• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
会社都合で回路設計業務からFAE職に異動! 
与えられた環境の中でも道を見いだしたT.Mさん
開発・設計職から会社都合でほかの技術系職種に異動させられることは、どんなエンジニアにも起こり得るが、当人は不本意に感じることが多い。ところがT.Mさんは異動先でFAE業務の面白さに気づき、仕事をより極めようと転職を決意した。
(取材・文/中村伸生 総研スタッフ/山田モーキン)作成日07.09.14
開発・設計職から他の技術職に異動させられることに抵抗を感じるエンジニアは多い。「モノづくりにかかわってこそエンジニアの醍醐味がある」という意識が根強いからと考えられるが、果たして会社都合による開発・設計職から他職種への異動は、万人に共通する不幸なのだろうか。今回の活動記で紹介するT.Mさんにとって、回路設計からFAEへとキャリアチェンジさせられた異動は、結果的に新たな展望を得るきっかけとなった。FAEの仕事に今まで感じられなかったやりがいを覚え、新たなキャリアステップを意識するようになったのである。 高度な技術スキルを持った優秀なエンジニアにとって、仕事のやりがいが「自らの手で行うモノづくり」だけにあるのではないことを示す好例と言えるだろう。
Profile 半導体商社 FAE T.Mさん(39歳)
工業高専の電気工学科を卒業後、大手総合電機メーカー系の設計企業に16年勤務。各種製品の回路設計を担当する。組織体制の変更でFAEとなり、その面白さに目覚めて転職まですることに。
転職前
(大手総合電機系列企業FAE
・38歳)
転職後
(半導体商社FAE・39歳)
年収670万円 給与 年収670万円
(前職給与保障)
月に70時間の残業。 勤務時間 残業は月に10時間に減少。
客先には適宜訪問。 職場環境 客先には週に3〜4日訪問。顧客の工場などにある製品開発部門を訪問してニーズを把握するために出張も多い。
大手の傘の下であるせいか、のんびりした雰囲気で緩い人間関係だった。 職場の
人間関係
自社にブランド力がないため、戦略的な動きが必要であり、社員間で協力体制への意識が高い。意見を出し合う風土。
今回の注目!
親会社の半導体製品を売ることが主目的の技術営業。 仕事の中身 半導体商社のFAEとして、顧客のニーズを察知し、適切な半導体製品を調達する業務。
顧客側に、親会社の半導体製品を購入するニーズが顕在化したことを受けて動く、“待ち” のFAE。 仕事の
進め方
顧客に対し積極的に新製品紹介や技術提案を行うなど、自ら商機を開拓。時にはカスタマイズや新規設計の中心人物として動く。 フラットな組織であることから、自分の思い描いたとおりに行動できる。
暫定的な業務としての半導体営業+FAE業務。 仕事の役割 本業である半導体製品販売における中核的存在。
転職前編 不本意なFAEへの配置転換。ところがその仕事の面白さに気づき……
工業高専を卒業し、新卒入社した企業は、“日本が世界に誇る”と形容しても過言ではない某大手総合電機メーカーA社の、直系会社だった。子会社とはいえ、巨大グループの一員。しかも開発・設計の専門企業だったので、エンジニアとして恵まれた環境に身を置いていると感じていた。

実際に、若手のうちはA社がその技術力で市場をリードするような家電製品の回路設計を担当した。設計を終えて製品がリリースされ、パンフレットができて、量販店に自分がかかわった製品が並ぶのを見るたびに、エンジニアとしてモノづくりの醍醐味を味わった。

家電製品の次に担当したのは光交換機だった。高速・大容量の光ネットワーク時代の到来を見越して、光信号のままで回線をスイッチできる交換機の開発がグループを挙げて始まったのだ。そして、予測どおり光ネットワーク時代が到来したのだが、数年で思わぬ展開となった。急速にインフラ整備が進んだあおりを受けて、ある時期を境に光交換機市場が一気に冷え込んだのだ。
photo
その結果、組織の再編が行われた。こんなときは、まず子会社からリストラされるのが世の常。唐突な人材の再配置が行われ、開発・設計エンジニアばかりの企業でありながら、ある者は営業に、ある者は保守業務等に異動させられた。私は親会社の半導体製品を売るためのFAE職になった。

当初は不本意だった。そりゃそうだ。開発や設計がやりたくて、やり続けられると考えて入社した会社だ。半導体製品の技術営業ともいえるFAEになるのには抵抗があった。

ところがやり始めると、決してつまらない仕事ではない。いや、むしろ回路設計よりもやりがいを感じ始めた。回路設計のスキルをベースに、技術コンサルティングを行っていくFAEの魅力に気づいたのだ。客先に出て行って自分でビジネスを広げられるし、信頼もされる。何より自分の考えや提案が顧客の製品開発に反映されてプロジェクトが成功したときは、前の設計職時代以上に、自分の役割の大きさを感じることができた。親会社の開発依頼をこなすだけの以前とは異なり“ビジネスを創出する”面白さと刺激があった。

仕事がだんだん面白くなり、いつしか親会社の半導体製品だけではなく、調達できる製品の中から最善のデバイスを提案するようになっていた。例えば光交換機の設計時に採用した大手B社のDSPなどがそうだ。自分で検証した製品だから、提案の中身も深い。そうしてFAEとして自在に動き回るようになるにつれ、親会社の製品にこだわっていては最良の提案も、収益も、限定されるとの考えに至った。

FAE職を極めるなら、半導体商社に転職するしかないな……そう思い始めた。
転職活動編 応募10社。すべてに内定が出た。FAEの市場価値の高さを知る。
転職を決意したのには、まだまだ理由がある。ひとつは開発依頼を求めて外に出てみて、人と会うFAEが自分に向いている仕事だと思ったこと。もうひとつは、子会社である以上、部長職以上への昇進が見込めないことだった。自分の可能性を広げるなら転職しかなかったのだ。

まずは転職サイトにアクセスして、FAEの募集状況を探った。そうしたリサーチを続けるうち、同時に人材紹介会社を利用すると転職活動がスムーズにいくという知恵がついた。紹介会社の何社かに打診して、自分の希望を伝えた。マイコンやDSPなどデジタル回路製品のFAEがしたいというシンプルな希望である。そこに付け足すことがあるとすれば、大企業ではなく上限300人ほどの小企業を望んだことだろうか。自在に動き回れる環境が欲しかったからだ。

そして複数の紹介会社から、さらに複数の募集企業に自分の紹介書類を出してもらった。すぐに返事が返ってきて、立て続けに10社の面接を行い、なんとそのすべてから内定をもらうことができた。聞けば回路に詳しいFAE職希望のエンジニアはひっぱりだこなのだそうだ。その中から慣れ親しんだB社のDSPを取り扱っているC社を選んだ。すぐに活躍できると考えたからだ。
photo
転職後編 FAEとして貴重なキャリアを積んで、再度の転職に成功。
C社ではFAEとして大きくスキルを伸ばすことができた。前職と違いバックボーンが何もない独立系小企業のC社。ブランドバリューがまったくないことから、苦労して仕事をもらうことになる。つまり、FAEの基本スキルとなる提案力や交渉力、情報収集力、プロジェクト運営力などが常に問われるのだ。そんな中に身を置いていくつかの案件をまとめ、経験をどんどん積んでいった

そんなある日、ヘッドハンターと称する人物から電話があった。某著名企業が自分のFAEとしてのスキルを高く評価しており、ぜひとも転職を考えてほしいという。具体的には、無線関連製品の事業を立ち上げるので、リーダーとして迎えたいというオファーだった。回路設計エンジニアからFAEにスキルチェンジして2年半の間に、エンジニアとして高い市場価値を築くことができたことを実感した。
photo
T.Mさんの転職考察 開発・設計職以外にも、自分を生かせるポジションがある。
転職して良かった点
・会社の本業としてFAE業務に没頭することができる。
・ブランド力がない厳しい市場環境で実力が磨ける。
・強力なチームワークで高度な課題解決が可能に。
転職して悪化した点
・福利厚生面が貧弱になった。
・設備やツール類がそろっていた前職と比べ、開発環境が後退した。
・のんびりとできる日々がなくなった。
今回のT.Mさんのレポートには二つの見るべきポイントがある。ひとつは、開発・設計職にこだわることが常に正解ではないということである。確かにエンジニアの醍醐味としてモノづくりに直接かかわる仕事は魅力的だ。だが、その中で埋もれるようであれば、開発スキルを生かしたほかの技術職を考えてみるべきである。FAE以外にも、プリセールスやテクニカルサポートなど、高度な技術スキルを必要とする(=生かせる)職種は少なくない。

もうひとつは、ピンチに陥ったときも、技術スキルがあればそれをチャンスに変えられるということである。転職の意向がなくても突然の進路変更を迫られることはどんなエンジニアにもあり得る。普段からスキルを磨いておくことは自身を助けることになる。また、不本意な環境変化の中でも最善を尽くそうという意識が大切だ。現にT.Mさんは、異動当初はかなり困惑したようだ。それでも目の前のミッションをキチンとこなそうとしたから、FAEの業務に新たな進路を見いだせたのだ。
以上、二つのポイントは、どんなエンジニアにも当てはまる汎用度の高い参考ポイントといえるだろう。
今回の転職ノウハウ:開発・設計にこだわらず視野を広げると、自分にフィットする募集が見つかるかもしれない。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

エンジニア☆マル秘転職活動記season.2

転職を果たしたエンジニアに密着し、転職前と転職後でどう変わったのかを項目ごとに徹底比較。転職してよかった・悪かった点を通じて使える転職ノウハウを探ります。

エンジニア☆マル秘転職活動記season.2

このレポートを読んだあなたにオススメします

リストラ、提携、再編成、技術の空洞化…内側から見た現実

製造業はどうなる?メーカー技術者400人の声・前編

日本の製造業が危機的な状態に陥っている。自動車は回復基調にあるが、家電と半導体は戦後最悪とも呼べる状況だ。製造業の要と…

製造業はどうなる?メーカー技術者400人の声・前編

入社数ヶ月の転職者が世界最大のプラズマTVを生み出した

松下電器350人採用は学歴不問・実力重視・異文化歓迎

人気企業の採用実態デジタル家電の盟主として、松下電器産業の世界での存在感はこれまで以上に高まっているが、それを支えるのが中途採用エンジニアたち。今…

松下電器350人採用は学歴不問・実力重視・異文化歓迎

経営していた半導体装置メーカーが倒産!

自らの手で倒産……転職でどん底から復活したF.Sさん

エンジニア☆マル秘転職活動記season.2転職は企業に雇用される社員がステップアップや環境変化を求めて利用する手段とは限らない。外資系半導体装置メーカーに転職したF.Sさ…

自らの手で倒産……転職でどん底から復活したF.Sさん

モノづくりを極める高周波・モジュール開発プロジェクトが始動

昨年度の倍以上!TDKが近年で最高の135人大募集

人気企業の採用実態業績好調のTDKがエンジニア獲得に本腰を入れた。主力となる電子材料や積層セラミックコンデンサの開発を強化するのはもちろん、高周波…

昨年度の倍以上!TDKが近年で最高の135人大募集

半導体製造のコア技術を武器に企業を転々

「自分の責任でやり遂げる仕事」にたどり着いた・40歳

エンジニア☆マル秘転職活動記短期間での内定獲得や引き抜きなど一見、順調にステップアップしてきたかに見えるT・Kさん。しかし、納得して働いている現在…

「自分の責任でやり遂げる仕事」にたどり着いた・40歳

スキルや経験はよさそうなのに…(涙)

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

オファーが来る人、来ない人の差って何だろう?過去にスカウトを利用したことがある企業の採用担当者55人の声をもとに、「惜しいレジュメ」の特徴を…

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP