• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室 解析テーマ レーシングカー開発

ホンダやトヨタのF1参戦などでモータースポーツの人気が上昇。それに伴ってレース界の
エンジニア需要が急増している。車体やエンジンの設計だけでなく、パーツ開発やロボット制御、
無線技術など門戸は幅広い。厳しい世界でトップエンジニアを目指したい。
(取材・文/伊藤憲二 総研スタッフ/高橋マサシ) 作成日:04.08.04
レーサーやチームと一緒に世界最速マシンを生み出す
業界事情
 2004年のF1グランプリ第9戦、アメリカのインディアナポリスサーキットで佐藤琢磨選手が3位に入賞。日本人として14年ぶりに表彰台に立った。F1のみならずインディ、WRC、ル・マン24時間耐久など、世界のモータースポーツで日本人や日本チームの進境が著しい。
 モータースポーツの要となるのが、レーシングカー開発だ。勝てるクルマづくりには、長年の技術ノウハウが必要だが、それだけでは現代のレースを勝ち抜くことはできない。今日のレーシングカーはハイテクの塊なのだ。

 フォーミュラカーなら、ボディーをフルカーボン複合材でつくるのは当たり前。重量を増やさないでどれだけ強度を上げられるかが勝負どころだ。もちろん素材だけでなく、エンジンの各システム、サスペンションの油圧部品、ブレーキなどクルマの構成部品すべてにおいて、設計から開発まで、0.01秒のタイムを削るための熾烈な戦いが演じられている。
 また、レーシングカー開発は、自動車メーカーやレース専門のファクトリーだけのものではない。一般的な自動車部品メーカーや、複合材、金属、タイヤを含む高分子化学関連企業など、実に多くの企業がレースにかかわっている。中にはデータ収集や即時対応の必要性から、レースに自社のエンジニアを派遣するところもある。

 レースは、0.01秒を削るため、ドライバーとエンジニアが共同で死闘を繰り広げる世界。マシン開発には技術水準の高さだけでなく、開発スピードも要求される。まさにR&Dの極致といえる世界であり、レース界のカリスマエンジニアになれるチャンスさえある。挑戦する価値は十二分にあるといえよう。


採用動向
 モータースポーツは市場規模をうんぬんする世界ではないが、企業が投じる資金や開発リソースはかなりのもの。モータースポーツは企業にとって、利益を出すというよりは、技術力を誇示したり、イメージアップを図ったりする格好の場だからである。
 そのためにエンジニアの募集も盛んである。自動車関連企業の中には、モータースポーツ部門が常設されているところもある。そのため、そういった企業に入社し、たとえ希望部署に配属されなくても、その後に配置転換をアピールするなどの手もある。リクナビNEXTでは「レーシング」で検索するのがよいだろう。

 求められるスキルは幅広い。まず応用範囲が広いのは、流体力学。マシンの空力特性はもちろんのこと、エンジン内部のオイル撹拌、エンジンの吸排気、燃料供給、ショックアブゾーバーなど、クルマと流体力学は切っても切れない関係にあるからだ。
 機械設計の経験はもちろん重要だ。マシン開発ではCAD/CAMによるデザイン、構造力学、材料など。パーツの開発では、電装系なら組み込みOS、回路設計、デバッグなど。機械、部品系は設計のほか精密加工技術、金属および樹脂材料など。トランスミッションであれば回路、油圧制御、機構設計などだ。 これら以外にも、生産系シミュレーションやロボット技術などは、自動車分野以外の人材でもスキルをすぐに応用させられるものが多いため、即戦力として重宝されるだろう。

 レーシングカーやレース部品の開発は、毎日が直接的な戦いの連続である。自分の努力と才能は、マシンの状態やレースの結果という明確な形で返ってくる。厳しい世界であることは間違いないし、限られたエンジニアしかトップレベルのフィールドには立てない。しかし、人一倍の充実感が得られる仕事である。


  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

求人トレンド解析室

やっぱりオモシロイ!といえば研究開発職=R&D。次世代を担う新技術をキーワードに最新の業界事情と採用動向を解析します。

求人トレンド解析室

このレポートを読んだあなたにオススメします

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

工作機械/日本のお家芸に“次世代型”が次々に誕生!

求人トレンド解析室日本の製造技術の高さを支えてきた、工作機械の技術進化が止まらない。ナノスケールのNC、金型レス加工など、独創的なテクノ…

工作機械/日本のお家芸に“次世代型”が次々に誕生!

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

直噴エンジン/ガソリンエンジン直噴化の波を先取り

求人トレンド解析室自動車用エンジンのトレンドとなっている「直噴」。既にディーゼル分野では直噴が大勢を占めているが、ガソリンエンジンも直噴…

直噴エンジン/ガソリンエンジン直噴化の波を先取り

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

航空機開発/エンジニアの夢を自分でつくってみないか

求人トレンド解析室多くのエンジニアが一度は夢見る航空機開発。ホンダがビジネス機サイズのジェット機の試作、初飛行に成功というニュースが駆け…

航空機開発/エンジニアの夢を自分でつくってみないか

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

ロケット開発/H2-A型7号機打ち上げ成功で復活の兆し

求人トレンド解析室H2-Aロケットの打ち上げ成功で、日本の宇宙開発が再び動き始めた。当面は国内の衛星打ち上げを中心としながら海外への売り…

ロケット開発/H2-A型7号機打ち上げ成功で復活の兆し

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

低公害ディーゼルエンジン/究極の内燃機関への期待!

求人トレンド解析室世界中で開発競争が繰り広げられている、低公害ディーゼルエンジン。日米欧の3大市場で間もなく実施される厳しい排ガス規制へ…

低公害ディーゼルエンジン/究極の内燃機関への期待!

IT業界、生保業界…7人の人事に聞いたウラ事情

人事担当者が告白!転職者の給与はこうして決まる

「前給考慮」「経験能力に応じて優遇」などは募集条件でよく見る言葉。でも前給や経験能力を、具体的にどう考慮して給与を決め…

人事担当者が告白!転職者の給与はこうして決まる

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP