• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室 解析テーマ 遺伝子組換え植物

何かと抵抗感をもたれる遺伝子組換え植物。一方で、食糧問題や環境問題のソリューションとして、
非常に有望な技術であることも事実だ。このテクノロジーの成熟はむしろこれからなのだ。
高度なスキルが要求されるが、やりがいのある分野であることは間違いない。
(取材・文/伊藤憲二 総研スタッフ/高橋マサシ) 作成日:04.12.15
未成熟な分野だからこそエンジニアの知恵が必要だ
業界事情
 1983年に生体への遺伝子導入技術が誕生してから20年あまり。今日、遺伝子組換え植物のゆくえは世界の関心事となっている。農業における遺伝子組換えは肥料、農薬に次ぐ第3のイノベーションとして、世界の多くの地域で広く採用されている。収穫量の多い品種、害虫に強い品種などを、交雑などによらず手軽に生み出せるからだ。

 遺伝子組換え先進国のアメリカでは、既に小麦、大豆、とうもろこしなどに遺伝子組換え技術が投入されている。フランスも同じく遺伝子組換え大国だ。そして日本は、遺伝子組換えに対するアレルギーが、世界の中で最も強い国のひとつである。
 その要因は、遺伝情報を操作するのは倫理的に許されないという道徳観と、食品の安全への関心の高さ。確かに遺伝子組換え植物には、時として原種にはない毒性をもつケースもある。しかし一方では、感情論によらない、客観評価の必要性を問う声も多い。

 アメリカでは遺伝子組換えによって防虫、病気への免疫、収穫量増大といった品種の開発に成功するや、遺伝子のパターンを片っ端から特許出願するケースが目立つ。遺伝子組換えを根拠なく排除するだけでは、食料政策上の「侵略」を受ける可能性もあるのだ。
 遺伝子組換え植物が有益となるのは、何も食品だけに限らない。アカシアなど、CO2の分解能力に優れた植物を遺伝子操作によって品種改良することに成功すれば、温暖化防止枠組み条約に基づいた排出権取引にも影響を与える可能性がある。改良ポプラなどによる大気汚染物質の浄化も、同様にビジネス化の可能性がある。

 現時点では、日本の遺伝子操作技術は遅れている。倫理的な抵抗感をもつのは致し方ないが、過剰な自己規制によって国際競争力を失うのは得策ではない。日本における農林関連の遺伝子組換え市場は現在、約3000億円。今後、健康被害の懸念が少ない商品作物分野で普及が進むだけでも、市場規模はたちまち倍増するといわれている。
 まだ研究途上段階である遺伝子組換え植物の開発は、やりがいのある分野といえないだろうか。

採用動向
 遺伝子組換え植物の開発は、通常の品種改良とはまったく異なり、研究開発を行っているのは食品、医薬などのバイオテクノロジー関連企業が中心である。リクナビNEXTでは「遺伝子」「ゲノム」などをキーワードに検索するとよい。

 転職にあたっては、基本的に分子生物学、遺伝子機能解析、DNA解析など、生物分野について相当高いレベルのスキルが要求されることが多い。学部レベルの生物学の知識は必要とされるだろう。
 また、ゲノムシーケンサーなどを使用した解析作業もさることながら、遺伝子組換えを行った場合に発現する特性をある程度予測できる、そんなセンスも問われがちだ。職種は企業に勤める場合でも、研究職であることが多い。

 遺伝子の組換えについては、現状の科学・技術力では完全に安全性が確保されたとはいいがたいところがある。遺伝子組換え植物と自然植物の交雑によって、薬剤耐性植物になってしまったり、毒性をもったりするケースもある。遺伝子組換え先進国のアメリカでも、遺伝子組換え食品の安全性については暗中模索というのが実情なのだ。
 だが、21世紀中に起こるのではないかと危惧されている食糧危機。この危機を克服する重要なカギを、遺伝子組換え技術が握っていることも確かである。まだ黎明期ともいえる遺伝子組換え植物の開発は、エンジニアにとって魅力的なフィールドでもあるのである。



  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

求人トレンド解析室

やっぱりオモシロイ!といえば研究開発職=R&D。次世代を担う新技術をキーワードに最新の業界事情と採用動向を解析します。

求人トレンド解析室

このレポートを読んだあなたにオススメします

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

バイオ燃料/本格産業化に向け注目の次世代環境技術

求人トレンド解析室CO2削減による地球温暖化防止のためのテクノロジーとして、バイオ燃料が大いに注目されている。光合成を行う微生物を使って…

バイオ燃料/本格産業化に向け注目の次世代環境技術

厳選★転職の穴場業界 サプリメント

成分発見から製造装置までサプリのR&Dが急進中

厳選★転職の穴場業界健康ブームに乗って市場が急拡大しているサプリメント業界。近年は医薬品のみならず食品、バイオ、化学関連企業など異業種組が次々に参入…

成分発見から製造装置までサプリのR&Dが急進中

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

医療用マテリアル/医薬品と並ぶ高い成長性が魅力!

求人トレンド解析室医療技術の中核のひとつとされる医療用マテリアルが今、他分野のエンジニアにとって格好の転職先として注目され始めている。バ…

医療用マテリアル/医薬品と並ぶ高い成長性が魅力!

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

LED/青色、白色以外にも新技術が続々と登場!

求人トレンド解析室青色、白色など、続々と誕生する新技術に沸くLED業界。メーカー各社はこぞって光量増加や価格低減などの改良に乗り出してお…

LED/青色、白色以外にも新技術が続々と登場!

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

高機能繊維/10兆円市場の繊維産業が先端開発の舞台に

求人トレンド解析室破れない、汚れない、薄くても暖かい……従来の繊維の常識を打ち破る高機能繊維に注目だ。布や建材といった従来用途に加え、潤…

高機能繊維/10兆円市場の繊維産業が先端開発の舞台に

スキルや経験はよさそうなのに…(涙)

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

オファーが来る人、来ない人の差って何だろう?過去にスカウトを利用したことがある企業の採用担当者55人の声をもとに、「惜しいレジュメ」の特徴を…

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP