• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
電網"Tech人"インタビューVol.1「hirax.net」平林 純さんの巻後編
楽しみながら「経験値」を増やして
自分自身が新しくおもしろい状態でありたい
社内で同僚にウケたので公開してみた、という「hirax.net」。リンクや口コミでアクセス数は次第に上昇、いまでは1日1万5000件ほどのページビューがあるという。そこに満ちあふれるエンジニアならではの好奇心は、これからどこへ向かうのか。
(取材・文/森健 総研スタッフ/根村かやの) 作成日:03.10.22
hirax.net(www.hirax.net)
「オッパイ星人の力学」「スクール水着の秘密」など、日常に潜む謎を科学的な手法で検証・考察するコラム『できるかな?』が好評。
平林 純
人気サイト「hirax.net」を運営し、同サイト内でエンジニア的課外活動を精力的に展開 している。Tech総研ブログ上では、「平林純@『hirax.net』の科学と技術と男と女」を掲載中。
 
 
「ミニスカートの幾何学 32cmの攻防編」より。階段の下から見上げたとき、下着が見えてしまう“下着防御ライン”を計算するための概念図。学会で発表したプログラムとは無関係なので念のため
自分の経験値を増やすための考察
 『できるかな?』コラムで行われている考察や実験は、「スクール水着における水の流体解析」や「北斗の拳とフランシス・ベーコンの関係」「アスキーアートでモナリザ」や「モンローウォークにおける動態解析」ときわめて間口が広い。
 「ぼんやりしているときや飲み会の席などで使えるネタを見つけることもある。出張のときの新幹線のなかでコラムを書くこともある。ときどきオチには苦労しますけどね」

 こうした考察のなかには、書く前になって勉強したものも少なくない。スクール水着での流体計算などは疑問がわき上がってから習得したものだ。こうした努力は一切苦ではなく、むしろ楽しみのひとつだ。
 「要するに、経験値が増えるわけですよね。それによって新しいプログラムが書けるようにもなるし、自分のスキルが増える。しかも、自分が楽しみながら」
 それがコラムを続けているいちばんの理由かもしれないと付け加える。

 そもそも関心対象は大学時代から広い。大学および大学院時代は「なんでもありの」理学部。地球物理を専攻し、地下の地殻の歪みの画像計測などを研究した。その土台に、趣味の写真が加わって、現在の就職先を選んだ。
『できるかな?』発のプログラムを学会発表
 「会社でも『hirax.net』に関してはポジティブに受け入れられている。それはうれしいですね」

 「hirax.net」を続けていてよかったことのひとつは、このサイトをきっかけとして、多くの技術者や研究者に出会えたことだ。
 「日本画像学会などで初めて会う人から、『あぁ、あの平林さん』と認識される。逆に僕がその方のウェブサイトを見ていることもあり、お互いに結びついていることも多い」
 いわばサイトが名刺代わりになっているわけだ。コラムをきっかけに開発したプログラムを学会でも発表して、高評を得てもいる。

 コラムに見られるような広範な好奇心であれば、大学院からそのまま学術の世界に留まっても不思議ではない。しかし、その点については、進学か就職か迷ったのは事実と認めつつも、むしろいまの選択に満足していると平林さんは言う。
 「大学にいるとひとつの分野の研究しかできないけれど、いまの会社だと新しくて、おもしろい部分を追求できる。でも、会社の都合でぜんぜん違う部門に移されてしまったりしたら……、わからないですけどね。やっぱり自分自身がおもしろい状態でありたいですからね」

 いまも(若干ペースは落ち気味だが)コンスタントにコラムをアップする「hirax.net」だが、先行きのことは未定だ。
 「どうなっていくんでしょうね(笑)。まぁ、流れるままに」
■インタビューを終えて
 淡々と話す口調は、まさにコラムの文体さながら。「なんだろう?」と思うことを楽しみながら科学的に追求していく姿勢に、物事を細分化して検証していく理系魂を感じました。また、周囲に理解者がいることも幸せな環境。ぜひとも長く続けていってほしいものです。(総研スタッフ/根村かやの)
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する

このレポートを読んだあなたにオススメします

電網“Tech人”インタビュー

画像解析を活用?自ら実験する「できるかな?」の魅力

心ひかれるサイトのオーナーを訪ねる新シリーズ。第1回は、「地平線までの距離を計算すると約4km」「画像処理ソフト『美人…

画像解析を活用?自ら実験する「できるかな?」の魅力

エンジニアのための経済学最適インストール

「平均的じゃない人」も経済社会で幸せになれますか?

エンジニアのための経済学最適インストール理系人間だって経済学をわかりたい!ということで、昨年6回にわたって「エンジニアに最適化された経済学」を展開してきた人気シリーズが…

「平均的じゃない人」も経済社会で幸せになれますか?

勝手に開催!Tech総研エンジニアかるた研究会プロデュース

「ろ」論よりコード☆新春エンジニアかるた大会

「年始と言えば、日本の伝統、かるた!」。とは言ってもそこはTech総研、エンジニア的にひとひねりしたものが欲しい!……というわけ…

「ろ」論よりコード☆新春エンジニアかるた大会

hirax.net+Tech総研共同研究】マシンの排熱でもう暑いよ

エンジニア的超緻密計算☆ウォームビズって効果ある?

世間では、ウォームビズというとまず「セーターが売れて衣料品業界に××億円の経済効果」って話だ。でもエンジニアとしては…

エンジニア的超緻密計算☆ウォームビズって効果ある?

電網“Tech人”インタビュー

実生活でおもしろいことをWebで適用できるようにする

「絵伝言ゲーム」「回転寿司占い」「画像の斜めスクロール」などを開発したWebプログラマーらしいハイテク感に、「なにぬね…

実生活でおもしろいことをWebで適用できるようにする

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP