• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
ソフトウェア・ネットワーク・半導体etcエンジニア必見 カーエレ草創期を駆ける松下の大量採用戦略

昨今のデジタル家電産業の興隆は、転職市場に大きな人材流動を引き起こした。そしてその活況を追うように今、「カーエレ」業界が急拡大している。その動きを探るべく今回、カーマルチメディア業界大手の松下電器産業を取材した。
(取材・文/中村伸生 総研スタッフ/山田せいめい)作成日:04.09.29
はじめに 電機・半導体企業が続々と自動車業界に参入
カーエレ業界の市場規模(平成14年度) カーエレクトロニクス(以下カーエレ)産業が勢いづいている。カーナビをはじめ、オーディオ、ITS(高度道路交通システム)関連装置、運転の自動化支援装置、各種電子制御装置などを含めたクルマの車載電子機器全般の市場が急拡大しているのだ。好調とされる自動車販売の増加も要因だが、クルマ1台当たりに搭載される電子機器が増え続けていることも見逃せない。単に自動車が売れたから好調といった追随型の景気ではないのである。こうしたカーエレ市場を牽引するのは完成車メーカーだけではない。カーエレ製品を完成車メーカーに供給する電機や半導体企業が、新たな市場の覇権争いを競っている。急拡大する市場が優れた人材を渇望するのは世の常。新興のカーエレ産業も例外ではない。
松下がクルマに挑む理由と、エンジニア採用戦略
 デジタル家電の市場でも主役を演じている松下電器産業(以下、松下)だが、カーマルチメディア関連商品のウエートが急激に高まっている、カーマルチメディア業界の大手でもある。そこで松下の社内カンパニーとして自動車搭載製品部門を担うパナソニック・オートモーティブ・システムズ(PAS)を取材し、カーエレ業界の前途と人材動向を探ってみた。

谷口 弘之氏
松下電器産業株式会社 
パナソニックオートモーティブ
システムズ社
JQA(経営品質)推進室 
室長 谷口 弘之氏
2010年に一兆円の売り上げを目指す、松下グループの注目株
 松下グループの売上高は連結で7兆5000億円であり、その中でPASの売上高比率は年々高まっているものの、全体で見ればまだまだ発展途上といえる。しかし同社JQA推進室の谷口氏は二つのポイントからグループ内におけるPASの存在感は大きいと語る。

 「一つは利益です。PASは利益で売り上げ以上にグループ全体に貢献しており、松下グループの中で高収益事業のひとつと位置づけられます。もう一つは成長性です。例えばカーナビの搭載比率は新車ベースで急激に高まってきており、いずれはほとんどの新車に装着されるようになることが予測されています。さらに車外とのコミュニケーションを実現する製品や安全・環境分野の製品は、これから本格的に搭載される時代を迎えます。以上のような市場の伸張を背景に、PASは2010年の売上目標として1兆円を掲げ、QCDD(補足説明参照)の更なる強化および新しい顧客価値創造に向けた取り組みに着手しています」

 次に視点を変えて、なぜPASがカーマルチメディア業界をリードするようになったのか、谷口氏に聞いてみた。「かねてから自動車分野を強化していこうとする経営判断が実を結んだといえるでしょう。そして、それを後押しした技術の大幅投入です。松下にはもともと、ホームエレクトロニクスで培ったAVC(オーディオ・ビジュアル・コミュニケーション)の技術が豊富で、それを継承・発展するエンジニアたちにより、有望分野を先駆けることができたのです」。

PASが先行するQCDDとは?
 QCDDはQ=クオリティー(品質)、C=コスト(価格)、D=デリバリー(納期)、D=デベロップメント(開発)。自動車に搭載する製品として求められる4つのハードルである。たとえばクオリティーは、熱やほこりにさらされる自動車特有の苛酷な使用環境をクリアするものが求められる。コスト圧縮やデリバリー体制に対する完成車メーカーの期待値も高い。デベロップメントとは車の商品力に貢献できる開発対応力だ。

加藤 直浩氏
松下電器産業株式会社
パナソニックオートモーティブ
システムズ社
人事グループ
事業場人事チーム
チームリーダー 加藤 直浩氏
上期の半年間でほぼ昨年1年分を採用!これがカーエレに求められる人材像だ
 谷口氏はホームエレクトロニクス分野の技術がPASの成長に貢献したと語ってくれたが、人材の供給源としてホームエレに頼るわけにはいかない。家電部門も松下本体のV字回復で人手が足りないことが容易に想像できる。実際、PASでは数年前から中途採用を積極化している。人事グループの加藤直浩氏に採用動向とその背景を聞いてみた。

 「中途採用の実績はどんどん伸びています。この上期で既に昨年と同数の採用を決めています。開発パワーはまだまだ不足しており、現状でも50人以上のエンジニアを必要としているといえます。これまで採用してきた方はカーエレからの転職組が少なく、電機分野からの転職が多いですね。採用したいエンジニアは、ズバリ、30代のリーダー層です。特にソフトは製品の急激な進化に伴い、プログラムのボリュームがどんどん大きくなっていて、100人を超えるプロジェクトになることも珍しくありません。適切な開発マネジメントができるプロジェクトリーダーであれば、経験された開発対象も問いません。また3〜4年後をめどにリーダーとなる30歳前後のサブリーダークラスにも門戸を広げています。ソフトだけではなく、ハードも機構も、ほぼ同じニーズです」

 加藤氏は続けて、同じ分野の車載製品であっても、純正品と市販品では開発スタイルが大きく異なるので、自分に合った道を確認してから応募に臨んでほしいとアドバイスする。「車載のAVC製品は、新車に装着されてユーザーに渡る純正品と、カー用品の量販店などで販売され後付けされる市販品に分けられます。PASは両方を手掛けていますが、開発のフローが大きく異なります。完成車メーカーと何度も折衝を重ね、新たな提案で期待にこたえながら同時に厳しい採用基準をクリアする開発を進めていくのが純正品の開発。その一方で、短い開発サイクルの中で、売れ筋の機能や市場インパクトの大きな技術提案を盛り込んでいくのが市販品の開発です」。

PASにおける、純正品と市販品の開発スタイルの比較
<純正品の開発>
完成車メーカーと共同開発もしくは厳しい仕様に基づくコンペティション
開発サイクルが長く、2〜3年先の標準技術を視野に入れて開発
松下グループならではのホームエレと連携した提案が期待される
<市販品の開発>
開発サイクルが短く、売れ筋の機能をタイムリーに供給しなければならない
自社主導で開発プランを立てることができ、個性的な製品づくりも可能
ブランドロゴ等で自社製品であることを大きくアピールできる

加藤 直浩氏
松下電器産業株式会社
パナソニックオートモーティブシステムズ社
ナビ・ITビジネスユニット
純正商品開発グループ
加藤 信太氏
市販品カーナビ
Strada(ストラーダ)
「厳しい品質基準にむしろ挑戦心がわき起こります」
 これまで企業サイドからカーエレの業界動向と人材ニーズを見てきたが、実際に他分野から転職したエンジニアはカーエレの開発をどう感じているのだろうか。昨年12月にPASへ転職してきた加藤信太氏にお話を伺った。

 「前職は大手通信機器メーカーの開発エンジニアです。VoIPやブルートゥースなど、最先端の要素技術を取り入れた開発に携わっていたので、エンジニアの環境として悪いものではなかったと言えるかもしれません。でも、努力してつくった製品が一般の人の目に触れないものだったり、デモ用のものだったりと、自分の開発成果を目で見られないという不満が募ったのです。そこで自然とコンシューマ製品の開発ができる企業への転職を意識しました」。そんな加藤氏は何故PASを選んだのか。そこにエンジニアとしてのスキルの連鎖が見えてくる。

 「正直、パナソニックブランドが好きだったということもありました。でも決め手は、カーナビの開発がしたかったからです。VoIPにブルートゥースを手掛けてきて、カーナビの通信機能強化という進化に、自分のスキルが役立てると感じたからです。またSDカードを介してデジカメなどとリンクしていく方向性に興味をもちました」。
 実際に入社して、前職との違いをどう感じたのかを聞くと、カーエレ開発の特徴が浮かび上がってきた。

 「驚いたのは品質に関するハードルの高さです。例えば電源がバッテリーであり、電源変動が激しいこと。製品の動作保障温度の広さや、振動といった車載ならではの苛酷な使用環境も加わって、安定して性能を発揮させるのがこれほど難しいことだとは思いませんでした。しかし、同僚や先輩方はみんな高い要求をこなしている。レベルの高いところに入ったなと思いました。
 先ごろ、新車を買うためにあるディーラーに立ち寄ったところ、たまたま私が担当した製品についてセールスされました。ディーラーの営業担当者は自信をもって私に勧めてくれます。コンシューマ製品がやりたかった私ですからうれしかった半面、責任の大きさを感じました。ディーラーのセールスを信じたユーザーをがっかりさせてはいけない、と身をもって感じましたね」


加藤氏の転職前後の仕事環境の比較
<転職前(大手通信機器メーカー)>
開発対象が製品化されるとは限らない
業界初の製品(VoIP関連)、先端技術(ブルートゥース)を手掛けるが消化不良
設計した製品に対しての責任を感じにくい
<転職後(PAS)>
社内の他部門や完成車メーカーや部品メーカーのエンジニアとの交流が多い
安全を最優先する設計思想が息づき、保安部品以外でも品質基準が厳しい
今までの技術ノウハウが甘く感じるほど周囲の技術レベルは高い
自分がかかわった製品を見るたびに、製品開発に対する責任を感じる
 
●まとめ カーエレ業界が切望しているエンジニア像とは
  カーエレ大手のPASでは、ソフト・ハード・機構いずれの職種に関しても中途採用意欲が高いようだが、カーエレ業界全体の傾向はどうだろう。そこでリクルートエイブリックのコンサルタント・大原治氏にカーエレ業界の人材市場の動向を伺った。

「カーエレ業界の採用意欲は1年ほど前から盛り上がってきました。現在ではデジタル家電業界と優秀な人材の取り合いです。一般的にはクルマ好きであり、車載製品特有の高い品質基準に立ち向かい、時間をかけて開発や設計に望みたい方はカーエレ分野が向いているといえるでしょう。
 しばらくカーエレ市場はカーナビを中心に発展するようです。今やこのカーナビはPC化がどんどん進み、複雑なパーツで構成される製品となっています。画像処理/表示に関しては元から先端技術が用いられていましたが、現在ではネットワーク端末としての機能を持ち、HDDなどストレージ系も最新の技術が投下されます。メモリーカードの仕様も標準化へ向かっています。こうしたさまざまなデバイスにまたがるソフトウェアの開発は、従来の組み込みソフト開発のやり方では手に負えません。そこで大規模な企業システムの構築プロジェクトを手掛けたプロマネやリーダークラスを採用する動きが各社で見られます」

今回の取材を通して、カーエレ業界が求めるエンジニア像をまとめてみた。


カーエレが切望するエンジニア像

 前述の大原氏によれば、人材流動の垣根はほかの自動車関連製品より低く、さまざまな分野からエンジニアがカーエレ開発に流入しているとのこと。技術者派遣の会社からの採用も見られるが、この場合は提案力がありスキルを磨き続けていた方に限られるようだ。PASの採用動向でも見えてきたことだが、完成車メーカーとの共同開発で、言われたままの仕事をこなすのではなく、積極的に課題解決案を提案していくような人材が期待されているのだろう。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

このレポートに関連する求人情報です

仕事の概要
「くらし」をつくるパナソニック製品(車載製品・デバイス・ロボティクス等)の機械・機構設計
対象となる方
機構・構造設計又は光学設計経験者★家電、車載、FA製品等幅広く経験を活かせます/高専卒・大卒…
勤務地
神奈川・群馬・滋賀・三重・大阪・富山・島根※勤務地はご相談の上で決定します
年収例
950万円/管理職(月給58万円)   750万円/係長(月給38万5500円+諸手当)  …

パナソニック株式会社 ◎東証一部上場

募集職種電気・回路設計開発(ロボット家電・空調機器等)

  • 正社員
仕事の概要
パナソニック製品の回路設計★ロボット家電・空調機器をはじめ、BtoCからBtoBまで幅広い製品
対象となる方
電気・回路設計開発経験者★家電・車載・FA製品など幅広くご経験を活かせます/高専卒・大卒以上
勤務地
大阪・岡山・東京・富山・滋賀・群馬※勤務地はご相談の上決定
年収例
950万円/管理職(月給58万円)   750万円/係長(月給38万5500円+諸手当)  …

パナソニック株式会社 ◎東証一部上場

募集職種組込・制御設計エンジニア(ロボット家電・産業用設備等)

  • 正社員
仕事の概要
パナソニック製品(ロボット家電・エアコン・産業用設備等)のソフトウェア設計開発(組込・制御設…
対象となる方
ソフトウェア開発経験(組込・制御)★家電、車載、FA製品など幅広く経験を活かせます/高専卒・…
勤務地
滋賀・群馬・大阪※勤務地はご相談の上で決定します
年収例
950万円/管理職(月給58万円)   750万円/係長(月給38万5500円+諸手当)  …

パナソニック株式会社 ◎東証一部上場

募集職種材料開発・先行技術開発

  • 正社員
仕事の概要
パナソニックのものづくりを支える材料開発・先行技術開発
対象となる方
材料開発経験者(電池開発または磁性材料開発経験者は歓迎)★異業界出身者が活躍中/高専卒・大卒…
勤務地
大阪・兵庫・徳島・福島・三重・山口※勤務地はご相談の上で決定
年収例
950万円/管理職(月給58万円)   750万円/係長(月給38万5500円+諸手当)  …

パナソニック株式会社 ◎東証一部上場

募集職種生産技術(自社製品の生産工程・設備設計、プロセス改善)NEW!

  • 正社員
仕事の概要
世界に誇るパナソニック製品を生み出す生産技術業務(自社生産設備開発・プロセス開発)
対象となる方
生産技術または工法開発経験者◆製品不問、業界未経験者も歓迎/高専卒・大卒以上
勤務地
兵庫・山口・大阪・福島・石川※勤務地はご相談の上で決定
年収例
950万円/管理職(月給58万円)   750万円/係長(月給38万5500円+諸手当)  …

このレポートに関連する企業情報です

エレクトロニクス関連機器(情報機器・通信機器・計測機器等)、家庭用電化機器、住宅関連機器及び産業用機器等の開発・生産・販売・輸出続きを見る

あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
山田せいめい(総研スタッフ)からのメッセージ
「メカトロニクスからエレクトロニクスへ」今回の取材を通して、あらためてその言葉の意味を実感しました。クルマが他の家電製品と同じような存在になるのかと思うと、車好きの私としては、より安全で便利になる一方、メカニック的な要素が消えてしまう寂しさもあって、何か複雑な心境になりました。

このレポートの連載バックナンバー

人気企業の採用実態

あの人気企業はいま、どんな採用活動を行っているのか。大量採用?厳選採用?社長の狙い、社員の思いは?Tech総研が独自に取材、気になる実態を徹底レポート。

人気企業の採用実態

このレポートを読んだあなたにオススメします

自動車エレクトロニクスの常識を変える〜異業界エンジニアも歓迎

次世代環境対応車を創る!デンソー技術者採用の舞台裏

人気企業の採用実態自動車部品サプライヤー業界における圧倒的なシェアとブランド力を誇るデンソー。環境負荷の少ない次世代の車づくりに向け、パワーエレク…

次世代環境対応車を創る!デンソー技術者採用の舞台裏

Dr.スカウトがこっそり教える 企業が今スカウトする専門スキルはコレだ!

自動車業界が欲しがる技術はソフトから素材まで全分野

企業が求める経験、スキルを業界別に分析する企画の第二弾として、自動車業界の人材ニーズを伝えていく。実は「自分には関係の…

自動車業界が欲しがる技術はソフトから素材まで全分野

リストラ、提携、再編成、技術の空洞化…内側から見た現実

製造業はどうなる?メーカー技術者400人の声・前編

日本の製造業が危機的な状態に陥っている。自動車は回復基調にあるが、家電と半導体は戦後最悪とも呼べる状況だ。製造業の要と…

製造業はどうなる?メーカー技術者400人の声・前編

カーエレクトロニクスの進化を牽引するデンソーが次に目指すもの

デンソーのデバイス技術トップが明かす次世代事業戦略

人気企業の採用実態カーエレクトロニクスの進化を牽引するデンソーは、車載用半導体をプロセス開発から自前で行っていることでも知られる。同社の…

デンソーのデバイス技術トップが明かす次世代事業戦略

入社数ヶ月の転職者が世界最大のプラズマTVを生み出した

松下電器350人採用は学歴不問・実力重視・異文化歓迎

人気企業の採用実態デジタル家電の盟主として、松下電器産業の世界での存在感はこれまで以上に高まっているが、それを支えるのが中途採用エンジニアたち。今…

松下電器350人採用は学歴不問・実力重視・異文化歓迎

スキルや経験はよさそうなのに…(涙)

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

オファーが来る人、来ない人の差って何だろう?過去にスカウトを利用したことがある企業の採用担当者55人の声をもとに、「惜しいレジュメ」の特徴を…

人事が激白!悩んだ挙句、オファーを出さなかった理由

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP