• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室 解析テーマ 低公害ディーゼルエンジン

世界中で開発競争が繰り広げられている、低公害ディーゼルエンジン。日米欧の3大市場で間もなく
実施される厳しい排ガス規制への対応が要求されており、将来的には代替燃料を効率よく燃やせる、
究極の内燃機関への進化が期待されている。有力な環境技術といわれる新分野だ。
(取材・文/伊藤憲二 総研スタッフ/高橋マサシ) 作成日:04.09.29
地球のエコロジーを考えた理想的な内燃機関をつくりたい
業界事情
 今、自動車業界でディーゼルエンジンが熱い視線を浴びている。従来のディーゼルといえば黒煙を巻き上げ、光化学スモッグの原因物質となるNOxを大量に排出するなど、あまりいい印象ではなかった。しかし現在、それらの有害物質削減の見通しがかなり明るくなり、長所である熱効率の高さが改めて注目されている。

 ディーゼルエンジンといえば大型車に搭載するイメージが強いが、実はヨーロッパを中心に普通乗用車への普及も進んでいる。そして、シリンダー内に燃料を供給する燃料噴射ポンプの高性能化、制御技術の発達に加え、高性能な触媒やDPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター:発ガン性のある排ガス中の粒子状物質を削減する装置)が次々に考案されているのだ。
 世界の自動車メーカーがディーゼルの開発に血道を上げるのは、LPG、CNG、バイオ燃料といった次世代燃料を使用するのに、内燃機関としてはディーゼルが最も理想的な方式と考えられているからだ。現在のディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて、CO2、HC以外、有害物質の排出量が多い。にもかかわらず開発に膨大な投資がなされているのは、将来に向けたこうした技術的蓄積のためなのだ。

 当面の目標は、日米欧で将来実施される新排ガス規制のクリア。そのため、新型触媒などの新製品が続々と生まれてきており、またエンジン単体の改良だけでなく、周辺機器の開発も活気を呈している。
 ディーゼル関連技術に携わることで、地球環境の保全に一役買うことは、エンジニアにとってなかなかやりがいのある仕事ではないだろうか。

採用動向
 世界規模での開発が展開されているとあって、日本でもディーゼル関連技術の求人が増えてきている。リクナビNEXTでは「ディーゼル」をキーワードに検索すると求人情報が入手できる。

 ディーゼルエンジン本体のシステム開発を行う場合は、基本的に自動車工学と内燃機関双方の知識・経験が必要だ。軽量化のための軽合金や複合材料といった材料系の知識はポイントが高い。また、排ガス対策と並行して、アルコールやガスなどの次世代燃料への対応も考慮する必要があるため、燃料の知識も欠かせない。

 燃料噴射ポンプや触媒といった補器類、後処理装置の開発については、必ずしも自動車開発の経験がなければいけないわけではない。燃料噴射ポンプについてはソレノイド、アクチュエーターなどの制御技術、3D-CADを使用したレイアウト設計、材料などの知識があれば採用の可能性は十分にある。
 触媒の場合は、自動車以外の触媒の経験も大いに活用できる。また、触媒の経験がなくても材料と触媒反応の知識があれば、活躍の場は見いだせる。補器類、後処理装置は自動車メーカー本体でも開発するが、自動車部品メーカーや材料メーカーが画期的な技術を生み出すケースも多く、それらの企業の門戸をたたくこともチャンスを広げる方法だ。

 将来のエコロジー技術として注目度が高まるディーゼルの開発は、環境技術に興味があり、R&D志向の強いエンジニアにとって、大いに腕の振るいがいのある分野だ。

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

求人トレンド解析室

やっぱりオモシロイ!といえば研究開発職=R&D。次世代を担う新技術をキーワードに最新の業界事情と採用動向を解析します。

求人トレンド解析室

このレポートを読んだあなたにオススメします

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

触媒/目前に迫った世代自動車・排ガス削減のカギ!

求人トレンド解析室日欧米では排ガス規制が年々強められる見通しで、触媒の技術革新なしにはクリア不可能というものすらある。触媒の性能を革命的…

触媒/目前に迫った世代自動車・排ガス削減のカギ!

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

エアコン・空気清浄機/省エネや高機能は世界の注目

求人トレンド解析室エアコンや空気清浄機が成長株として大いに注目されている。日本製モデルの省エネ性能や高機能性は世界の知るところであり、国…

エアコン・空気清浄機/省エネや高機能は世界の注目

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

バイオ燃料/本格産業化に向け注目の次世代環境技術

求人トレンド解析室CO2削減による地球温暖化防止のためのテクノロジーとして、バイオ燃料が大いに注目されている。光合成を行う微生物を使って…

バイオ燃料/本格産業化に向け注目の次世代環境技術

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

第7世代液晶/ディスプレイ大型化の切り札登場?

求人トレンド解析室大型機のコスト高がネックとなっていた液晶ディスプレイだが、第7世代大型ガラス素材の登場で、いよいよプラズマテレビとの直…

第7世代液晶/ディスプレイ大型化の切り札登場?

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

プレジャーボート/海が好きなエンジニア集合!

求人トレンド解析室日本でも根強い人気を誇るマリンレジャー。その主役のひとつであるプレジャーボートの開発が面白い。実は日本の生産力は世界有… 

プレジャーボート/海が好きなエンジニア集合!

広める?深める?…あなたが目指したいのはどっちだ

自分に合った「キャリアアップ」2つの登り方

「キャリアアップしたい」と考えるのは、ビジネスパーソンとして当然のこと。しかし、どんなふうにキャリアアップしたいのか、…

自分に合った「キャリアアップ」2つの登り方

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP