• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
Rubyトート、デューク型マウス、AMD特製マジックキューブ…… エンジニアを魅了するノベルティコレクション・07夏
展示会やカンファレンス、製品説明会……。エンジニアの周りにはさまざまなイベントがある。それらのイベントに出かける最大の目的は情報収集。でも忘れてはならない(?)のは、そこで配られたり、当たったりするノベルティ。エンジニアが収集したノベルティコレクションを一挙公開する。
(総研スタッフ/関洋子)作成日:07.08.07
イベントに行く楽しみは情報収集だけじゃない
 最新のネットワーク環境やソリューションを体感できる「Interop」、最先端IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN」、日本最大の製造業向けITソリューションの専門展「設計・製造ソリューション展」、世界最大級のモーターショー「東京モーターショー」などの大型展示会だけではなく、「JavaOne」や「Ruby会議」といった、ある技術、製品に特化したセミナーやカンファレンスなど、エンジニアにとって興味・関心のあるイベントが、国内外を問わず、さまざまな場所で開催されている。
 それらに参加する楽しさ、面白さは、情報収集や人的交流をすることだ。でも本当にそれだけだろうか。展示会場で興味のあるブースで話をすると、カタログとともにもらえたりするノベルティグッズ。また有料のカンファレンスを申し込むと、多くの場合は参加記念のノベルティがついてくる。
 これらのノベルティはきっと、担当者が「当社の技術や製品により関心をもってもらえるよう、エンジニアを魅了するようなものを企画しよう」という思いを込めて、制作されているはず。
 そこで2007年夏、Tech総研では読者からお気に入りのノベルティグッズを募集。集まった中から編集部で厳選に審査(?)し、いくつかのジャンルに分けて紹介する。ということで、いざ「ノベルティコレクション・07夏」を開幕しよう。
もらってよかった! ノベルティグッズ大紹介
Collection1 モモンガ、ペンギン、ヤモリ……キャラクターぬいぐるみ

なぜかIT企業はかわいい系のキャラクターを用いているところが多い。イベントに華(?)を添えるそれらのキャラクター。ぬいぐるみ化することで、より製品や技術にも愛着が増すのかも。IPv6を中心としたインターネット技術の標準コードを実装することを目的とした「KAMEプロジェクト」でも、カメのぬいぐるみを作成・販売していたほど(下記で紹介)。エンジニアは意外にぬいぐるみ好き??
子モモンガの「ぷろろ」 カメレオンじゃなくヤモリ「Geeko」
NECの高可用性クラスタリングソフトウェア「CLUSTERPRO」のマスコット「ぷろろ」。モモンガがモチーフ。「CLUSTERPRO FORUM 2007」でお土産として配られたもの。見た目はすごくかわいいが、形状が平べったいので置き場所に困るのがちょっと難点(N.Kさん/ネットワークSE) LinuxWorld Expo/Tokyo 2005の抽選でもらったノベルのLinuxOS「SUSE」のイメージキャラ「Geeko」。カメレオンに間違われやすいが、「Geeko」は「Geek」(パソコンオタク)と「Gecko」(ヤモリ)の造語のため、モチーフはヤモリのはず。とぼけた顔がすごくいい。机にあるだけで癒されます(M.Mさん/システム構築)
博士帽をかぶったLinuxペンギン「LPIC君」 番外 KAMEぬいぐるみ
OSC2006でLinux技術者認定試験「LPIC」のペーパーテストに参加してもらいました。博士の帽子をかぶっているところがちょっと偉そうでかわいい。子供のお気に入りぬいぐるみのひとつになっています(T.Kさん/システム構築) IPv6が話題となっていたころ、KAMEプロジェクトを取材し、その際に購入しました。当時はいろいろな大きさのKAMEぬいがあったらしい。ふわふわ、しんなり素材が心を和ませてくれる(関洋子/総研スタッフ)
Collection2 PC周辺機器には、エンジニア好みの仕掛けが……

日々、使うことが多いPC周辺機器編は、自分の目に触れることが多いため、スタイリッシュ性とともに、「愛着」がわくかどうかが重要なポイントになる。実用性も重要だが、それだけではいつかは使われなくなってしまう。使い続けると、愛着がわき、そして愛着がふかまれば、たとえちょっと不便だなと感じても、いつの間にか使い心地は無限大に広がる!?
使い心地は∞ Duke型マウス BIだから業務効率アップ(?)のステンレスマグ+USBウオーマー
2005年JavaOne TokyoのJavaグッズショップで購入。機能は普通(?)かもしれないが、「愛着感」=使い心地を無限大(アンフィニ)にする法則は、「昔の壊れやすいイタリア車」「ダメだめな部下をかわいがる」に通じるものですね(K.Fさん/Javaプログラマ) Microsoft のプライベートフォーラムでもらったノベルティ。「Business Intelligence」という文字が入っている。ウオーマー付きなので、冷めずに最後まで温かい飲み物が楽しめる。ウオーマーには2つのUSBポートが。そこも、goodなポイント(J.Tさん/ITコンサルタント)
立体顕微鏡の図面がモチーフのマウスパッド ソフトバンクホークスのキャラ付きEthernetケーブル
第6回国際バイオEXPOのカールツァイスのブースで、手に入れました。マウスパッドの模様に描かれているのは、世界初の立体顕微鏡が生まれる基となったスケッチ。非常にクールなその図柄が、気に入り、愛用しています(M.Tさん/化学) JANOG 16(2005/07/27-28 シーホークホテル福岡)。日本テレコムをリップルウッドがソフトバンクグループに売却したころ。開催場所が福岡ということもあり、ホストがソフトバンクBBと日本テレコム。ノベルティが結構もらえたイベントでした(K.Nさん/Webシステム構築)
Collection3 おもちゃやアウトドアグッズだって手に入る

意外や意外。子供が訪れるはずのない技術系のイベントなのに、こんなおもちゃグッズがノベルティに。でもこんなノベルティなら、お父さん(お母さん)エンジニアにとっては、子供へのサプライズ(?)なお土産にもなる。また低反発素材を使った癒しグッズも、最近、多いのか、読者からさまざまなものが届いた。今回は形状の愛らしさとチープ(?)さが群を抜いていた「ブタの貯金箱型」をセレクト。
夏だから!? 直径40cm(?)の特大ビーチボール 消しゴムとして使うと……IQパズル消しゴム
Interop Tokyo 2007のシスコシステムズのブースでアンケートに答えて取得。直径はほぼ40cm。かなり大きいので、実際にビーチで使うにはよほどの無風状態じゃないと難しいのではという印象です。でも4歳児の子供は大喜び。おもちゃになっています(R.Yさん/ネットワーク構築) Interop Tokyo 2007のジュニパーネットワークスのブースで手に入れました。いつも実用性がありかつちょっと変わったノベルティで楽しませてくれるため、期待していましたが、今回は消しゴム。あまり利用シーンがなさそうだなぁ、という感じです(Y.Sさん/ネットワーク構築)
配置は4325京2003兆2744億8985万6000通り? AMD特製マジックキューブ ブタの貯金箱をそのままかたどり!?の低反発癒しグッズ
2006年12月に開催された「AMD64 Magic キャンペーン」で取得。机の上に置き、たまにこれで気分転換を図るために楽しんでいます。これまで一度もそろえられたことがなく、元にはもう戻らないかもしれません(N.Mさん/回路設計) 第6回国際バイオEXPOの「Integrated DNA Technologies」という最高品質の合成オリゴを供給する米国企業の展示ブースでもらった。ブタの貯金箱を模しているためか、背中には硬貨を入れるかたどりあり。低反発素材だが、硬め。握るよりは眺めることで癒し効果が得られる(M.Tさん/化学)
Collection-4 Tシャツ、バッグ、ピンバッチ……ファッションもリード

以前のTech総研の記事「こんなTシャツはエンジニアしか着こなせないぜ!夏」でもさまざまなTシャツを紹介したが、Tシャツをはじめとするファッション系のノベルティもそれなりに多い。最近の傾向として増えているのが、「トートバッグ」。配布資料を持ち帰りやすくするための気配りなのか、セミナーや発表会などでもらえることも。またピンバッチも定番の逸品。中でもファンの多いスカイライン50周年記念バッチが登場。これはまさしく垂涎の品かも。
「No Ruby, No Life.」。Ruby会議2007特製トートバッグ 番外 Ruby会議2007のスタッフ専用Tシャツ
「No Ruby, No Life.」のトートバッグは、Ruby会議2007参加者全員に配られたノベルティ。Tシャツ以外のノベルティにしようぜと提案し、トートバッグに決まった。MacBookも余裕で収まる大きさ(ただただしさん/tDiaryの開発者) こちらは同じく、Ruby会議2007のスタッフ専用Tシャツなので、作ったのは50枚くらい。背面のイラストはwhy the lucky stiff画伯のもの。クールでかっこいい。トートバッグに比べ、レア度はかなり高め(ただただしさん/tDiaryの開発者)
初代から12代目まで勢ぞろい! スカイライン50周年記念ピンバッチ 今はなき、General Magic Tシャツ
スカイライン50周年セレモニーで手に入れました。歴代のスカイラインがずらりと勢ぞろいしているので、スカイラインオーナーとしては懐かしさを誘います。こんなふうに時代は移り変わってきたんだなと、改めて実感できる逸品。観賞用です(Y.Tさん/技術ベンチャー経営) マジックの帽子とウサギの絵がついています。General MagicはApple創設者のひとりBill Atkinsonたちが1990年に設立したPDAと独自OSで有名な企業だが、2002年に破産。日本でもSONYやPanasonicと共同でPDA端末の開発、実験を行っていました(PASEO)。私もユーザーで、手に入れました(ピンク少佐/Tech総研編集部工作員)
Collection5 定番のノートからロゴ入りコースターまで日常に役立つ優れものたち

ボールペンやノートなどの筆記具は、ノベルティの定番。4色ボールペンなどの実用性に富んだものだけではなく、子供に大うけしそうな光るボールペンなども集まった。数あるこれらのコレクションの中から今回は、ロゴの入り方がクールなモノをセレクト。実は「ロゴの入り方」は、コレクションの価値を占ううえでかなり重要なポイントになるという。日常品の場合は、「ロゴ」の大きさ、配置を要チェックしよう。
黒地に銀色のロゴ、赤のバンドがクールなエキサイト・ノート 手動で明かりがつくので超便利 災害のときにも役立つ inetcore+iiga懐中電灯
2005年ごろに取得。大きからず小さからず、字を書くにも図を描くにも程よいサイズ。表紙が硬いので、フィールドノートのように使えて便利。用紙はクリーム色で5mm方眼罫(K.Nさん/システム開発) Interop2006で取得しました。行く先々の要所要所(会社と自宅のほか、あちこちのデータセンターなど)にあるとなかなか便利。電池不要で手を握って発電するため、災害対策用としても大変ハッピーです(J.Tさん/Webシステム開発)
ロゴがかわいい F5ネットワークス・ロゴコースター 裏には「BMW Sauber F1 Team」の文字入り Intel Xeon特製タンブラー
Interop Tokyo 2007でもらいました。普段からF5のロゴがかわいいなぁと思っていたので、大満足。F5サーバの電源を入れるとピカピカッて光るんですよねー。あれがいいです。コースターはグニャグニャッと曲がるゴムのようなものでできています。デスクで飲み物を飲むときに使う予定です(M.Iさん/システム開発) パソコン工房でPCを買ったら、付いてきました。裏には「BMW Sauber F1 Team」と入っているところが、なかなかいいです。でも汚すのが嫌なので、実用的に使いにくくて困ります(M.Hさん/システム開発)
広告雑貨専門店「LOGOZSTORE」に聞く「人気のあるノベルティグッズ」とは
広告雑貨専門店「LOGOZSTORE」
LOGOZSTORE
東京都杉並区高円寺北2-21-6
レインボービル2F
URL http://logozred.exblog.jp/
 さまざまな広告雑貨を扱う専門店「LOGOZSTORE」。もとは趣味でこのような雑貨を集めていたという。お店の中にはここで紹介したような企業をはじめ、食品、医薬品など、コンシューマ向け商品を手掛けている企業の販促グッズも所狭しと並んでいる。早速どんなグッズが人気なのか聞いてみると、「IT系で最も人気があるのは、アップル社のグッズ。IBMも人気ですね」という。グッズの人気を決めるのは、意外にも数ではないという。「例えばストラップやボールペンなど日常品で、ロゴがかっこよく入っているものは根強い人気があります」とのこと。以前、Macを買えば付いてきたステッカーなども、ファンは多い。希少性よりもむしろ、いかに「ロゴがかっこよく入っているかどうか」は、グッズマニアにとって重要なポイントらしい。
 もうひとつ、人気を呼ぶポイントは「そのノベルティを型おこしからしているかどうか」だという。つまり、形あるものにロゴだけを張り付けるのではなく、企業の考えを入れて作ったものほど、人気を呼ぶということだ。LOGOZSTOREには、米IBMがタイプライターを作っていた時代のノベルティ「チップが入った透明タイプライターのキーホルダー」も飾られており、高値がつけられていた。
秋以降のイベントに役立つ お宝ノベルティの集め方
 ノベルティを最も手に入れやすいのは、大規模な展示会に出かけること。秋以降に開催される主な大イベントはいくつかある。まずは10月2日から6日まで幕張メッセ(千葉市)で開催される「CEATEC JAPAN」。また同じく幕張メッセでは10月26日から「東京モーターショー」が開催される。これらの展示会にただ、出かけて眺めるだけではなく、情報収集がてら、各ブースで話を聞き、アンケートに答えるなどして、ノベルティグッズを手に入れよう。
 また新製品発表会や勉強会などに出かけるのも、ノベルティグッズを手に入れるよい機会となる。特にJavaOneなど、有料セミナーに参加すると、お宝グッズが手に入る可能性が高い。Collection2で紹介した「Duke型マウス」は、2005年JavaOne Tokyoのフル・カンファレンス・パスを購入した参加者への特典プレゼントである。
 最新の技術情報とともにお宝グッズを手に入れる──。そんな機会を1年に一度ぐらい、設けることを検討してみてもいいのかも。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
関洋子(総研スタッフ)からのメッセージ 関洋子(総研スタッフ)からのメッセージ
実は私の机の上にも、それなりの数のノベルティグッズが並んでいます。ゴム製Dukeもそのひとつ。あるイベントで某ベンダーのブースにずらりと並んでいるDukeを眺めていたら、「どうぞ、もって帰ってください」と言われ、もらったもの。きっとすごく欲しそうな顔で眺めていたんでしょうね(笑)。「コレクション・07夏」というタイトルが表しているように、来年も開催するかもです。みなさんの中に、自慢したいお宝コレクションがあれば、ぜひ、編集部までお知らせください。お待ちしております。

このレポートを読んだあなたにオススメします

rm -rf /、grep me、ムーアの法則、技術上等…

こんなTシャツはエンジニアしか思いつかないぜ!夏

素肌の上にぱっと1枚、それだけで外出着にも部屋着にも、時には寝間着にもなるスグレモノ。まさに「夏はTシャツ!」であります。そんな…

こんなTシャツはエンジニアしか思いつかないぜ!夏

C、Java、Lisp、Perl、Python、Ruby…

プログラミング言語の開発者たち、20人が語る名言集

「言語デザイナー」と呼ばれる、プログラミング言語の開発者たちの言葉を集めました。含蓄のある名言から、思わず納得のフレー…

プログラミング言語の開発者たち、20人が語る名言集

【後編】優秀なのに、なぜ日本企業でエンジニアの地位は低い?

まつもとゆきひろ×茂木健一郎「日本のエンジニア」

脳科学者の茂木健一郎氏と、Ruby開発者のまつもとゆきひろ氏の対談の後編です。前編は「言語デザイナーの脳」をお届け…

まつもとゆきひろ×茂木健一郎「日本のエンジニア」

【前編】数学が苦手でRubyを開発、「ヒット曲」の理由とは?

茂木健一郎×まつもとゆきひろ「言語デザイナーの脳」

脳科学者の茂木健一郎氏と、Rubyの開発者まつもとゆきひろ氏の対談が実現! その前編は「言語デザイナーの脳」です。プロ…

茂木健一郎×まつもとゆきひろ「言語デザイナーの脳」

「オンライン英会話」と「脳科学学習法」に編集部がトライ!

レアジョブ・iKnow!☆開発者が教える英語上達法

エンジニアは英語が苦手? 読み書きはできるけど会話はダメ? もしそうなら、最近利用者が急増している「IT式学習法」を試してみては…

レアジョブ・iKnow!☆開発者が教える英語上達法

スキルや経験はよさそうなのに…(涙)

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

オファーが来る人、来ない人の差って何だろう?過去にスカウトを利用したことがある企業の採用担当者55人の声をもとに、「惜しいレジュメ」の特徴を…

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP