リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

ピックアップ

「おしゃれ」に魅せるストールの巻き方&「残念」に見える巻き方

もうすぐ3月。少しずつ暖かくなってきましたが、外出する時はまだまだ寒い…。そんな時に活躍するのが「ストール」ですよね。皆さんお使いだと思いますが、ストールの巻き方で印象がガラッと変わることをご存じですか? 今回は、ストールの巻き方やコーディネ…

出世する人がやっている「ラクして速く」成果を上げる方法

「ラクに早く仕事をする方が、結果が出て、さらに人生の選択肢も増える」と説く、人事・戦略コンサルタントの松本利明さん。『ラクして速いが一番すごい』(ダイヤモンド社)という著書の中から、ムダな努力を排除し「ラクして速い」に変える方法を抜粋しご…

100社を超える企業のブランディングを手掛けた男が語る、不変の信念とは

1990年代「ブランド」といえば、それは一部の高級なファッションブランドのことでした。そんな時代に、いち早くブランディングの必要性を感じ、株式会社エフインクを27歳で立ち上げたのが、現在(2017年)代表取締役を務める萩原房史。以来続けてきた企業も…

ビジネスの成功要因で注目される「GRIT」――ベリーペイントアーティストの都愛ともかさんに、その秘訣を聞いてみた!

ビジネスの成功要因に、努力と才能がまずあげられますが、今、注目されているのは“GRIT(グリット)”です。一つの物事に継続して向き合い、完遂する力を意味しますが、挫折せずにやり抜く力を保持するには、一体どうすればいいのでしょうか? 2008年から、当時…

大学は「偏差値」で価値が決まるの?“元・日ハムの広報”たちが仕掛けた明治大学の広報戦略

今の10代から20代前半の世代と、30代以降の世代とで、これほど情報ギャップのあるケースも珍しいかもしれない。創立100年を超える歴史を持つ日本を代表する大学、明治大学をめぐって、だ。 東京6大学の一角を占める人気大学だが、この10年ほどで大きな異変が…

「あなたの年代がターゲットではない」上司へ放った“あのひと言”の真相|明治のチョコレート革命

クラフト紙をベースにしたスタイリッシュなパッケージで、従来のチョコレートとは全く違う世界観を持つ「明治 ザ・チョコレート」。発売は2016年9月、同時にツイッターをはじめとしたSNSで話題になったのは、開発チームが上司に伝えたという「あなたの年代が…

優秀な同僚が一人でもいると、まわりが○○する確率が“圧倒的に”高まる!ーーマンガ「エンゼルバンク」に学ぶビジネス

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー。今回は、三田…

【頭真っ白…】プレゼンで失敗する人の「残念なこだわり」

これまで3000回以上のMCを経験されてきた丸山久美子さんに、「上手にあがりを隠して、人前で堂々と話す・ふるまう方法」について伺う連載の第4回目。今回は「人前で頭が真っ白にならない方法」です。 丸山久美子(まるやま・くみこ) まるっと空気を掴むMC、…

ベンチャー企業に入社して大丈夫!?不安を解消する「Family GATE」

2016年9月、ウィルゲート社員の家族に向けたイベント「Family GATE(ファミリーゲート)」を開催しました。今回はイベント開催までの準備や、当日のコンテンツ、参加者の声などをご紹介いたします。 ※本記事は、「PR Table」より転載・改編したものです。 会…

ヒット商品“ゾンビスナック”のヒントは、身近な声にあった!意識したのは「弱者の戦略」――株式会社MNH取締役 小澤尚弘さんの仕事論

“ゾンビスナック”や“天狗の鼻かりんとう”のヒット商品を出している、ソーシャルベンチャーの株式会社MNH。地域課題解決に取り組みながら、ヒット商品を生み出す底力はどこからくるのか? 取締役の小澤尚弘さんにお話を聞いてきました。 小澤尚弘さん 1983年…

「お前気に食わない」と直接言われたこともある…それでもスーツで働く理由 | 齋藤聖人(農家)

近年IoT活用などで注目が集まる農業分野。しかし一方でその現場は単純作業が多く、個性やクリエイティビティを発揮しづらい点が若者を遠ざける一因になっているともいわれます。今回お話をうかがったのはビシっときまったスーツ姿での農作業姿が注目を浴びて…

2018年春はカラー&ドットアイテムがくる!一目置かれるオフィスコーデ

まだまだ寒い季節ですが、ダークトーンの冬物にも飽きてくる頃…街に溢れる、春を感じるお洋服たちに目を奪われる方も少なくないのではないでしょうか。 そろそろ春らしい軽やかな素材や鮮やかな色味を取り入れ、オフィスでもトレンド感がある「フェミニンな…

「入社1年目。上司の厳しいマネジメントに耐えるしかないのか?」【シゴト悩み相談室】

若手ビジネスパーソンのシゴトのお悩み相談第21弾!人事歴20年超、心理学にも明るい曽和利光さんが、温かくも厳しく受け止めます!

【マンガ】どうして日本人は「すぐ謝る」のか?

こんにちは。しりもとです。今日は外国からお客様が来るようです。必死のおもてなし、成功するといいですね。 >> 過去の作品一覧はこちら 著者:しりもと 絵や漫画など描いています しりもと (@SHIRIMOTO) | Twitter

安全?安全じゃない?「仮想通貨」の真実とは

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、「仮想通貨とは何か?」についてお話しいただきます。 「仮想通貨と…

大企業と同じことをやっても意味がない。中小・ベンチャー企業に取材依頼が殺到する「勝ち筋」とは?

ベンチャー広報株式会社は、中小・ベンチャー企業に特化した広報・PR会社です。知名度が低い中小・ベンチャー企業こそ、経営戦略の一環として広報・PRが重要だという想いから設立し、一つひとつの会社にあったサービスを格安で提供しています。そんなベンチ…

「緊張につぶされない」人だけが知っている4つのコツーー商談で役立つ“緊張との付き合い方”

これまで3000回以上のMCを経験されてきた丸山久美子さんに、「上手にあがりを隠して、人前で堂々と話す・ふるまう方法」について伺う連載の第3回目。今回は「商談の際の緊張との付き合い方」です。大事な場面で緊張して頭が真っ白になるという方、ここで紹介…

仕事で存在する3人種。「デキる人」「デキない人」あと一人とは?ーーマンガ「エンゼルバンク」に学ぶビジネス

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー。今回は、三田…

「最も近い他人」の助言に勝る“良薬”はないーー山口拓朗の「夫婦円満法」

今年で結婚20年目。2度の離婚危機を乗り越えて、今ではお互いが相手を認めて応援し合い、それぞれのビジネスを発展させている山口拓朗さん、朋子さんご夫婦。拓朗さんは文章の専門家として、これまでに著書を10冊以上出版。奥様の朋子さんは主婦の起業を支援…

1円たりとも無駄な出費は許さない! | JAL再生を手がけた経営再建のプロ・オリバーさん(2)

倒産してしまったり、倒産の危機に瀕しても不死鳥のように蘇る会社は少なからず存在します。その裏には必ずといっていいほど企業再生を専門とする仕事人の姿があります。そんな数々の企業を蘇らせてきたオリバーさんに、企業再生の仕事について語っていただ…

残業減らすなら「退社時間」と「●●●●」を申告しよう

『「残業しないチーム」と「残業だらけチーム」の習慣』(明日香出版社)の著者である石川和男さん。石川さんは、建設会社総務部長・大学講師・専門学校講師・セミナー講師・税理士と、5つの仕事を掛け持ちするスーパービジネスパーソンです。そんな石川さん…

短距離の移動に「新幹線」はアリ?東京~新横浜間で検証してみた

毎日の通勤や仕事の移動で鉄道を利用する場合、多くの方はJRの在来線や私鉄・地下鉄を利用されると思います。一方で、新幹線は「遠方への出張時に利用する」方が多いのではないでしょうか。でも短距離移動でも、実は新幹線が使えるんです。 都心からだと意外…

「東京VS名古屋VS大阪」言ってはいけないNGワード“独断と偏見”比較!

普段、住んでいる土地ではないけれど、出張や観光などで「東京・名古屋・大阪」へ訪問することが多くなったビジネスパーソンも多いのではないでしょうか?でもだからこそ要注意。あなたのちょっとした一言で地元民の反感を買う可能性もあります。地元球団の…

「あれ、痩せた?」って言われるかも♪ 冬の着やせテクニック4選

流行りのオーバーサイズのニットや、アンゴラニットなどは暖かいけれど、着こなしによっては意外と着ぶくれしてみえてしまうもの。 そこで今回は、冬の寒さに負けないですっきりスマートなオフィス女子でいられる、 not着ぶくれのおすすめニットの着こなし方…

沈没寸前の日本の医療業界を変えたい!――脳外科医からベンチャー経営者に転身した「代表取締役医師」の決断とは?

医師たちが作るオンライン医療事典「MEDLEY」や医療機関の遠隔診療を実現するオンライン診療アプリ「CLINICS」、医療介護分野に特化した求人サイト「ジョブメドレー」、介護施設の口コミサイト「介護のほんね」などを運営するベンチャー企業、メドレー。「医…

【マンガ】ワンマン社長流 プレミアムフライデー!(25)

こんにちは、イラストレーターのにぎりこぷしです。一週間の仕事の終わり、金曜日の夕方って開放感がありますよね。昨年提唱されたプレミアムフライデーはいまいち普及していないようですが、ウシヤマ工業では、今年はどんな金曜日を過ごすのでしょうか!? …

時短制度はもういらない!?――女性に優しい企業・変わらない企業の差

最近、某大手食品会社が「時短制度を使わなくても活躍と子育てを両立できる働きやすい企業」に生まれ変わったことをご存じですか? 長時間労働の見直しや副業解禁など、職場の大改革が始まった今、私たちが働く環境は大きく揺れ動いています。急に有休の取得…

明治大学を変えた「型破りなリーダー」は“能の研究者”――高校生が志願したい大学“8年連続1位”を実現した戦略

今の10代から20代前半の世代と、30代以降の世代とで、これほど情報ギャップのあるケースも珍しいかもしれない。創立100年を超える歴史を持つ日本を代表する大学、明治大学をめぐって、だ。 東京6大学の一角を占める人気大学だが、この10年ほどで大きな異変が…

訪問先での小さな「想定外」にはこう対応しよう!

これまで3000回以上のMCを経験されてきた丸山久美子さんに、「上手にあがりを隠して、人前で堂々と話す・ふるまう方法」について伺う連載の第2回目。今回は「訪問先でのふるまい方」についてです。小さいことから大きなこともまで、訪問先では様々なイレギュ…

これがパナソニックのリソースの活かし方!若手社員が経営層を巻き込む「One Panasonic」とは

世界27万人の社員を持ち、日本を代表する企業となったパナソニック。当社で今、若手主導の有機的なコミュニティが生まれています。大企業ならではの多様な人材との交流を生み出す「One Panasonic」は、若手社員の有志によって結成。豊富なリソースを生かし、…

働いても、働かなくても「罪悪感」がある女性たちへ|川崎貴子の「働く女性相談室」

「働く女性の成功、成長、幸せのサポート」という理念のもと、キャリア支援やコンサルティング、結婚コンサルタントなど、幅広い領域で活躍されている川崎貴子さん。その経験と、女性経営者ならではの視点から、のべ1万人以上の女性にアドバイスをしてきた川…

“TOEICのスコアが高いのに「英語力」がない人”が欠けていること<リスニング編>

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)や『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」について…

マウスを使うな!Excel作業を20倍スピードアップするワザ

「働き方改革」として、労働時間の削減に取り組む企業が増えています。とはいっても仕事の量が減るわけでなし……多くの人が、従来の業務をいかに効率化するかに頭を悩ませています。 「Excelスキルを高めることで大幅な時間短縮が可能」と提唱するのが、DIK代…

買わなきゃ損かも? UNIQLO・GU…冬のプチプラ着回しアイテム

連日寒い日が続いていますね。 早く暖かくならないかなとも思いつつ、この冬に購入したアイテムをもう少し着たいなあ…と思いながら日々過ごしております。 今回は、この冬に買って【大正解!!】だった、プチプラなのにたくさん着回せるアイテムをご紹介いたし…

会議への向き合い方、仕事の盗み方――中堅社員にも役立つ「入社1年目の教科書」

ライフネット生命保険の代表取締役社長である岩瀬大輔さんがこのほど出版した『入社1年目の教科書 ワークブック』。仕事を進める上で大切な「53の基本」を要約し「この項目で押さえるべき重要なポイント」を示したうえで、初級編、中級編、上級編の3段階に分…

【マンガ】人工知能(AI)に「奪われる」のは仕事?子育て?

こんにちは。しりもとです。私たち人間は、少し働き過ぎかもしれません。AIのみなさん、あとはよろしくお願いします。 >> 過去の作品一覧はこちら 著者:しりもと 絵や漫画など描いています しりもと (@SHIRIMOTO) | Twitter

「仕事は振ってもらったことがない」契約社員が入社5か月でチーフディレクターまで昇りつめた軌跡

モバイルファクトリーが運営する、位置情報連動型ゲーム 「ステーションメモリーズ!(通称:駅メモ!)」。そのチーフディレクターを務める中山政樹は、2016年2月に契約社員として当社へ入社、5ヶ月後には正社員になり、クレド大賞・社長賞を受賞しました。…

緊張は「とる」ものではなく「付き合う」もの――3000回以上のMC経験者・丸山久美子の「人前で堂々と話す方法」

「プレゼン」は、多くのビジネスパーソンにとって避けては通れない仕事の一つ。大事なクライアント先でのプレゼン、プロジェクトのキックオフに大勢の社員の前でプレゼン、朝礼で「最近の気づき」について課のメンバーの前でプレゼン……などなど。 しかし、大…

「リバティタワー」ができたから、明治大学に人気が出たわけではない――高校生が志願したい大学“8年連続1位”を実現した戦略

今の10代から20代前半の世代と、30代以降の世代とで、これほど情報ギャップのあるケースも珍しいかもしれない。創立100年を超える歴史を持つ日本を代表する大学、明治大学をめぐって、だ。 東京6大学の一角を占める人気大学だが、この10年ほどで大きな異変が…

あなたや上司はどっちのタイプ?CEO型とCOO型をミルフィーユにせよ|革命を起こすチームの作り方【後編】

さまざまな人材が入り混じる組織で成果を出すには、どんな点に注意すればよいのか。前編では、NECソリューションイノベータ株式会社 イノベーション戦略本部長 八尋美徳さんが考える「CEO(最高経営責任者)型」と「COO(最高執行責任者)型」を紹介しました…

Kindle絵本部門第1位を獲得した絵本作家は、重工業会社で経験した「地獄」を力に変えていた――挑戦をあきらめる前に読んでほしい、ごみたの仕事論

「いつかこうなりたい」という夢を抱きながらも、一歩が踏み出せずにいる人は少なくありません。結果を出せるかどうか不安で、途中で諦めてしまったりする人も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するごみたこずえさんは、絵本作家になる夢をかなえるプロ…

不利な状況を打破するための必要条件は「○○」と「場所」の2つーー『マネーの拳』に学ぶビジネス格言

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー。三田紀房先生…

【マンガ】ワンマン社長「柔軟な働き方」はOK?(24)

こんにちは、イラストレーターのにぎりこぷしです。これまでは決まった時間に会社へ行って仕事をするというのが当たり前でしたが、これからの時代、もっと柔軟な働き方が必要になってくるのかもしれませんね。「働き方改革」がはじまったウシヤマ工業では、…

「仕事内容別」で分類するのは“時間のムダ”!意外と知らない「整理整頓」術

『「残業しないチーム」と「残業だらけチーム」の習慣』(明日香出版社)(明日香出版社)の著者である石川和男さん。石川さんは、建設会社総務部長・大学講師・専門学校講師・セミナー講師・税理士と、5つの仕事を掛け持ちするスーパービジネスパーソンです…

寝過ごすとヤバい電車「横浜駅」&「名古屋駅」

前回は、東京駅と大阪駅の「寝過ごすとヤバイ電車」をご紹介しました。 今回はその第2弾。「横浜駅」と「名古屋駅」です。 どちらも日本を代表するターミナル駅で深夜遅くまで電車が運行されています。だからこそ、電車にうっかり乗りすぎないよう、気を付け…

「敵」を作らない人のやんわり断る9つの技術

本当は嫌だけど、断ると角が立つから気が乗らないことでも引き受けるという人が結構多くいるようです。あなたは苦手な人やクライアントなど、自分より立場の上の人からお願いごとをされると、内心「嫌だな」と思っても、ついつい引き受けてしまう損な性格を…

逃げ場は3つ作れ!「自分らしく」いるための心の休め方

忙しい / 忙しくないに関わらず、気が付いたら「疲れた」が口癖になっている人ってよく見かけませんか?かくいうワタクシ、修羅ガールも昔はそんな一人でした。でも、忙しくても「楽しい」って言っている人もいたりしますよね。 この違いは何か?……それは自…

マネジメントに疑問を抱いて転職したのに、自分も同じことをしていたという事実に気づく~株式会社Emotion Tech代表取締役 今西良光さん【20代の不格好経験】

今、輝いている若手ビジネスリーダーの失敗経験を聞くリレーインタビュー。第26回は、株式会社Emotion Tech 代表取締役 今西良光さんです。

「初年度で黒字化」が必達目標! | JAL再生を手がけた経営再建のプロ・オリバーさん(1)

倒産──経営者にとっても、社員にとっても、取り引き先にとってもこれほど嫌な言葉はないでしょう。しかし、倒産してもすべての会社が消滅してしまうわけではありません。中には不死鳥のように蘇り、以前と同じか、それ以上に元気に経営を継続している会社も…

シゴト脳を鍛える!現在もプレイ可能な伝説のゲーム9選

さまざまなシーンで活躍しているビジネスパーソンや著名人に、ファミコンにまつわる思い出から今につながる仕事の哲学や人生観についてうかがっていく「思い出のファミコン - The Human Side -」。 連載ではこれまでに、ネット界隈のキーパーソンやジャーナ…