• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問 Vol.1 最先端半導体技術の開発環境は、おおらかムード? 訪問先 株式会社日鉄マイクロメタル
テックエンジェルの後継者として今回、新たに誕生したTech総研公認会社訪問レポーター、テックハニー“きゃんち”。萌えるコスチュームに身を包み、毎回、エンジニアにとって理想の職場を探るべく、新たな挑戦に挑む!
(取材・文/山河宗太 総研スタッフ/山田モーキン)作成日:06.02.15
テックハニー“きゃんち” テックハニー“きゃんち”とは?
テックエンジェルの後継者として、強力ライバルたちとのオーディションを見事勝ち抜き、その座を射止めた期待の新レポーター。常日ごろから最新の家電・PC・モバイル製品チェックに余念がなく、アキバを愛し、新技術を生み出すエンジニアを尊敬している。
その使命はもちろん、「エンジニアにとってこれ以上ない、理想の職場を探し出すこと」。
しかしその真の目的は、日々仕事に頑張るエンジニアのみなさんにハニー“きゃん”ディーを渡して、疲れを癒すこと?
「ハニー“きゃん”ディー」とは?
天然のはちみつに、“きゃんち”の癒しの思いが込められた、程よい甘さのキャンディー。
効能:疲労回復 モチベーションアップ
テックハニー“きゃんち”の素顔はこちら http://www.girls-record.jp/artists/kyan_art.html
皆さん、はじめまして! このたび、エンジェルお姉さまの後を継ぐことになりました、テックハニーこと“きゃんち”です。企業の突撃取材は初めてですが、エンジニアの皆さんに喜んでいただけるレポートを心がけていきたいと思っています!

 衣装を見ておわかりだと思うんですけど、私のイメージは癒しと萌えです(笑)。少しでも職場の皆さんに溶け込むために、常にリラックスしてもらうことと、和んだ雰囲気だからできる鋭い突っ込み。この2つを私の武器として、日々成長していきたいと思っていますので、末永いお付き合い、よろしくお願いします。
今回訪問した企業プロフィール:株式会社日鉄マイクロメタル
ICチップに使用されているボンディングワイヤや半田ボールなどの開発・製造を柱に1987年、新日本製鐵株式会社と松田産業株式会社の合併により設立。新日鐵グループの技術開発力を背景に、世界の半導体トップメーカーに高品質の実装材料とソリューションを提供している。
http://www.nmc-net.co.jp/
今回案内役のエンジニアプロフィール:佐川忠礼さん(31歳)
今回ターゲットとなるエンジニアは、ボンディングワイヤ技術開発センター所属の佐川さん。中途入社3年目の彼は、転職前も半導体前工程エンジニアとして活躍していたが、今はより最先端の後工程の実装材料技術を習得しスキルアップを図るべく、日々研究に没頭する社内でも評判の熱血漢。今年の目標はカラオケで褒められることだとか……。
クローズアップ1:お仕事の中身 最先端半導体材料を実験する日々。評価分析結果の“最初の発見者”になれる喜び!
きゃ:
はじめまして、テックハニー“きゃんち”です! 初めてのインタビューで緊張しちゃいますが、早速、まずはどんなお仕事をされているんですか?
 
佐:
ひと言で言えば、ボンディングワイヤという製品の実験作業を担当しているんです。で、ボンディングワイヤというのは、半導体素子の電気信号を半導体外部に伝えるための接続材料のことなんですけど。
 
きゃ:
半導体って、電化製品の中に組み込まれてるものですよね?
 
佐:
ええ、パソコンや携帯電話をはじめ、デジタル家電や自動車などあらゆる製品に欠かせない重要な部品なんですけど、その半導体部品に組み込まれている25ミクロンという、髪の毛の3分の1ほどの太さの純金製ボンディングワイヤを、作ってるんですよ。
 
きゃ:
純金製! それってちなみにどれくらいの大きさなんですか?
 
佐:
太さ25ミクロン、5000メートル巻1巻で50グラムぐらいですね。
 
きゃ:
ちょっ、そ、それって、持って帰ったりとかしないんですか?
 
佐:
いやいや、恐らく誤解されてると思うんですけど(笑)、純金といっても工業用のもので、市場では売れないんですよ。
 
きゃ:
残念〜、ちょっと狙ってたのに。
 
佐:
はは、その純金製のワイヤをより細く、なおかつ切れない強度を保つために、いろいろな元素を添加して実験するんです。
 
きゃ:
ええ! だって髪の毛より細いのに、もっと細くしちゃうなんて……。半導体に求められる小ささや細かさは、どこまで進むんでしょうね? 技術革新との戦いってステキ! それでは佐川さんにとってこのお仕事の魅力ってなんですか?
 
佐:
毎日実験をして結果が得られる、ってことですかね。もちろんいい結果ばかりじゃないんですけど、そこで「何でそうなったのか」を考えて次の実験に生かせるから、日々レベルアップしている充実感が得られるんです。それに実験を通した一つひとつの結果を得た自分は、「世の中のだれも知らない、人類最初の発見者」ってことですから、そう考えれば気分がいいですね(笑)。
 
きゃ:
カッコいい!
 
1. これがうわさのボンディングワイヤ!
2. 25ミクロンの太さ、って線が見えない……
3. でもこの中に“純金”が詰まってるのねー
4. ずっと見つめてると、やっぱり持ち帰りたい気分に……

1. 佐川さんの普段の仕事に欠かせない、
必須アイテム3点セット!
2. 「クリーンノート」 一般市販されてない特殊防菌素材の
レアアイテム!記念にお絵かき……
3. 「キャピラリ」 なんだか薬局でもらう処方箋のお薬みたい
4. 「ピンセット」 これだけ“アナログ”な感じ。これでミクロの素材を扱うのかな?
クローズアップ2:お仕事の職場環境 ホコリひとつ許さぬクリーン度が製品開発のキーポイント! ご自慢のクリーンルーム
きゃ:
それでは次に、佐川さんの職場をご案内してもらってもいいですか?

佐:
どうぞ、こちらです。まずは、この更衣室でクリーンスーツに着替えてください。そのまま上から着てもらって結構ですよ。

きゃ:
宇宙服みたいですね! これ、持ち帰ってコレクションに加えたい……。
 
佐:
ははは。着替えたらこちらのエアーシャワーを浴びてください。
 
きゃ:
きゃあ! すごい風ですね。ここまでデリケートにしないといけないなんて、やっぱり髪の毛の3分の1の細さですもんね。
 
佐:
この中はとにかく、少しのホコリも許されない空間なんですよ。ボンディングワイヤというのは、ちょっとでもホコリがつくとその機能に支障を来す恐れのある、とてもデリケートな部品なんです。
 
きゃ:
そうなんですか。でもなんだか外と空気が違って鼻がスースーしますね。
 
佐:
ええ、ここはクリーンルームといって、大気中のホコリや有害ガスはほぼすべてシャットアウトされていますから空気が澄んでいて、一日中、ここ(研究室)に閉じこもって作業していても、居心地がいいんです。
結構、ほかの企業にもクリーンルームはあるんですけど、「これが?」って思わず疑いたくなる施設も多いんですよ。その中では、うちのクリーンルームは自慢の施設です。
 
きゃ:
じゃあこれからの時期、特に花粉症の方には天国みたいな環境ですよね。……で、ここが普段、佐川さんが実験されている場所ですか?
 
佐:
はい。ここで新日鐵の開発部門よりあがってきた試作材の最終テストをしているんですよ。
 
きゃ:
何だか高そうな装置がたくさん並んでいますけど……。
 
佐:
ええ、これは「ボンディングマシン」という評価用の装置で、ひとつ2000万円くらいしますよ。
 
きゃ:
2000万円! これも持って帰りたい……。
 
佐:
できるもんならどうぞ(笑)。
 
きゃ:
あきらめます(笑)。それにしてもこれだけの環境でお仕事されていて、どう思います?
 
佐:
開発担当者としては、これだけ最先端の装置や施設を会社側から提供してもらえることに対しては、ホントに感謝してますし、より高い成果を出さなければいけないな、という責任感が生まれますね。
 
きゃ:
確かにこれだけ高価なモノがあれば……って、さっきからお金のことしか目に入ってないですよね。違うんですよ! 決して私利私欲のために言ってるわけじゃないですからね!!
 
1. クリーンルームにて。強烈な風がきゃんちに
吹き付ける……「台風に遭ったみたい!」
2. 指紋認証センサーで厳重管理。「クリーンルームに入るのも大変ね」
3. クリーンスーツを眺めつつ……「どの服にしようか迷うな〜」
4. マスクもつけて準備完了!「“テックハニー”ってみなさん、わかります?」

1. こちらが2000万円のボンディングマシン。「さすがにこれは持ち帰れないわ……」
2. ハイテクならではの高速かつ精密な作業を眺めて「あまりの早さに目がついていけない……」
3. 電子顕微鏡で製品をチェック「おおー、これがミクロの世界。すばらしいわ!」
4. ボンディングマシンのほかにもさまざまな機器が。「まさに“研究所”って感じね」
クローズアップ3:お仕事の人間関係 研究所の中でも気軽に話せるおおらかなムードが、GOOD!
きゃ:
では気になる職場の人間関係について質問したいと思うんですけど、なんか職場自体がとても和やかな雰囲気ですよね。
 
佐:
ええ、会社の場所(埼玉県入間市)からして、近くに茶畑が広がっていて、とても自然豊かな環境ですから(笑)。
 
きゃ:
そういえば、先ほどいただいたお茶がとてもおいしかったです! ……と、お茶の話は置いといて、職場の皆さんはどうですか?
 
佐:
この会社に入ってまず驚いたのが、“部署間のカベ”が全くないこと。うちには、総務・経営管理・営業・品質保証と私の部署があるんですけど、一般的によくありがちな「責任のなすりつけ」とかは一切なくて、それぞれの部署が気軽に助け合う社風があるんです。
 
きゃ:
なんだか居心地よさそう。ではその中でも特に親しい方を紹介してもらえませんか?
 
佐:
そうなるとやはり同じ部署で常日ごろから顔を合わせている、上司の山田、先輩の西林、同期の井原ですね。
 
きゃ:
佐川さんにとってこの方たちは、どんな存在なんですか?
 
佐:
山田や西林は、尊敬できるよき指導者ですね。私もまだ、今の業務について2、3年の若手なんで仕事で壁にぶつかることもしょっちゅうなんですが、そんなときでも親身になって相談に応じてくれます。逆に井原には、よくしかったりしてるんですけど(笑)。

最近では社内コミュニケーションもメールのやり取りが中心、というところも多いと思うんです。特に研究所のような施設環境ではなおのこと、無言で黙々と研究に没頭しているイメージが強いと思うんですけど、うちの研究所の場合は面と向かって気軽に話せる環境なんで、そういう意味では仕事がやりやすいんです。
 
きゃ:
確かにこんなにキレイな空気に囲まれながらお話しすれば、普段の会話も弾みそうですよね。では、佐川さんは、同じ職場の先輩からどんなことを学びたいと思っていますか?
 
佐:
そうですね。上司の山田や西林の指導力は本当に素晴らしいと思っているので、今後のことを考えると、自分もぜひ身につけたいですね。それからほかにもうちには、「ボンダーのプロ」というエンジニアがいて、その方からはパラメーターの知識を徹底的に吸収し理解していきたいと思っています。
1. こちらが普段、佐川さんとの付き合いが深いお三方。
「ハイ、ポーズ!」
2. 上司の山田部長。「工学博士、なんですか〜。
それだけで尊敬しちゃいます!」
3. 同じく西林マネジャー。「笑顔がステキ!
多めに“きゃん”ディーあげちゃいますね」
4. 同僚の井原さん。「佐川さんの秘密、“こっそり”教えてください」

1. みなさんから、佐川さんへの“激励”メッセージ。
「さあ、どうぞ!」
2. 山田「得意分野を探求し、第一人者になってください」
3. 西林「今年はグループの中心になるように
頑張ってくれ!」
4. 井原「佐川さん!これからも全力疾走、
お願いします(笑)」
クローズアップ4:お仕事の目標・夢 日鉄マイクロメタルの職場の魅力とは……未知なる世界への挑戦!
きゃ:
今までいろいろお伺いしてきましたけど、今後の夢や目標について、聞かせてください。
 
佐:
まずは「自立」することですね。というのは、今日紹介してきた私の仕事の重要な部分、例えばボンディングワイヤの基本設計に関しては上司の判断によるところが大きいんですね。
だからその部分もすべて自分が考え評価解析し、その結果をまとめ、全世界の半導体メーカーに喜んで使ってもらえるようなボンディングワイヤを作り出したいと思っています。
 
きゃ:
全世界とは、大きな目標ですね〜。でもそんな目標を達成するためには、乗り越えなきゃいけないハードルも高いんでしょうね?
 
佐:
ええ。現時点での大きな課題としては、ワイヤをボンディング(半導体に貼り付ける)する過程でミクロン単位での“曲がり”が発生するんです。“曲がり”が生じると隣のワイヤと接触してショートを起こす恐れがあるのでその部品は使えなくなるんです。
そこで今後、“曲がり”の原因を解明することで、汎用性の高いワイヤを開発することが夢なんです。
 
きゃ:
では最後に、佐川さんにとって「日鉄マイクロメタルさんの職場の魅力」って何ですか?
 
佐:
ひと言で言えば、「未知なる世界への挑戦をさせてくれる」ことですね。今まで紹介してきた、尊敬できる上司や先輩の助けや常に最先端の設備を導入してくれる会社のバックアップがあるから、まだ日の目を見ない最先端の半導体実装材料を開発することができると私は信じて、いつも目の前の実験に取り組んでいます。
 
きゃ:
佐川さん、今日はホントに長時間、お付き合いくださってありがとうございました!
今後の活躍、ぜひ応援させていただきます。
それと、最後にこれ受け取ってください! 元気がわき出るハニー“きゃん”ディーです。
 
佐:
あ、ありがとうございます(笑)。
テックハニー“きゃんち”の「今日の発見」

今回はレポート1回目ということもあって、すごく緊張しちゃいました! 特に「半導体」っていう私にとってはまだまだ知識が不足している世界で、最初はうまくレポートできるかとても不安でしたけど、佐川さんの助けもあって、半導体をとても身近に感じることができました(金が使われていることも含めて……笑)。
それと佐川さんのように、ミクロの世界で日々研究開発に地道に取り組んでらっしゃるエンジニアの方がいるから、今の便利な生活が成り立っているんだと改めて実感。次回からも積極的にレポートしたいと思いますので、これからもよろしくお付き合いくださいね!

“きゃんち”の足あと
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

Tech総研公認会社訪問レポーター、テックハニー“きゃんち”。萌えるコスチュームに身を包み、エンジニアが憧れる職場をご紹介します。

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

このレポートを読んだあなたにオススメします

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

壮大な実験施設!フリーな環境で医療に貢献できる魅力

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問人間ドックや健康診断などで目にしたり、また中には実際に利用する方も多い「MRI」。今回、医療検査でなくてはならない重要な医療機器…

壮大な実験施設!フリーな環境で医療に貢献できる魅力

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

設備投資額に上限ナシ!? 世にないモノをつくる魅力

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問今回は都心を離れ、信州・松本にある企業を訪問。そこで迎えてくれたのは“エッジ”の立った社長を筆頭に、ちまたではあまりみかけないユ…

設備投資額に上限ナシ!? 世にないモノをつくる魅力

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

思わずうっとり☆テックハニーが突撃したい理想の職場

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問「テックハニーの突撃☆会社訪問」がスタートしてはや半年。数々の職場に訪問し、エンジニアの生の声を聞きだしてきた経験を元…

思わずうっとり☆テックハニーが突撃したい理想の職場

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

ソーシャルアプリを“ラボラトリー”で研究できる職場

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問大ヒットしたソーシャルアプリ「恋してキャバ嬢」の制作で知られる企業には、技術の探求に全力をかける真のエンジニアたちが集っていた!…

ソーシャルアプリを“ラボラトリー”で研究できる職場

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問

これぞ機械設計の醍醐味!最新鋭洗車機を開発する魅力

テックハニー“きゃんち”の突撃☆会社訪問富士山のすそ野に広がる静岡県・富士宮。この雄大な自然が広がる場所を訪れたテックハニーを迎えたのは、ガソリンスタンドでよく目にする…

これぞ機械設計の醍醐味!最新鋭洗車機を開発する魅力

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP