• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
卒業N年目の転職事情 東北大学大学院'96年春卒・U氏(34歳)金属研究で著名な東北大学で学び、住宅建材メーカーから夢の自動車関連へ
学生のころに夢見ていた仕事も、実際にかなえられる人はわずか。今回のUさんも、東北大学で研究したアルミ加工技術を生かして、自動車業界への就職を希望したが、厳しい採用状況の前に一度は夢を断たれた。しかしそれから数年後……。
(取材・文/綿谷禎子 総研スタッフ/山田せいめい)作成日04.06.02
写真提供:東北大学
PROFILE
エンジニアリングコンサルティング会社
CAE解析エンジニア
Uさん(34歳)
神奈川県出身。金属に興味をもち、1年浪人して東北大学に入学。住宅建材メーカーに就職するも、今年3月に転職。主に自動車の解析シミュレーションを行うエンジニアリングコンサルティング会社でシステムエンジニアとして働く。
東北大学大学院 工学研究科修士課程 '96年春修了生の進路状況
図
就職難がますます激化し、企業が新規採用を控えていた'96年春卒業生の就職時期。とはいえ研究第一主義と実学重視を掲げる東北大学では、修士課程修了生の56%が製造業に就職を果たした。この割合は毎年ほぼ同じで、2003年度の卒業生においても59%が製造業に就職していることから、就職難の影響はさほどなかったものと思われる。博士課程に進む人もいたが、学生の大半が就職を選択。製造業では金属、機械、自動車が主な進路で、Uさんが進んだ住宅建材メーカーは、業種分類で非鉄金属(金属製品)業になる。
アルミの研究に明け暮れた3年間 金属の研究開発を夢見て就職活動
   今年3月、住宅建材メーカーからエンジニアリングコンサルティング会社に転職したUさん。彼の転職には、東北大学や大学院時代に研究したことが大きな影響を与えている。
「親が鉄鋼会社に勤めていたこともあり、ずっと金属に興味をもっていました。だから金属の研究では全国有数の東北大学に入学したんですよ。工学部と工学研究科では、一貫してアルミの押し出し加工について研究しました。アルミは加工しやすく、合金や熱処理で強度を高くすることができるので、家電製品やインテリア、車など、いろいろなアイテムに活用できます。鉄よりも用途がたくさんあるので、自分の研究を世に生かしたいという夢をもっていましたね」

 大学院への求人は、主に金属、機械、自動車メーカーなどで、Uさんは学校推薦で住宅建材メーカーに就職。在学時に友達によくノートを貸していたというほど、まじめで優秀なUさんだけに、第一、第二希望はほかの学生に譲ったものの、第三希望で推薦を得られた。

「4月から就職活動を開始して、5月の半ばに内定をもらいました。1社目の学校推薦で決まったので、さほど苦労はしませんでしたね。本当は自動車メーカーに行きたかったのですが、その当時はバブル後の影響で採用を控えていた時期でした。その影響からか、学部のときには推薦があったのに、修士のときはなかった会社もありました。同じ研究科の仲間は主に製造業に就職したものの、後々、自動車業界に転職した人も多かったようです。ちょうど2年くらい前に東北大学時代の担当教授の還暦祝いがあって、20人くらいの仲間が集まったんですが、そのうち3人は自動車メーカーから別の自動車メーカーに転職していました。そんな話を聞き、転職が当たり前の業界だと感じました。そのときは意識はしていたものの、まだ具体的な転職活動をしていなかったのですが、今から思えばもっと詳しく話を聞いておけばよかったですね」
夢がかなわないことを知ったあとも転職に有利な経験を積むため努力
   Uさんが転職を意識したのは2回。最初は入社3年目のときで、生産管理システムのプロジェクトが終了したころだ。
「就職した住宅建材メーカーでは、新人は最初、生産現場の工場に配属されるんですよ。ここを何年で出られるかがキーポイントになっていて、幸い私は1年で生産管理システムのプロジェクト担当になることができました。このプロジェクトでは主にシステムの操作マニュアルを作っていたので、この仕事で学んだシステム系のコンピュータ知識がのちのCAEに役立ちましたね。でもこの仕事(生産管理)も私がやりたいことではなかったので、ずっと研究所への異動願を出していました。そんなとき、ふと転職フェアに行ってみたんですよ。まず職務経歴書を記入するのですが、私の職務経験はいずれも1年未満のものばかりで、アピールにならない。当時の私には職務経歴書に書ける内容がまったくなかったんです」

  転職フェアの一件で、同じ業務で3年以上の経験が必要だと感じたUさんは、その後、ねばり強く経験を積むことに。
「研究所への異動は入社4年目でかなえられたのですが、そのときにはもう自社で材料の研究を行っていませんでした。研究開発の部分は専門の業者にまかせて評価を行うだけ。だからこの会社で金属(アルミ)の研究はできないんだと認識しました。唯一の救いはちょうどその時期に、CAEプロジェクトが発足したことですね。CAEは東北大学時代の研究室でも、塑性加工シミュレーションをやっていた人もいてなじみがあったので、すぐに参加を希望しました。これからの製品開発プロセスにCAEはますます利用されるだろうと思い、この部署で経験を積むことにしたんですよ」
経験を積む余り年齢がギリギリに 満を持しての転職で可能性が広がる
   33歳が公務員募集のリミットになっていることと異業種への転職のため、Uさんも33歳を区切りに考え、それまでに転職できなければこのまま今の会社で仕事を続けようと決めていた。そして満を持しての転職活動。結果はその3カ月後に出た。
「転職支援サイトに登録するなど、コンサル会社2社を使って転職先を探しました。転職先は製造業のCAE活用をリードし、また学生のころから希望していた自動車関係。2社の面接に受かり、一般製造業向けの受託解析サービスへの進出とビジョンが明確で、年収が50万円高かった現在の職場を選びました。私が東北大学のときにやっていたアルミ加工の研究は、ほかの金属の加工シミュレーションにも使える部分が多いんですよ。今の会社では主に自動車材料の解析シミュレーションを行うので、東北大学で培ったことがこれからの私に、いろいろな可能性を与えてくれるでしょうね」
東北大学大学院 工学研究科修士課程 '96年春卒 U氏の卒業後の転職事情
  卒業・就職時 異動後 転職後・現在
給与・待遇 月給約30万円以上
(深夜勤務手当などあり)
月給約30万円
(残業手当20時間まで)
月給約33万円
(残業手当あり)
地位・役職 なし なし 主任
仕事内容 工場で現場作業員。 CAEを使った開発業務。 主に自動車の解析シミュレーション。
仕事環境 24時間、3交代制の勤務で休みが不規則。新人は誰しもこの経験をするが、イヤでたまらなかった。 上司はパソコンのこともよくわかっておらず、業務を行うために翻弄。人材の補充も認めてもらえなかった。 上司の理解度もあり、相談などにものってもらえる。スタッフのレベルも高く仕事がとてもやりやすい環境。
やりがい とにかく早く工場の作業員から抜け出なければと必死だった。 研究所に配属されるも、希望していた金属の研究はもう行っていなかった。 今後、発展していく解析シミュレーションの仕事にかかわることができる。
私生活 三重県で勤務。車を購入し、休日には付近の観光スポットに出掛けた。 千葉県で勤務。会社の近くでひとり暮らし。(車で20分程) 神奈川県で勤務。職場は実家から車で1時間程度の場所。
将来展望 3年我慢して工場勤務から変わらなかったら辞めようと決めていた。 33歳までに転職できなければ、ずっとこの会社で働こうと決める。 大学で学んだことと今までの職務経験から、いろいろな可能性を模索中。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
山田せいめい(総研スタッフ)からのメッセージ
私自身、大学時代に専攻していた学問に関連した仕事を夢見て就職活動した経験があったので、今回のUさんのお話には、共感できるものがありました。今回、夢を実現した大きな要因がアルミに対するひたむきな熱意であることは、Uさんのお話から痛いほど伝わりました。ちなみに私の専攻していた学問は・・・「エンジニアの研究」、ということにしておいてください。

このレポートの連載バックナンバー

出身大学でみるエンジニア転職談

大学の同窓生は今どうしているのかと思い出すことはありませんか? 卒業当時の就職事情から転職体験談まで、出身大学別に追跡分析しました。

出身大学でみるエンジニア転職談

このレポートを読んだあなたにオススメします

卒業後N年目の転職事情

九州工業大学'96年春卒・O氏(31歳)

出身大学でみるエンジニア転職談幼いころからSEに憧れ、充実の設備を誇る九州工業大学に入学したOさん。しかしSEになってからの目標設定が自分にはないこ…

九州工業大学'96年春卒・O氏(31歳)

卒業後N年目の転職事情

東京理科大学理学部‘96年春卒・N氏(31歳)

出身大学でみるエンジニア転職談ひと口に転職といっても、その意味は人によってさまざま。キャリアアップして大きく羽ばたくために転職する人もいれば、今まで…

東京理科大学理学部‘96年春卒・N氏(31歳)

卒業後N年目の転職事情

早稲田大学政経学部‘96年春卒・S氏(30歳)

出身大学でみるエンジニア転職談小学生からパソコンを使い始め、中学ではゲームをプログラミングしていたSさん。大学受験では予想に反して早稲田大学の政経学…

早稲田大学政経学部‘96年春卒・S氏(30歳)

卒業後N年目の転職事情

東京工業大学工学部‘85年春卒・Kさん(41歳)

出身大学でみるエンジニア転職談真空管からICに変わる変動期に就職し、製造技術のエンジニアとしてICの開発に携わったKさん。その技術を武器に一流企業へ…

東京工業大学工学部‘85年春卒・Kさん(41歳)

技術者派遣会社から憧れの自動車メーカーへ

技術者派遣会社から憧れの自動車メーカーへ・32歳

エンジニア☆マル秘転職活動記技術者派遣の会社から自動車メーカーに出向して活躍していたM・Iさん。しかし、会社側の都合で事務職に配置転換されてしまう…

技術者派遣会社から憧れの自動車メーカーへ・32歳

やる気、長所、労働条件…人事にウケる逆質問例を教えます!

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

面接時に必ずといっていいほど出てくる「最後に質問があればどうぞ」というひと言。これは疑問に思っていることを聞けるだけで…

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP