• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
エンジニア給与WAVE! Vol.71 独身エンジニア「彼女とのデート代平均は1回8,350円」
独身・恋人ありの男性エンジニアに、デート費用や結婚資金の額を尋ねた。毎月のデート代は、1回あたり8,350円。毎回割り勘が原則という人は少なく、男性側がおごるという傾向が顕著だ。経済的には厳しいけど、楽しいエンジニアの恋愛風景をかいま見る。
(取材・文/広重隆樹 総研スタッフ/宮みゆき イラスト/kucci(クッチー) 撮影/加納拓也)作成日:07.09.05
晩婚化の時代に恋愛費用を考える
 晩婚化の流れは途絶えることなく、30代半ばの男性の独身比率は半分を超えるまでになった。婚期が遅いということは、必ずしもお相手がいないということを意味しない。彼女と呼べる存在がいても、必ずしも結婚を前提としていないカップルは多いし、たとえ結婚を考えていても、なかなか踏み切らない/踏み切れないカップルも決して少なくない。

  彼女がいても結婚しない理由としては、「もっと遊びたいから」とか「結婚そのものに夢を持っていないから」とか「女性の側のキャリア志向が強まったから」とかいろいろ理由はいわれる。ここではその詮索はしないが、とりあえず晩婚化を恋愛期間の長期化ととらえれば、「給与WAVE」的に関心をもつのは、彼らの恋愛資金だ。

  ひらたく言えばデート代。デート代は、彼女を口説き落とすための一時的・臨時的支出でもあるが、恋愛期間が長期化する時代には、結婚前の二人の楽しみを長続きさせるための継続的支出ととらえることもできる。つまり、デート代は日常的な生活費に組み入れられて然るべき費用であり、エンジニアの生活実態を浮き彫りにする重要な指標の一つとさえ言えるかもしれないのだ。

  昨今のエンジニアは、どのようにデートし、どのぐらいデート代を使っているのだろうか。今回、アンケートに答えてくれたのは、全国にお住まいの「未婚・恋人あり」の22〜35歳の男性エンジニア500人。その平均手取り月収は26万3,800円(ボーナスを含まず)である。
1回あたりのデート代は8,350円
 まず尋ねたのが、彼女とのデート代だ。1カ月の合計はざっくり2万6,385円。手取り月収の約1割が使われている。年代別には20代前半が2万3,600円、同後半が2万5,134円、30代前半が2万6,501円、同後半が3万3,806円と、年代を追うごとに増える傾向がある。この年代は年齢が増えるにしたがって月収も増加すると考えてよいので、それに伴ってデート代も増えるのは、当然のこと。(DATA1)
 学校を出たての頃はお互い給与も少ないから、「吉牛でデート」というのもアリだったが、30代後半でそれはないだろう、ともいえる。年齢と共に生活水準はアップし、デートの食事やレジャーの質もより高級化・高額化するということだろう。

  ここでは1回あたりの平均デート代も聞いている。全体では8,350円。20代前半から30代前半は8,000円代で推移しているが、やはり30代後半になると9,000円代にアップする。

  デートの内容は、食事、お茶、ドライブ、映画、ゲームセンターやテーマパークなどのアミューズメント、そして最後はホテル。このあたりは、こういってはなんだが、みんな変わり映えがしない。というか、古今東西、若い独身男女のデートのメニューにそう大きな違いがあるわけではないのだ。中には、サッカーチケット代、ボーリング代、マッサージ代などを計上している人もいるが、これはお二人の共通の趣味ということなのだろう(たぶん)。
DATA1 独身男性エンジニアはデートでいくら使う?
 
1ヶ月合計すると?
1回のデートで使うのは?
 20代前半(22〜24歳)
\23.600  \8,237 
 20代後半(25〜29歳)
\25,134  \8,277 
 30代前半(30〜34歳)
\26,501  \8,291 
 30代後半(35〜39歳)
\33,806  \9,156 
全体平均  \26,385  \8,350 
割り勘事情にみるカップルの力関係
 さて問題は、この約8,000円のデート代を誰が負担するかということである。誰がといっても親や上司が負担するわけはないので、二人のうちのどちらが持つかということ、つまり「割り勘」の実態である。

  集計結果は多い順に、「(自分が)何回に一回はおごる」が29%、「毎回少し多めに払う」が27%、「毎回全部おごる」が26%、「きっちり割り勘」が11%となった。「完全割り勘派」が少ないのは少々意外だった。(DATA2)

DATA2 エンジニアのデート代割り勘事情
DATA2 エンジニアのデート代割り勘事情
 割り勘の実態について語る声をいくつか拾ってみよう。
「毎回全部おごる」派 Aさん(23歳・青森県・システム開発)
「主なデート代は『食事代1,000円』。おごるたびに彼女は「ありがとーってかんじ」。」
まあ、1,000円程度ならいいかってかんじ?
「毎回全部おごる」派 Bさん(23歳・愛知県・コンサルタント)
「『映画1300円×2=2,600円 食事代1,500円×2=3,000円 飲み物200円×2=400円』彼女は『おごってもらうのは当然みたいな感じ』でいるよう」
と、細かく集計しているBさん。それが「いやなのか」「それでもいいのか」──Bさんの気持ちはいまひとつ不明だ。
「毎回全部おごる」派 Cさん(29歳・福島県・運用・監視)
『食事、ドライブ、映画、ショッピングなどで1万以上』のデート代を、彼女には決して払わせない」
と言い切るCさんはカッコイイが、はたしていつまで持つのだろうか。
「毎回全部おごる」派 Dさん(29歳・愛知県・品質管理)
『食事4,000円 お茶代1,000円 交通費1,000円』をいつもおごってあげたくなる
よほど彼女が可愛いいのだろう。

  また、おごられるのは当然と受け止める女性が多い中で、「いつもすまなさそう」にしていたり、「多少は払おうという素振りはみせる」彼女もいる。
「彼女の収入が低いので、私がおごるのが自然なんですが、彼女にもプライドがあり、全部おごると気分を悪くすることも」 (Eさん・30歳・滋賀県・研究)
 中には「順番におごる」とか「食事は私、お茶代は彼女」とか、「ガソリン代はクルマが彼女持ちということもあって、彼女が払うが、ほかは自分が払う」などと、デート費用支払いのルールを決めているカップルもある。
最近「そろそろ財布を一つにしたいわね」と彼女に言われた。(33歳・東京都・システム開発)。
それって、もう結婚間近ってことかな。 いずれにしても、「おごる・おごられる」の関係は、恋愛の力関係を微妙に反映していて、なかなか案配が難しいところだ。
彼女の誕生日には3万円奮発
 ふだんはなかなかデートの時間も取れない二人だが、たまの長期休暇にはやっぱり一緒に旅行に出かけたいもの。彼女と一番最近出かけた旅行先や旅行資金を聞いてみた。国内旅行派から海外旅行派まで、旅行に出かけているカップルが多かった。
<国内旅行派>
■草津温泉旅行、一人2万5,000円、割り勘
■大阪日帰り18切符2,300円分×2 ランチ、買い物で2万円
■箱根一泊旅行。一人2万円の自分全負担
■東北2泊、一人5万のきっちり割り勘
■沖縄2泊3日一人7万8000円
<海外旅行派>
■ハワイ。一人9万5,000円を全額おごり
■ハワイ4泊旅行。一人20万円の割り勘
■ベネチア30万円
■グアム旅行。5泊。一人20万円の割り勘
 ただ、職種や業種が違ったりすると、夏休みを一緒に取れるとは限らない。上司にイヤな顔をされても、彼女のために敢然と休みを取るという勇気が必要だが、最近の会社はなかなか厳しい。そんな事情もあってか、旅行にはまだ行っていないという人も4割ほどいる。

  二人っきりの旅行も楽しいが、恋人同士にとってもっと嬉しいのは誕生日のプレゼントだろう。ずばり、食事代やプレゼント代などを含めた誕生日費用を聞いてみた。答えは最低額「0円」から最高額「100万円」まで(なぜ0円なのか、100万円を何に使ったのかは残念ながら聞いていない)。平均すると3万1,279円也。月額デート費用の約2割増しというところだ。
貯金額の約2割を結婚資金に使う
 今の彼女と結婚するかどうかは別にしても、将来の結婚資金は重要だ。そこで最後に現在の貯蓄高と、そのうち結婚資金として意識して貯めている額はどのぐらいかを聞いてみた。 アンケート回答者の貯蓄額平均は403万8,381円。そのうち結婚資金として想定しているのは、ほぼ20%にあたる82万8,108円だった。

  年代別にみると、20代前半が貯金約129万円に対して、結婚資金約33万円(26%)、20代後半が261万円/66万円(25%)、30代前半が488万円/97万円(20%)、30代後半が771万円/111万円(14%)。結婚資金は年代を追うごとに増大しているが、総貯金額に占める割合は反対に低下しているというのが面白い。

  しかしながら、結婚専門誌「ゼクシィ」の2006年の調査によれば、日本人の結婚費用(結納・婚約〜新婚旅行までにかかった費用総額)は平均397万円で、そのうち挙式・披露宴の費用が303万円にも及ぶ。カップル2人で折半したり、実際は親族からの援助があるにしても、今回のエンジニア調査の平均額ではまだまだ足りないようだ。かといって、毎月のデート費用をケチって結婚資金を貯めるというのも、なんか楽しくない。長い恋愛期間を存分に楽しんで、結婚式はジミ婚でもOKという風潮が、もしかしたら生まれているのかもしれない。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ 宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ
個人的な感想なのですが、1回のデート代が8350円は決して安くはない割には一ヶ月平均にすると、26,385円になるのが気になりました。それって、ひと月に会える回数が3回くらいってこと?やっぱり忙しいから、なかなかデートするヒマもないとか? 一ヶ月のデート回数を聞き忘れたことをとても悔やんでいます(涙)。この続きはまたの機会に!

このレポートの連載バックナンバー

エンジニア給与知っ得WAVE!

キャリアプラン、ライフプランの設計に「お金」の問題は欠かせません。エンジニアのお金に関する疑問に独自調査データとトレンド情報でお答えします。

エンジニア給与知っ得WAVE!

このレポートを読んだあなたにオススメします

エンジニア給与知っ得WAVE!

結婚資金は平均360万円─独身エンジニアの婚活事情

エンジニア給与知っ得WAVE!厳しい経済環境が続く中、クーポン券利用で飲み代を浮かしたり、自宅で食事したりと、彼女とのデート代を節約するエンジニア。今回は、20…

結婚資金は平均360万円─独身エンジニアの婚活事情

同僚を出し抜き、上司からは祝福される

やっぱり社内が一番!?エンジニア的社内恋愛術

毎日、仕事に追われ、彼女なんてつくる暇もない……。えっ、本当に? でも大丈夫。コツさえつかめば少ない時間でもきっと、彼…

やっぱり社内が一番!?エンジニア的社内恋愛術

未婚率上昇に拍車をかける「独立派」「損得派」「面倒派」とは?

彼女欲しいけど…エンジニアの78%は“待ち”の姿勢

30代の未婚率が増えている。仕事が忙しく、職場に異性が少ないといわれるエンジニアだが、恋愛・結婚感はどうなっているのか…

彼女欲しいけど…エンジニアの78%は“待ち”の姿勢

仮説と検証、NGワード、ほめるテク、EXILEファッション…

失敗しない婚活術☆エンジニアなら「技術」でモテる!

婚活パーティ、結婚相談所、街コン、合コン、婚活サイト、友人の紹介……婚活が一般化する中で手法が広がり、戸惑っている人も…

失敗しない婚活術☆エンジニアなら「技術」でモテる!

貯蓄ゼロで結婚が6人に1人、相手も同じエンジニアが4人に1人

俺は結婚できるのか!?気になるエンジニアの結婚事情

人生の大きな節目となる結婚だが、エンジニアにとって結婚がどんな意味をもっているのか? 既婚エンジニア600人に対するアンケートか…

俺は結婚できるのか!?気になるエンジニアの結婚事情

やる気、長所、労働条件…人事にウケる逆質問例を教えます!

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

面接時に必ずといっていいほど出てくる「最後に質問があればどうぞ」というひと言。これは疑問に思っていることを聞けるだけで…

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP