• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室 人工衛星

通信、気象、GPS――多くの分野で人工衛星のニーズが急騰中だ。
日本で準天頂衛星システムの試験が行われたのをはじめ、次世代人工衛星の開発が活発化。
人工衛星ビジネス専門のベンチャー企業も登場している。宇宙に夢を馳せた人には、今がチャンスだ。
(取材・文/伊藤憲二 総研スタッフ/高橋マサシ) 作成日:04.05.26
宇宙空間に向けてエンジニアの夢を打ち上げろ
業界事情
 人工衛星ビジネスが今、大いに脚光を浴びている。今年2月には国土交通省が複数の静止衛星を使って日本上空に衛星を常駐させる「準天頂衛星」システムの実験に成功。現在はアメリカの測位衛星からの情報に頼っているGPSをはじめ、次世代移動体通信・放送を実現する技術として注目されている。
 また、気象用、通信用など既存の人工衛星の多くが、老朽化などが理由で今後はリプレース需要も増える見通し。経団連は世界の宇宙産業で2010年の市場規模を、宇宙機器産業9.8兆円、宇宙利用産業30.4兆円、計40.2兆円と推計している。人工衛星がその中核ビジネスのひとつになることは間違いない。

 人工衛星の需要の高まりを見込んで、従来は重電やプラントを主力としていた重工メーカーが、次々と宇宙産業の拡充を表明。さらに準天頂衛星の打ち上げを目指すベンチャー企業が設立されるなど、小資本でも技術特化型の企業が続々と参入を計画中だ。
 高い技術力をもつ中小企業が多数集まる東大阪では、独自の人工衛星「まいど1号」のため、東大阪宇宙開発協同組合が結成された。「夢を打ち上げるんやない。夢で打ち上げるんや」というキャッチフレーズのもと、2005年の打ち上げが予定されている。

 IT網や放送網の整備、地球・天文観測など、人工衛星のニーズは、技術の進化とともにどんどん高まってきている。技術自体がまだ過渡期にあり、自らのアイデアが次世代機の開発を直接左右する人工衛星開発は、まさにR&Dの極致といえる。その新天地で自らの創造性を大いに発揮してみないか。


採用動向
 未来技術と考えられがちな人工衛星だが、求人は現時点で既に始まっている。リクナビNEXTでは、「人工衛星」をキーワードに検索をかければ求人情報をキャッチできる。
 もっと広汎に「宇宙」でヒットした企業のなかにも、人工衛星開発も手掛ける企業が少なくない。その場合は、業務内容や募集要項をチェックしながら探したい。

 人工衛星開発に必要とされるスキルは幅広い。主に衛星の本体そのものや搭載機器を作るハードウェアと、姿勢制御や搭載機器をコントロールするソフトウェアの2つに大別される。
 ハードウェアでは衛星本体の性能向上を図るための材料開発、構造力学、また設計を実機に確実に生かすため、CADや金型開発などの経験も重宝される。姿勢制御装置などの可動部分では、ソレノイドやモーター、油圧装置などのロボット関連技術が役に立つ。
 衛星の制御をつかさどるソフトウェアも、高いスキルが求められている。OSとしてはRTLinuxが使用されることが多く、Linux全般、また産業用ロボットのプラットホームなど、リアルタイムOSの経験は転職に有利だ。

 人工衛星開発は、1プロジェクトごとに十数億から数百億円の資金が動くビッグビジネス。設計ミスやプログラムのエラーは絶対に許されない、非常に厳しい世界だ。だが、それだけに成功時に得られる満足も、ほかでは味わえないものがある。興味があるエンジニアはぜひ勇気をもって門戸をたたいてほしい。


  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートの連載バックナンバー

求人トレンド解析室

やっぱりオモシロイ!といえば研究開発職=R&D。次世代を担う新技術をキーワードに最新の業界事情と採用動向を解析します。

求人トレンド解析室

このレポートを読んだあなたにオススメします

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

ロケット開発/H2-A型7号機打ち上げ成功で復活の兆し

求人トレンド解析室H2-Aロケットの打ち上げ成功で、日本の宇宙開発が再び動き始めた。当面は国内の衛星打ち上げを中心としながら海外への売り…

ロケット開発/H2-A型7号機打ち上げ成功で復活の兆し

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

自動変速機/自動車の燃費、動力性能向上のカギ!

求人トレンド解析室自動車のコアテクノロジー、オートマチック・トランスミッション(自動変速機)の開発競争が激化している。燃費や動力性能向上…

自動変速機/自動車の燃費、動力性能向上のカギ!

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

ITS/1兆円半ばの巨大市場の交通インフラスタート

求人トレンド解析室ITSは巨額の予算が投じられるインフラ事業である。車載機器はかなり進歩したが、真打ちである道路インフラにおけるプラット…

ITS/1兆円半ばの巨大市場の交通インフラスタート

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

フォトニクス/通信から製造業まで注目度アップ

求人トレンド解析室光を素粒子としてとらえ、そのパワーを利用する技術、フォトニクス。通信素子をはじめ微細加工、MEMS、ストレージなどへの…

フォトニクス/通信から製造業まで注目度アップ

週刊 やっぱりR&D 求人トレンド解析室

風力発電/日本の気候風土に合った“国産”登場

求人トレンド解析室輸入製風車が市場を席巻していた風力発電業界だが、ついに日本製がお目見えするようになった。風向、風力ともに一定しないとい…

風力発電/日本の気候風土に合った“国産”登場

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP