• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
卒業後N年目の転職事情 茨城大学工学部'99年春卒・Kさん(28歳)憧れていたオーディオ開発に終止符を打ち、新たな道へ
オーディオが好きで、高校ではスピーカーを、茨城大ではアンプを手づくり。約30倍という競争率を勝ち抜いて念願のMDプレーヤー開発の職に就くが、そのころには低価格競争が激化し……。翻弄されたKさんは新たな業界を目指した。
(取材・文/綿谷禎子 総研スタッフ/山田せいめい)作成日04.10.06
写真提供:茨城大学
PROFILE
パチンコソフトメーカー
プログラマ
Kさん(28歳)
三重県出身。幼いころからオーディオが好きで、将来は自分が作る立場になりたいと、オーディオ業界への就職実績がある茨城大学工学部を目指す。第一志望は電子電気工学科だったが、現役入学を基本に考え、まだ競争率の低かったシステム工学科に進学。
茨城大学 工学部 '99年春卒業生の進路状況
図
不景気の長期化により、企業が再び人員抑制を強めたので、若干増加していた新卒採用が減り、就職環境が再び厳しくなった99年春卒業生の就職時期。茨城大学の工学部では、進学者と製造業への就職者がほぼ2分する形で、全体の約65%を占めていた。Nさんもその中のひとり。就職協定の廃止に伴い、就職活動時期も早くなり、内定のピークは5月中旬だったが、Kさんは1社、1社じっくり取り組んで、夏に内定を得られたという。
茨城大学からオーディオメーカーに就職と、着実なステップのハズが……
   音楽好きから自然な流れでオーディオに興味をもち、お金をかけずにいい音を出したいと、高校のときにスピーカーを手づくり。そんなKさんが白羽の矢を立てたのが茨城大学だった。オーディオ業界を目指したいと強く思い、さまざまな大学の就職実績を調べた結果、茨城大学が自分の夢に近いと判断。既に高校2年のときには、進路を茨城大学工学部1本に絞っていたという。

「茨城大学ではほかの学科の授業が受けられ、それも単位として認められたんですよ。だから本当は電子電気工学科に行きたかったのですが、現役合格を考えて、まだ競争率の低かったシステム工学科を受験しました。システム工学科では、パソコン上でシミュレーションするためのプログラムを勉強しながら、電子電気工学科の授業を10講義くらい受けていましたね。大学ではハードとソフトを幅広く勉強できたと思います」

 就職はもちろんオーディオ関係。茨城大学工学部のキャンパスが日立市にあったことから、友人たちの大半が日立を目指したが、Kさんは地道に就職活動を行い、オーディオメーカーに入社。念願のMDプレーヤー開発部門で働き始めた。しかし実際の現場は、Kさんが想像していたものとは落差があった……。

「不況の影響で正社員がリストラされ、プロジェクトにかかわる人員のほとんどが派遣社員。入社2年くらいで先輩が辞めると、私の上にはもう管理職の上司しかいなくなってしまったんですよ」
低価格競争が激化し、メーカー各社がこぞって新製品を乱発していた時期でもあった。そのため入社時には2〜3モデルだったのが、退職前には8モデルのプロジェクトが一度に進行していたという。多忙さに加え、入社3年目にして人を管理する立場となったKさんは、「若いときはプログラムをしっかりやりたい」というジレンマに悩まされ続けた。
退職を決意したときに聞いた“パチンコ・パチスロ業界”の話が転機に
   そんなときに耳にしたのが、退職することを前提に登録しておいた派遣会社での、“これからはパチンコ・パチスロのプログラマの需要が伸びてくる”という言葉。その言葉を再び思い出したのは、退職してから約1年後。Kさんが人生経験のためにと、ケーキ店で働いているときだった。

 プログラマという仕事はOKとNGがハッキリしていて、Kさんの思考とも合致した。プログラマは続けたいが、もっとじっくり開発に取り組めるところがいい。そう考えたKさんは、以前、耳にした“パチンコ・パチスロ業界”のことを思い出す。ちょうどケーキ店での仕事の合間に先輩たちとパチンコに行き、その面白さに興味をもっていた時期。またちょうどそのころに、茨城大の友人がカメラのレンズ設計から駅の改札設計という異業種に転職していて、業界にこだわらなくてもなんとかなると勇気づけられた。
 そして今、Kさんは3つ目の職場であるパチンコソフトメーカーで、快適に働いている。
“お金じゃなくて時間”そんな決断で充実感のある毎日を得られた
  「現在の職場は、パチンコの液晶部分の演出を、企画から制作まで手掛けている会社。私はデザイナーが作ったキャラクターに動きをつけてプログラムするのですが、映画やアニメを作るイメージでとても楽しいですね。この業界には量産はないので、年に手掛けるプロジェクトは多くて3つくらい。じっくり1つのプログラムに腰を据えて取り組めるのがいいですね」

 とはいえ現在の給料は基本給約23万円と、同年代に比べてそれほどいいとはいえない。そのことをKさんに問うと、爽やかにこう答えた。
「時間とお金を天秤にかけて、私は時間を取ったんですよ。今は空いた時間にオーディオを自作したり、カラオケサークルに参加したりと、好きなオーディオや音楽に親しんでいます。仕事は仕事、趣味は趣味と、ハッキリ分かれているほうが私に合っていたみたいですね。茨城大で得たソフトとハードの知識は、仕事でも役立ちましたが、趣味のオーディオ制作にとても役立っているんですよ(笑)」
茨城大学 工学部 '99年春卒 Kさんの卒業後の転職事情
  卒業・就職時 転職時 転職後・現在
給与・待遇 基本給約20万円(残業代10万円) 基本給約20万円(残業代20万円) 月給約23万円
地位・役職 なし なし なし
仕事内容 MDプレーヤーのプログラム プロジェクトの進行管理 パチンコやパチスロのプログラム
仕事環境 リストラにより開発現場の正社員が減らされており、大半が派遣社員という状況 先輩がどんどん辞め、入社2年で現場の古株に。残業が増え、責任ものしかかる 企画が通って初めて製作となるので、じっくりプログラムに取り組める
やりがい オーディオの開発に携わりたいという願いが叶い、やりがいに満ちていた プログラムをしっかりやりたいと思っていたのに、人の管理をすることになり不満 アミューズメントものだし、作っていて楽しく、自分に合っていると思う
私生活 大学の友達3〜4人と定期的に飲みに行く余裕があった 東京と埼玉の2カ所で勤務。残業も増え、親に体のことを心配される カラオケサークルに入り、定期的に交流。歌うことを楽しんでいる
将来展望 約30倍の倍率で就職することができ、これで安泰だと思っていた 勉強のつもりで1年は耐えようと決めるが、長期間はもたないと感じる この業界にずっといたいと思う。いずれは自分で考えた企画を製品化したい
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
山田せいめい(総研スタッフ)からのメッセージ
「時間とお金を天秤にかけて、私は時間を取ったんですよ」。前にレポートした、「労働時間を半減させた転職エンジニアの証言」でもご紹介しましたが、エンジニアの皆さんの、時間に対する価値意識が年々高まってきているように思います。今後も、時間をテーマにした企画を提案していきたいと思いますので、皆さんの「こんな記事読みたい!」といったご意見、お待ちしております。

このレポートの連載バックナンバー

出身大学でみるエンジニア転職談

大学の同窓生は今どうしているのかと思い出すことはありませんか? 卒業当時の就職事情から転職体験談まで、出身大学別に追跡分析しました。

出身大学でみるエンジニア転職談

このレポートを読んだあなたにオススメします

卒業後N年目の転職事情

東京大学理学部‘99年春卒・K氏(29歳)

出身大学でみるエンジニア転職談高校のときに数学と物理が得意で、2年生のときに東京大学の理学部に入学しようと決意したKさん。無事、希望の学部に入学でき… 

東京大学理学部‘99年春卒・K氏(29歳)

卒業後N年目の転職事情

東京工業大学工学部‘85年春卒・Kさん(41歳)

出身大学でみるエンジニア転職談真空管からICに変わる変動期に就職し、製造技術のエンジニアとしてICの開発に携わったKさん。その技術を武器に一流企業へ…

東京工業大学工学部‘85年春卒・Kさん(41歳)

卒業後N年目の転職事情

千葉大学工学部‘98年春卒・Iさん(29歳)

出身大学でみるエンジニア転職談ハードな仕事でプレッシャーも多く、あまりのストレスで忘れかけていた“普通の生活”。ただ同僚とは仲がよく、一見すると恵ま…

千葉大学工学部‘98年春卒・Iさん(29歳)

卒業後N年目の転職事情

九州工業大学'96年春卒・O氏(31歳)

出身大学でみるエンジニア転職談幼いころからSEに憧れ、充実の設備を誇る九州工業大学に入学したOさん。しかしSEになってからの目標設定が自分にはないこ…

九州工業大学'96年春卒・O氏(31歳)

卒業後N年目の転職事情

京都大学文学部‘01年春卒・S氏(26歳)

出身大学でみるエンジニア転職談本来は自分がやりたい仕事に就くのがいちばんなのだが、その夢がかなわず、新たな選択を余儀なくされる人も多い。今回のSさん…

京都大学文学部‘01年春卒・S氏(26歳)

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP