私とチームの仲間で行っています。タイムライン、ご存じですか?

きゃ:
すみません〜、初めて聞きました! さっそく見せていただいたのが、写真1。成田さん、これ、どうやって使うのでしょうか?

成田:
これは、時間軸に沿って情報を書き込んで、タイムライン(年表)を作ることができるサービスです。個人で書き込んでもいいし、みんなに編集権を与えてひとつのタイムラインを作り上げてもいい。面白い使い方がいろいろできるんですよ。

きゃ:
うーん、普通に思いつくのは、歴史年表とか、そういうものですが。

成田:
そうそう、だから、ガンダムのすごく詳しい年表とか、ドラゴンボールの登場人物の誰がいつ生まれたとか、そんなことができるんです(笑)。

きゃ:
なるほど〜! 私、年表系はけっこう強いですよ、宇宙世紀0079年12月31日ア・バオア・クー陥落!とか、覚えていますもん♪

成田:
す、すごい(笑)。

きゃ:
これ、面白い〜! ほかにどんなのがあるんですか? 写真2みたいに、普通に夢中になっています、私(笑)。

成田:
あとは、アコガレの(?)ある社員の行動記録をつけ続けている「今日のニシハラ君」とか、タイムラインのマス目を利用してアスキーアートでスーパーマリオの一面を描いちゃった人もいました。タイムラインは自分のブログに張ることもできるんですよ。

きゃ:
本当に、いろいろな使い方ができるんですね。面白いです! この企画はどなたが考えたんですか?

成田:
私たちタイムラインチームで、企画もすべて行っています。「○○@nifty」の業務がディレクションに特化しているのに対して、タイムラインでは企画もコーディングも、すべて自分で行えるので、やりがいがありますよ! 企画を詰めて、実現できるめどが立つところまで落とし込むのは大変ですけど。

きゃ:
新しいことに積極的にチャレンジしているんですね。すごいです☆

成田:
見て、評価してくださるユーザーの方がいらっしゃいますからね。すべて自分たちで手がけたものが世に出て、たくさんの人に使用されることに、本当に感動します。

きゃ:
すっかりタイムラインの面白さに魅了されたのが、写真3。私も、ひとつ、すごーくいい使い方を思いついてしまいました! 絶対に帰ったらやってみます。答えは最後の「テックハニーきゃんちの『今日の発見』」をご覧ください♪

クローズアップ2:お仕事の職場環境 ラボルームと“120%ルール”で、集中とコミュニケーションを切り替える!
職場の環境:注目の3ショット!
(1)ここがうわさの「ラボルーム」。でも常にドアはオープン (2)モニター画面を見ながら、みんなでアイデアを出し合う (3)ホワイトボードに“カピバラさん”?
きゃ:
成田さんは、普段は自分のデスクで作業されているんですか?

成田:
基本はそうですけど、@niftyの開発ディレクションの仕事は、ミーティングが主な仕事です。1日の半分はどこかでミーティングをしている感じで、あまり机にはいませんね。企画者と打ち合わせをして、協力会社の方とスケジュールを調整して、デザイン担当者と最終確認をして……と、飛び回ってます。

きゃ:
じゃあ、先ほどのタイムラインは、いつ開発されてるんですか?

成田:
毎週木曜に、社内の「ラボルーム」をタイムラインチームで借り切って、チームメートと一気に集中して開発してます。自席にいると、電話などでどうしても作業が中断してしまうため、こもる部屋が必要なんですよ。タイムラインはRubyという言語にいち早く目をつけて、コーティングした例でもあるんですよ。こちらの写真1がラボルームです。

きゃ:
ドアも開いているし、オープンな感じですね。もっと閉じたスペースかと思っていました。あっ、Wiiがある〜! 集中して作業する場のはずなのに、ナゼなの(笑)。

成田:
最新のゲーム機はだいたいそろっていますね。@niftyにはエンターテインメントのコーナーもあるので、最新のゲーム機環境も知っておいたほうがいいでしょう。チームで打ち合わせを行うときは、このモニターに画面を出して、わいわいアイデアを出し合います。

きゃ:
それが写真2の、大きなモニターですね。ラボルームという言葉から想像するより明るい部屋で、会話も弾みそう♪ 成田さんは、ミーティングをするときに、何か気をつけていることってありますか?

成田:
企画者とミーティングをする場合は、画面イメージのパワーポイントを詳細につくります。コンテンツの細かい内容まで、いかにもありそうなものをアテ書きしておくと、見ている方にイメージが伝わりやすいです。あとは、必ずホワイトボードを使うことにしています。口頭の説明でよくわからないことでも、図にするとすぐに納得してもらえることは多いですからね。

きゃ:
私も写真3みたいに、ホワイトボードを使ったミーティングに参加させていただきました♪ 書くことが思いつかなくて、イラストになってしまいましたが、ま、ニフティさんの明るい雰囲気を伝えるカットということで!

成田:
うまく描けていますよ、カピバラさん(笑)。職場環境といえば、最近、会社で「120%ルール」というのが始まったんです。これは、自分の持ち場の仕事を100%遂行したら、あとはスケジュールが空いている時間を使って、自分の興味のある他の仕事やプロジェクトにもチャレンジすることができるものです。このルールができたことで、例えば自分の仕事が終わったあと、音楽好きが集まって音楽コミュニティをつくるなど、20%の力を好きな仕事に振り分けてもいいことになりました。

きゃ:
なるほど、そうやって実績を積めば、会社へのアピールにもなりますものね。

成田:
そうですね。SEだけで企画から開発、リリースまで一括して行うタイムラインという試みも、その一環です。

きゃ:
責任ある仕事をこなして、さらに……ということですよね。成田さんみたいに、やる気にあふれた人にはピッタリですよね☆

クローズアップ3:お仕事の人間関係 ディレクションは折衝役。コミュニケーションこそが必須のスキル
きゃ:
気になる人間関係なのですが、先ほどタイムラインチームのミーティングに交ぜていただいて思いましたが、とてもフラットで明るい雰囲気でしたね。

成田:
タイムラインチームはそうですね。フラットな関係で、合議制で、協力し合って開発をしています。「○○@nifty」のコンテンツのディレクションのほうも、企画者の言うことを聞くだけではなく、言いたいことはきちんと話し合える関係を築いています。

きゃ:
「○○@nifty」は、協力会社の方に開発を依頼して、マネジメントをなさっているというお話でしたが、何か気をつけておられることなどありますか?

成田:
基本は報・連・相をちゃんと頑張ることですね。月並みですが、重要なことだと思っています。

きゃ:
報・連・相を円滑に進めるコツって、あるんでしょうか。

成田:
とにかく大切なのはコミュニケーションをすること。コミュニケーションスキルがないと、開発ディレクションはやっていけません。企画者と開発者の橋渡しも、ディレクションを行ううえでは大切な役回りです。ときに「これを実現しろ」という企画者と、「この期間でそれは無理」という開発者の板ばさみになりますからね(笑)。

きゃ:
そうやって双方を納得させる、会社にとってもいい解決策を見つけるのって、大変そうです。

成田:
ほかにも問題はあります。ディレクションだけに特化してしまうと、コミュニケーションスキルは磨かれるけれど、開発の現場から離れることになりますから、私自身の技術力が衰えていってしまうんです。それはSEとしてどうなんだろう……というジレンマがあったので、Rubyを使用したタイムラインの開発に、コーディングも含めてかかわれることになったときは、非常にうれしかったですね。

きゃ:
仕事が増えて忙しくなったでしょう?

成田:
いえいえ、楽しくなりましたよ! タイムラインで何か面白いことをやってみよう、といって、チームメートみんなで1泊2日の合宿までやってしまいました。集中して開発に取り組めて、非常に充実した合宿でした。

きゃ:
大変になることを、楽しいととらえられるのって、本当にすごいと思います。成田さん、今日はタイムラインと開発の魅力を教えていただいて、ありがとうございました。これ、ハニー“きゃん”ディーです。お仕事の合間にどうぞ!

成田:
ありがとうございます、チームのみんなでいただきますね!
成田さんの『エンジニアの野望』
 今の仕事にはやりがいを感じているし、いいものをきちんと作っている自負もあります。これからは、「成田とものを作りたい」と社内で指名されるような存在になっていきたいし、より多くの新しい人と積極的に絡んで、新しい仕事を一つひとつ成功させていきたいですね。将来的には、ニフティで出したサービスから、メジャーヒットを出したいです。そのサービスが「ミクシィ」とか「ブログ」並みに一般的に人々に普通名詞として口にされるような、本当のヒットを飛ばしたい。タイムラインにはその素質があると思うけれど、もっと別のサービスになるのか、そこは模索中ですね。
テックハニー“きゃんち”の『今日の発見』
 集中とコミュニケーションのバランスがよくて、とてもいい環境だと思いました。私がこんな格好で歩いていても、みなさん普通にお相手してくださるし、やっぱり楽しい企画やサービスを考えている会社さんは考え方が柔軟な気がします。
  成田さんたちが開発されたタイムラインは、今回初めて知りました。とっても面白いし、便利にも使えるし、すごいですよね。私は小説を書くのが趣味なんですが、そろそろ長編を書いてみたいので、プロットを時系列に並べる用途に使ってみようかなあ〜と思ってます!
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

Tech総研公認会社訪問レポーター、テックハニー“きゃんち”。萌えるコスチュームに身を包み、エンジニアが憧れる職場をご紹介します。

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

このレポートを読んだあなたにオススメします

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

音楽命!クリエイティブなエンジニアにピッタリな職場

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問いつもは主役のエンジニアが急なアクシデントで職場にいない!! そんな危機的状況の中で迎えた今回、ハニーはエンジニアと共に仕事をし…

音楽命!クリエイティブなエンジニアにピッタリな職場

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

ソーシャルアプリを“ラボラトリー”で研究できる職場

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問大ヒットしたソーシャルアプリ「恋してキャバ嬢」の制作で知られる企業には、技術の探求に全力をかける真のエンジニアたちが集っていた!…

ソーシャルアプリを“ラボラトリー”で研究できる職場

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

学生も活躍!iPhoneアプリ開発で世界に挑む

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問なぜかガレージのついたユニークな職場に足を踏み入れると、そこには学生をはじめ、若さと好奇心旺盛なエンジニアたちが生き生きと開発し…

学生も活躍!iPhoneアプリ開発で世界に挑む

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

レッツクッキング!料理とプログラムの共通点って何?

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問テックハニーがキッチンで料理をしている……。でも、ここはれっきとしたエンジニアの職場。今回は、日本最大の料理サイトを運営する企業…

レッツクッキング!料理とプログラムの共通点って何?

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

アフロでエフェクト!?ユニーク開発する職場の魅力

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問訪問したテックハニーを待ち構えていたのは、巨大アフロ!? ほかにも個性的なエンジニアがたくさんいる職場で日夜、開発されている技術…

アフロでエフェクト!?ユニーク開発する職場の魅力

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP