リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

【トレンドハンターの目】人生の“ねじ”を巻く!あなたの会社に自慢できる社則はありますか?

 あなたの会社に自慢できる社則やユニークな社則はありますか?それはあなたの会社が提供する商品やサービスに直結しているものですか?

 創業76年、東京証券取引所一部上場のねじメーカーの日東精工は、最近『人生の「ねじ」を巻く77の教え』(ポプラ社)を出版しました。同書は、40年に渡り、社員研修や勉強会のために蓄積され、役職レベルに応じて作成された3冊の資料「リーダーハンドブック」「経営幹部のガイドライン」「ザ・プロフェッショナルへの道」をまとめたもの。

f:id:w_yuko:20140617170539j:plain

 多くの企業で生産される乗物や機械の縁の下の力持ち である“ねじ”。会社で共有される顧客ニーズに則った製品づくりや、それを実現するための心構えとは?日東精工の企画室の荒賀誠さんにお話を伺いました。

顧客ニーズで作った「ゆるめられない」「薄い」など個性的なねじ

 ねじといえばポコッとした丸い頭を思い浮かべる人が多いかと思いますが、より軽く、薄く、というニーズにあわせて、頭部がわずか0.2ミリという薄さの商品を開発しました。締めたときのでっぱりが少なく、デザイン的にもスマートなため、携帯電話、家電製品を中心に多く使われています。

 また、「締めてゆるめる」のがねじの特性ですが、製品の分解を防止するために、「ゆるめることのできない」ねじも求められています。

f:id:w_yuko:20140617114345j:plain

3つの「あ」にこだわる

 お客さまの要望にきちんと応えていくことが、私たちのつとめであり、同時にプライドでもあります。下記3つの「あ」の気構えで、私たちはねじをつくり続けています。

 足…現場、お客様のもとへ何度も足を運び、何が求められているかを知る

 汗試行錯誤を繰り返し、納得のいくものをめざす

 頭スペシャリストの知恵を結集する

 要望があってからそれに応えるのではなく、相手に求められる前に、事前に「かゆいところまで手が届く」のが本当のおもてなし。弊社のねじは、世の中の流れや時代のニーズをしっかりと捉えつつ、ほとんどがお客様の用途に応じてつくるものです。また、「できない」という言葉はタブーにしています。よそではできないと断られたものを開発したり、物理的に不可能と思われた受注生産を可能にしたりといったことを積み重ね、良きパートナーシップが築けているのだと思います。

シンプルだけど大事な「磨くと拭く」

  ねじの基本構造はとてもシンプルで、だからこそ細部へ繰り返し繰り返しこだわることが重要です。また、それが相手の方への誠実さだと思っています。

 できて終わり、できたからOKではなく、形、材質、性能など、工夫はどこまでも可能だと思って、ピカピカのねじづくりに日々取り組んでいます。

f:id:w_yuko:20140617114343j:plain

 「会社の歯車」であることに誇りを

「組織人である自分を悲観して『どうせ組織の歯車のひとつに過ぎない』という言い方をする人がいます。しかしそれは、歯車の重要な役割を知らないから口にできることで、思い上がりというものです。たとえば時計の歯車は、ひとつ欠けても動かなくなってしまい、歯車なしでは時計は正常に動くことができないんです。

 ねじも同様で、ひとつひとつのねじにきちんと意味や役割があります。ジェット機であれば300万本のねじが使われていて、その1本でも緩んだりはずれたりすれば、大きなトラブルとなりかねませんし、人の生死にもかかわってきます。

 日頃、歯車やねじを意識されることはないかと思いますが、時にそんな言葉を思い出していただき、自分の仕事や使命に誇りをもっていただければと思います」

 

f:id:w_yuko:20140617114340j:plain

 社則でありながら、日東精工のいい話を集約した価値あるテキストになっていると、社内外から多くの反響が届いているようです。あなたの会社にも何かしらのルールを記した資料があるはず。それを楽しい会社員人生の指針になる「ガイドブック」へとブラッシュアップして、自分や会社の「ねじ」を巻きなおしてみませんか?

取材・文:北本祐子  イラスト:ヨシタケシンスケ

 あらゆるトレンドネタを収集し、新聞、雑誌、Webなどさまざまな媒体で発信する編集者/ライター。趣味は海外逃亡。国内は将来のためにとっています。

 

【逆転の発想が花開く!】“水滴が服につかない傘”が製品化するまでのドキュメンタリー

 雨が続き、どんよりとした空模様が続く梅雨。米などの農作物にとっては大切な水分補給になりますが、傘の水滴が服を濡らしてしまうなど、困ることもありますよね。
 そんな傘の欠点を解消したのが「UnBRELLA」。従来の傘の持ち手が、反対側の先端に位置し、逆さまに開くような構造になっています。

f:id:w_yuko:20140617121738j:plain

 つまり、閉じたときに濡れた面が内側になるので、服などに水滴が付きにくくなるのです。また、閉じた状態で、地面に立たせることもできます。今回は製品の生みの親、プロダクトデザイナー・梶本博司さんにお話を伺ってみました。

 ――「UnBRELLA」を思いついたきっかけは?

 30数年前に美大生だった頃、プロダクトデザインを専攻していたのですが“世の中を根本的に考えれば何かを変えられる”と思っていました。例えば傘、はしごなど、人類の歴史の中であまり変化のないものですね。そんな中、電車に座っているときに傘を見て、実はあまり完成度が高くないなと。「持つ部分を逆側につけて、逆さまに開いたら、水滴が服につかないのでは?」といったアイデアがひらめきました。

f:id:w_yuko:20140617121733j:plain


 

 ――「UnBRELLA」というネーミングもステキですね

 さまざまな名称案が出たのですが、ほとんどが商標を取られていました。だったら傘を英訳した“アンブレラ”そのままで行こうかと(笑)。「m」を「n」にすることで、“反対”といった意味合いにもなりますし。また、日本人は傘のことをアンブレラとは呼ばないので、固有名詞化するかなとも思いました。

 ――その後、製品化までの30年間は?

 卒業後はメーカーに就職し、プロダクトデザインを担当していました。その後、独立してとある個展に誘われた際に、あのときの傘を思い出したのです。さっそく、試作を開始しました。

 ――苦労したことは?

 傘の職人さんに相談すると「こんなのありえない」「かっこわるい」などと言われまして(笑)。その方は傘の生地を縫製する職人さんだったので、自分で骨組みを作っていました。でも、素人には限界があったので、骨組みの職人さんを探すことに。ところが「5年遅かったね」と言われてしまいました。その頃すでに、日本には骨組みの職人さんがいなかったのです。ほとんどが中国製でしたので。なんとか中国の傘産業の方と繋いでいただき、相談をし、数カ月後にようやく届いた試作品が、なんと単なる普通の傘(笑)。中国の職人さんが「直しておきましたから」と(笑)。がっかりしましたが、言ったとおりに作ってもらうように頼み込みまして、ようやく形になりました。

f:id:w_yuko:20140617121708j:plain

 

 ――どのあたりが「ありえない」と思われるのでしょうか?

 傘の職人さんたちは、傘をファッションとして扱っているのです。だから、“消費者は色や形を重要視する”と想定しており、「UnBRELLA」のように骨組みが表に出ているのはありえないのだと思います(笑)。

 ――試作品が完成して、製品化までの道のりは?

 アッシュコンセプト株式会社の名児耶(なごや)社長と知り合いだったのですが、何度もプレゼンをしているうちに「売れるかどうかわからないけど、やってみようか!」と男気を見せてくれました。

 まず、300本ぐらいから作ってみようと、大阪の業者さんに相談すると「1200本からでないとダメ」と。そこでまた名児耶社長が「やろう!」と男気を見せてくれまして(笑)。その後、モニター調査で女性を集めたのですが、やはり否定意見ばかりでした。「だったら、もう好きにやろう!」ということになり、自分が好きなブルー系だけを揃えて、ついに販売したのです。

 世の中に出せたときはとても嬉しかったですね。今では販売が追いつかないほど、皆さまから支持していただいています。職人さんのチームによる手作りなので、大忙しのため、色の展開などは今後になります。

f:id:w_yuko:20140617121710j:plain

 

 ――ユーザーからはどんな反応がありましたか?

 服が濡れにくいことだけでなく、傘がそのまま地面に立つことも喜んでいただけていますよ。コンビニのレジやATMなどで、とても便利だとおっしゃってくれます。また「雨の日が楽しみになった」という声もいただきました。これはまったく予想していなかった反応です。“子供の頃に長靴を履けるのが楽しみ”といった気持ちと同じですよね。製品化までにあきらめてしまうきっかけはたくさんありましたが、デメリットよりもメリットが多いことを信じ、世の中に提案したいという気持ちを持ち続けてよかったです。

 

 ――デザインに対する信念はありますか?

 表面的な色や形だけでなく、解決策を見いだせる機能面も補えることが、本当のデザインだと思っています。発明家はデザイン面が乏しくなり、デザイナーは発明的な機能面が欠如しがちです。その両面が共に上手くいったものが、世の中に広まって定着するのだと信じて、いつも仕事をしています。

 信念を抱き続けて、困難に屈しなかった心が、ステキな製品を世の中に送り出したようですね。雨の日が楽しみになり、おでかけをしたくなる傘。多くの人の気持ちが明るくなれるきっかけは、ひとつのアイデアだったのです。近い将来、傘のスタンダードの原型になるかもしれません。

取材・文:八幡啓司  写真提供:梶本博司

 24時間フル稼働のフリーランス生活を送りながらも、12時間睡眠が必須のコピーライター。座右の銘は「いざとなったら、すぐ寝る」。寝ても覚めても、夢の中を生きる。