• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
ストーカー三浦のエンジニア生息圏ウオッチング〜第2回新横浜の巻〜
異文化が融合し数々の技術的革新を生み出した地といえば、ローマ。日本では、神戸、横浜、長崎。しかし現代の国際的イノベーターであるエンジニアにとって、ガゼン注目なのが、新横浜だ。今回はその魅力に迫ってみたい。
(取材・文・撮影/ピストン三浦 総研スタッフ/関洋子) 作成日:03.08.20

THANKS! 「新横浜界隈もITをはじめとするエンジニアがたくさん生息している」「技術者人口は首都圏でもかなり高い」──。そんな情報を確かめるべく、生息圏度調査をしてみました。
■新横浜に乱立するハイテク企業マップ


●新横浜とは

1964年10月に東海道新幹線の駅が設置されたことから新横浜の発展が始まった。神奈川県は現在160社以上の外資系企業の日本拠点があり、その約40%弱が新横浜にある。
6月30日(月)晴れ
今日は新横浜を訪ねた。壮観な眺めに圧倒

 第2回は、予告どおり(?)新横浜にやって来た。名前に「新」と付くだけあって、新幹線の開業とともに新しく開発された街だ(詳しくはコラムを見てね)。その昔、せいぜい朝夕の「ひかり」新幹線がポツリポツリと止まり、東京・大阪に急ぐ人にとって「おいおい、何止まってんだよ!」と思われる場所だ。そう思ったあなた、もったいないです!

 というのは駅前にはNEC、富士通、リコー、ローム、CTC(伊藤忠テクノサイエンス)の看板を掲げたビルが列挙する。さながら「新横バレー」といったハイテク都市の様相だ。「う〜ん、これは期待できるぞ」


●生息圏企業ラインアップ

〜半導体関連、CAD/CAM/EDA、IT系企業が乱立〜
新横浜に集積する企業群は半導体関連、CAD/CAM系、ITがそのほとんどを占める。半導体商社、メーカーが多く集まる土地柄、その回路設計に使われるEDAツールメーカー、また組み込みソフト開発企業が多いという特徴を持つ。上のコラムにあるように外資系企業(半導体系、通信系、IT系)の日本拠点も多い。


企業名 事業内容
図研 回路設計用ソフト開発
ローム 半導体設計・開発
ソーワコーポレーション プリント回路設計
PALTEK 半導体・開発支援ソフト販売、設計支援サービス
イノテック 半導体製造装置輸入販売
リアルビジョン 3Dグラフィックス関連のLSI/ボードなどの開発
ベリフィケーション
テクノロジー
ASIC設計
日本ケイデンス・デザイン・
システムズ
EDAソリューションの開発・提供
日本コントロールシステム 画像処理システムや通信制御システムなどの開発
富士通ディジタル・テクノロジ 基幹伝送装置、アクセス系及び交換系装置開発
富士通メディアデバイス 移動体関連デバイスの開発
デンソー工業 電気部品製造(ワイヤ−ハ−ネス)
富士通 通信・情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売
アーム 半導体プロセッサーIPのライセンス業務
企業名 事業内容
システムLSI システムLSIの設計開発
アジレント・テクノロジー 半導体開発
マクニカ 半導体・集積回路の輸入販売
イノマイクロ 集積回路、周辺機器、システム製品の販売
アルティマ 輸入産業用電子部品の販売、開発支援・技術支援
ジェービーエム 3次元CAD/CAMシステム開発・販売
富士通キャドテック EDA、SCM、CAMを中心としたSI
リコー(情報通信研究所) 画像・文書処理、無線、文字認識技術の研究開発
オプティマテック 画像検査システムのソフト開発・販売
HOYA 光学機器向け光学ガラス製品開発
日本エリクソン 移動体通信システムの開発
アイティアクセス 情報機器向けエンジニアリング・ソリューション提供
伊藤忠テクノサイエンス SIに関するトータルソリューション提供
アイ・ピー・ティー・シー IP(Intellectual Property)の流通サービス

横浜アリーナ方面に向かってみる。

 PCが入っていると一目で分かるビジネスバッグを肩からかけた青年、最新の携帯電話を首からつり下げた青年たちが、ワタシのわきを颯爽と通り過ぎる。 なぜかピストンの行くところ最新のテクノロジーの兆しが現れる。この街には、世界とテクノロジーがある、と見た。早速、調査開始だ。

 小走りで後を追う。エンジニアに間違いない。それにしても0.8μmルールに則ったような、規則的な等幅ピッチの歩行が素晴らし〜い。その青年の歩行シューズの内部構造の熱的解析しようと凝視すると、なんとASIC(S)のロゴがその表面実装されていた。恐るべし。追跡すること2分9秒。くだんの青年はR社が入っているビルに吸い込まれていく。

 ふと前方斜め左を見ると横浜アリーナ。そして、横浜アリーナの正面はTECHビル。ここには富士通が入っている。なんとうらやましい。両ビルに所属するエンジニアは横浜アリーナまで、専用通路を使えば3分以内。コンサート開演10分前に仕事を終えれば、ギリギリ間に合うという緊密さだ。
●横浜アリーナ概要

1989年竣工。敷地面積2万6000u、地上5階建て(30m)。最大収容人員は1万7000人。用途に応じて客席を自由に変形させることができるため、自在なステージング、演出を実現する。8月23〜25日は「ディズニー・オン・アイス」、9月10、13、15日は「ユーミンスペタクル シャングリラ2」開演予定。

そろそろ12時。横浜エンジニアのお昼ご飯事情を観察した。

「腹が減っては戦はできぬ」──。ことわざにもあるとおり、まず、エンジニアの第一の欲望「エネルギー充填欲」の充実度から調査を開始。

 午前11を過ぎると街のあちこちで、色とりどりのパラソルが開く。正体はお昼のランチ戦争の主役「街頭お弁当売り」だ。見ればエンジニアニーズに合わせた10種類以上のお弁当がラインアップ。しかもおかず(10種)とご飯(5種)が個別にオブジェクト化されたものもある。価格はどれも500円。もちろんオプションのみそスープは無料だ。

 しかしこの数ある弁当を購入するエンジニアの品定め速度は非常に素早い(ピストン三浦手動計測 0.5秒/人)。どんどん、お弁当は売れていく。どうやら新横浜エンジニアは「500円お弁当派」が主流。大半がお弁当を下げて、またビルに戻っていく。

 お食事する場所も、天気がよければ近くにある公園やオープンカフェも考えられ、都心にはない開放感が味わえる。なお、午後1時近くになるとお弁当は400円となる。大食漢のエンジニアなら、それを狙うのもいい。

 24時間営業のインターネットカフェ&漫画喫茶や癒し系サウナ、さらには中華からエスニック、フレンチまで多種にわたるレストランも充実。外資系企業が多いのだろう。アメリカをはじめフィンランド、インド、シンガポール、中国からのエンジニアも数多く検出され、インターナショナルな雰囲気を醸し出している。さすが、横浜に新が付くだけのことはある。

ランチデートも可能な新横浜エンジニア。

 エネルギー充填欲を満したあとは「散歩」だ。エンジニアにとって散歩は独創的な発想の原点。かのリナックス開発者リーナス・トーバルズさんも趣味としている。

 新横浜ではオフィスとユーティリティー環境が接近しており、手軽に食後デートが実行できる。この日は梅雨の晴れ間とあって数組のエンジニアカップルが鶴見川沿いの公園で「愛の開発環境」について熱く語り合っていた。遊歩道では優しく彼女をエスコートする姿も見られ、うらやましい。なお、新横浜の企業ではIDカードを下げたまま外室するのがデファクトとなっている。当然、社名と名前は丸見えなので、出会いを求めるエンジニアには朗報だ。中には、昔、会社でなんのきなしに撮影した素顔の写真もカードに写しだされているので、普段着?な付き合いがここから始まるかもしれない。

エンジニア生息圏の特徴を色濃く反映する書店を訪ねる。

 エンジニアの第二の欲望は「CPU増強欲」。それには新横浜エンジニアの御用達の書店、駅アリーナ口ロータリー前の文教堂が最適だ。「文教堂はどこですか?」と街を歩いていた3人組のエンジニアに聞くと、0.01秒もたたずして「駅前にある横浜銀行の横です」と即答。うーん、素早い。

 ここは、秋葉原の技術系専門店をしのぐ品ぞろえで2階フロアーの4分の3を技術関連書籍・雑誌で埋め尽くしている。

 階段を上がってすぐの平積みコーナーはCGやDTPなど、グラフィック関連の書籍や雑誌。中でも目を引いたのが『人体のしくみ』。これは月刊『CGWORLD』の連載を加筆・修正した人体構造のデータベース。骨格と筋肉、関節などの部位ごと、動きごとに詳細な図解と解説がある。なるほど、確かに新横浜にはCADや画像関係の開発会社が多い。そういえば、CADメーカーとして有名な図研やケイデンスは新横浜を拠点としている。

 もうひとつ「新横浜」ならではの特徴を発見。『横浜ベイキットオフィシャルガイド〜オープンソースXMLプロジェクト完全解説』だ。「横浜ベイキット」とは、オープンソースのXML関連ソフトウェアを開発する非営利団体。メンバーはみな、どこかの企業のエンジニアで、時間があいたときに横浜ベイキット向けの開発や作業を楽しんでいるとのこと。「横浜」エンジニアの意識レベルの高さがうかがえる。

 残りの4分の1はコミックが置かれている。普通のものから、目が大きく短いフリルのスカートを身につけたキャラクターものまでカバーする範囲は広大だ。

 しかし、ここでも面白い現象が。実は普通のコミックスの棚の対極に、アダルトなグラビア、マニア系キャラクターCD-ROMや雑誌コーナーが設置されている。しかも振り返れば、ブルーバックス。そこにはノーベル賞受賞の小柴昌俊教授の『ニュートリノ天体物理学入門─知られざる宇宙の姿を透視する』も……。マニア系キャラクターにノーベル賞。この絶妙な取り合わせがうれしい!?。

 コミックを読むエンジニアは逆境に強いと、経済アナリストの森永卓郎さんも太鼓判を押しているので、積極的な読破が望まれる。

PCショップの充実ぶりは秋葉原マニアも納得の品ぞろえ。

 エンジニアならPCショップの充実ぶりで、知的エントロピーの増減が左右されてしまうもの。だがこの街では「減」の心配はない。新横浜の訴求力は素晴らしく、家電全般とデジカメ・パソコンには「ビッグPkan」がこたえてくれる。

 さらに環状2号線大倉山方面には「PC DEPOT」。70台の駐車スペースと23時までの営業は魅力的。3階には最新マザーボードやCPUも豊富な品ぞろえをみせ、自作派を満足させる。車通勤派にはうれしい配慮だ。

「そうだ京都に行こう」も1時間59分。

 新横浜は出張環境も優れている。「のぞみ」に乗れば、ハイテク都市京都まで1時間59分。そういえば「ローム」ほか、関西に本社を置く企業の姿も多い。最近、新横浜に停車する「のぞみ」は1時間に2本とかなり便利。ハイテク企業集積度の高さによる駅の重要性をJRも見逃せなかったのだろう。

 お土産も充実している。ご当地アイテム「グリコジャイアントプリッツ えびちりソース」はえび風味にピリッと甘辛いソースが決め手。これできっと、関西女子のハートをわしづかみできるはずだ。

 ビールのお供に最高なのはすでに私ピストン三浦が関西出張で検証済み。なぜかポスターでは鉄腕アトムがにっこりと推奨している。

新横浜の魅力ポイント。その1.ラーメン博物館。
●新横浜ラーメン博物館概要

1994年オープン。「全国各地のラーメンを飛行機に乗らずして食べられる」ことをコンセプトに設立。札幌ラーメン「すみれ」、東京ラーメン「勝丸」、家系のエース格横浜ラーメン「六角屋」などのレギュラー店以外に、期間限定ご当地ラーメン店で構成。内装は昭和30年代の町並みを再現。

 ラーメン博物館は日本を代表する食文化を後生に残すために開設され、いまやアジアからの観光客にも人気のスポットとなっている。休日ともなれば人気店には長蛇の列ができ、入り口近くまで延びることも珍しくないという。

 館内は今、流行の昭和30年代の町並みをリアルに再現。駄菓子店には海洋堂のおまけ付き「新タイムスリップグリコ」も用意されている。「ウルトラマン」「バルタン星人」から「YS11」までエンジニアでなくとも手中にしたいアイテムが目白押しだ。ちなみにピストン三浦がゲットしたおまけはウルトラマンシリーズの「地底怪獣」と「ナショナル角形噴式電気洗濯機」だった。

 ふと穿孔カードでバッチ処理していた時代が懐かしく思い出された。「あのころはPCなんてなかったなあ」──。食したのは旭川ラーメン。うまかった。


その2.横浜国際競技場に行ってみる。
●横浜国際競技場概要

1998年3月竣工。敷地面積16万4054u、客席数は国内最大の7万2327席。すべて個席で前席との間は90cmとゆったりサイズ、ドリンクホルダーも完備。フィールド内の様子は自動走行カメラにより両サイドに設置された大型映像装置に映し出される。また臨場感をさらに盛り上げる528台のスピーカーを設置。フィールドでプレーする選手との一体感を感じられる設計となっている。

 横浜国際競技場は「2002FIFAワールドカップ」の決勝が行われたところ。それを証明するモニュメントも正面入り口前に設置されている。現在は横浜F・マリノスのホームグラウンド。サッカー観戦で仕事のストレスも発散。そんなことが簡単にできるのも、新横浜エンジニアならではだ。

 併設するプールでは、スレンダーな姿態を競技用水着につつみ、等幅なピッチでストロークを重ねるエンジニアの妻(確信的予測?)も見受けられる。プール付き一戸建てに済む住むシリコンバレー・エンジニアの妻(?)さながらのシーンが現実のものとなっている。


その3?ハイテクア○ホを訪ねてみた。

●特許も取得済み、
ハイテクア○マシーン「愛のゆりかご」


日本はもちろん米国特許も取得済みのハイテクアマシーン。その正式名称は「愛のゆりかご」。近年のセックスレスを懸念して、体力を使わずに男女の愛を確認できるものを目指して開発したという。100Vの電源で出力400W。双方のイスが前後に振動(0.3回〜1.8回/秒)する。
 訪ねたのは某ハイテク企業の真向かいにある○ホ。さすがハイテク都市新横浜。室内には高速LAN環境が整っている(しかもどこにもそれをPRしていない。ここの従業員にとって、高速LAN環境はすでに当たり前なのだろうか)。

「インターネットを使いたい」といえば、フロントで院生風の好青年がLANケーブルの貸し出しをしてくれる。これさえあればエンジニアは鬼に金棒、ここの場から命令が下せるというものだ。

「Hの解析」については室内に設置されたハイテクマシーン「愛のゆりかご」(コラム参照)が威力を発揮する。この装置は、「1」と「0」の二人が向かい合い「処理速度」を入力。コードに従い着席すれば、あとは自動的に「解」に向かってマシーンが勝手に作動するというもの。「1速」では0.30回/秒、「5速」では1.80回/秒のON・OFFを繰り返し並列処理する。もちろんコンパイラなど不要だ。

 だがこのマシーン、日米の特許を取得した割には発想が古く「愛の数値」を一度実行すると途中で停止できないという宿病をもっている。まれに最高速「5」のスイッチングにおいては、マシーンより試材からの発火も予想され、不足の事態がおこれば開発コード「H」のカットオーバー延長も視野に入れなくてはならない。お互いに注意したいものだ。

 もちろんこんな演算過程にあってもLAN環境と電源管理は別系統で生きており、日常業務のマルチタスクが実現できる。まさにエンジニアの欲望を満たすハイテクア○ホ、一度は行ってみる価値はありそうだ。


新横浜のエンジニア生息圏探索を終えて。

 今回のエンジニア生息圏ウオッチングは、じつに実りが多いものとなった。それはエンジニアが欲するものが身近なところですべて手に入る心地よさだろう。PC・AV関連は「ビッグPkan」「PC DEPOT」。知は「文教堂」。高級感の中で食事をしたければ新横浜プリンスホテル。横浜中華街も市営地下鉄で10分そこそこだ。週末には2時間で京都デートだって楽しめる。

 もちろんハイテクア○ホも忘れてはならない。マンション購入もここなら都心の半額近くで手に入る。ベンチャー企業や新興ハイテク産業がここに集結する理由もここにある。

 まさに新横浜はエンジニアの三大欲望をかなえる街だ。


■今回の生息圏度採点──新横浜(ピストン三浦の直感値)

ファッション気にしなくていい度 25点(駅前に新横浜プリンスホテル、外国人も多い街のため、おしゃれは必要。お昼休み彼女とデートするためにもファッションへの気遣いは欠かせない)
ハイテク企業集積度 93点(特に半導体とCAD/CAM、EDA、ソフトウェア開発企業が多い)
情報集積度 94点(書店の品ぞろえはもちろん棚の工夫もVery Good!! エンジニア人口の高集積度も高評価要素)
通勤快適度 55点(新幹線停車駅でもあり、比較的快適。減点の要因は男性比率が高いこと。ただし激安コインパーキングが多いのはプラス要因)
食環境 98点(なんといっても500円のお弁当は、その内容が充実しているだけに激安だ。ランチ10年戦争は無駄ではなかった)
エンタテインメント度 97点(○ホのLAN環境は秀逸。レストランもフレンチからアジアンテイストまで数は多くないがひととおりあるのがうれしい。気分と相手でスマートに決めよう。ときには横浜アリーナでコンサートも。またスケート場、ボウリング場などスポーツ施設も充実)
LOVEチャンス度 70点(女性比率は少ない。しかしラーメン博物館や横浜アリーナ、横浜国際競技場など、ターゲットが出没するスポットがあるので、趣味が合えばチャンス度は高まる)
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
関洋子(総研スタッフ)からのメッセージ
 今回は新横浜の生息圏度をウオッチ。新横浜在留時間約8時間。見どころが多く、歩き回ったため、次の日は筋肉痛&足にマメができてしまいました。都会と自然が共存しており、かなり満足度の高い地域でした。このレポートでそれが伝えられたでしょうか?
 次回は神奈川を離れ、宇都宮辺りを攻めてみたいと思っています。お勧めの生息圏があれば、ただちに調査を開始しますので、情報をお寄せください。

このレポートを読んだあなたにオススメします

サザン、サーフィンだけじゃない!知られざる成長企業の集積地

エンジニア生息圏ウオッチング〜夏だ!海だ!湘南だ!

夏といえば海。マリンスポーツといえばサーフィン。サーフィンといえば湘南……。そんなサーファーの聖地・湘南は今、成長企業の集積地と…

エンジニア生息圏ウオッチング〜夏だ!海だ!湘南だ!

ストーカー三浦のエンジニア生息圏ウオッチング

エンジニア生息圏ウォッチング【宇都宮の巻】

栃木県宇都宮市。日光東照宮の影響か、近代化、工業化は明治初期から。現在、宇都宮には3つの巨大工業団地があり、全国屈指の…

エンジニア生息圏ウォッチング【宇都宮の巻】

ストーカー三浦のエンジニア生息圏ウオッチング

エンジニア生息圏ウォッチング【南武線沿線の巻】

エンジニアが快適に仕事をするためには、生息圏選びが重要。10年以上、エンジニアとその企業の素顔をフィルムに納めてきた私…

エンジニア生息圏ウォッチング【南武線沿線の巻】

現役エンジニアが技術用語のユニーク解釈を逆推理

渋谷女子高生が新解釈☆モジュールはフランスの都市!!

エンジニアにとって、もはや想定の範囲外ともいえる女子高生突撃インタビュー企画 第二弾。彼女たちの奇想天外な回答をどこま…

渋谷女子高生が新解釈☆モジュールはフランスの都市!!

rm -rf /、grep me、ムーアの法則、技術上等…

こんなTシャツはエンジニアしか思いつかないぜ!夏

素肌の上にぱっと1枚、それだけで外出着にも部屋着にも、時には寝間着にもなるスグレモノ。まさに「夏はTシャツ!」であります。そんな…

こんなTシャツはエンジニアしか思いつかないぜ!夏

こんな時代に人事が欲しがる

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

不景気だから年収が下がるのは当たり前、と思ってはいませんか? 世の中には、こんな時代でも年収が上がり続ける「不況知らず…

年収1000万円超プレイヤーの自己投資術

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP