リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

ビジネスマナー

デキる男はなぜ、「口臭ケア」と「香水の使い方」が上手いのか?

近ごろ男性ビジネスパーソンの間で「メンズ美容」への関心が高まっています。スキンケアやニオイケア、ひいては身だしなみをきちんとしたいと考える大人の男性たちが増えているのです。 そんな彼らに日々アドバイスを求められているのが、メンズ美容家・山川…

仕事でモテる男はなぜ、「シャンプー」にこわだるのか?

近ごろ男性ビジネスパーソンの間で「メンズ美容」への関心が高まっています。スキンケアやニオイケア、ひいては身だしなみをきちんとしたいと考える大人の男性たちが増えているのです。そんな彼らに日々アドバイスを求められているのが、メンズ美容家・山川…

「一発で伝わる」文章には“具”が欠かせない

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」「売れるキャッチコピー作成」等の文章力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに「ビジネスパーソンのための文章術」について伺うこのコーナ…

仕事でモテる男はなぜ、「メンズ美容」をしているのか?

近ごろ男性ビジネスパーソンの間で「メンズ美容」への関心が高まっています。スキンケアやニオイケア、ひいては身だしなみをきちんとしたいと考える大人の男性たちが増えているのです。 そんな彼らは今、男性のあるべき身だしなみのノウハウを求めて、ある女…

「文章力がない」人こそ磨くべき、たった一つのスキルとは?

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」「売れるキャッチコピー作成」等の文章力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに「ビジネスパーソンのための文章術」について伺うこのコーナ…

メールでミスする人が見落としがちな「送信前」の確認ポイント13

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」「売れるキャッチコピー作成」等の文章力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに「ビジネスパーソンのための文章術」について伺うこのコーナ…

謝罪は成長のチャンス!ただし絶対避けたいNGフレーズ集も…

つらい、はずかしい、ストレス……、しかしビジネスパーソンにとって、ミスをしたら乗り越えなくてはならないのが「謝罪」のシーン。 謝罪をはじめ、さまざまなコミュニケーションデザインを研究する藤田尚弓さんは、謝罪は誰にでも乗り越えられるもの、そして…

メールで「感じよく」「スムーズに」予定変更をお願いするには?

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」「売れるキャッチコピー作成」等の文章力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに「ビジネスパーソンのための文章術」について伺うこのコーナ…

デキる人になりたければ、"約束を守る人"になりなさい

はじめまして、わたくし元銀座のクラブホステスで現在はタロット占い師・開運アドバイザーとしてコラムを執筆したりしております藤島佑雪と申します。銀座という街を離れて数年経ちますが、長らくホステスとしていろんなお客さまと出会ってまいりました。銀…

ビジネスで使える「文章力」を“文章を書かずに”鍛える方法とは?

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」「売れるキャッチコピー作成」等の文章力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに「ビジネスパーソンのための文章術」について伺うこのコーナ…

仕事がデキる人は、ムダな「メールの往復」をしない

ムダに何往復も強いられるメールは“悪”だ 仕事がデキるビジネスパーソンほど、メールのやり取りをするときにムダに時間をとられることを嫌います。メールの往復回数は、できる限り少なくしたいと考えています。あなたも人から何度もメールが送られてきて「1…

デキる人が「スマホから送る」ビジネスメールで意識すること

プライベートのチャットと仕事のメールをごっちゃにしない スマートフォンが普及して久しい昨今。プライベートでLINEやfacebookのメッセンジャーほか、気軽にやり取りできるチャット機能付きアプリを利用する人が増えました。 その傾向に比例して、ビジネス…

デキない人のメールには、「クッション言葉」がない

▲メールで「クッション言葉」使ってますか? 相手の心を開かせる魔法の言葉とは? 人間は、機嫌がいいほど心を開きやすく、機嫌が悪いほど心を閉じやすい生き物です。もしも、あなたが書いたメールが相手の機嫌を損ねてしまえば、その先のコミュニケーション…

デキない人のメールには、“たった1つの要素”がない

メールが下手な人ほど自覚症状に乏しい? メールを巧みに使いこなしてスピーディに仕事を進めていく人や、次から次へと成果をあげていく人がいる一方で、メールによるやり取りが下手で、ミスばかり犯している人がいます。 いえ、本人に下手という自覚がある…

アポ取りから打ち合わせ終了後まで。理想的なメールの通数は?

ビジネスシーンでのコミュニケーションは今やメールが主流。特に、社内外に関わらず、仕事相手との面談や打ち合わせのダンドリはメールでやりとりする人が多いことでしょう。 多くのタスクをメールでやりとりするだけに、人によっては1日に100通以上のメール…

【どう接する?】年下上司・年上部下との関係を良好にする、上手なコミュニケーション術

近年、年功序列制度の見直しやポストの削減、中途入社者の増加、定年後の再雇用制度の導入、雇用形態の変化などの影響を受け、職場に年下上司や年上部下がいるというケースは当たり前のようになっています。しかし、頭では理解できても、実際に自分がそうい…

デキない人の伝え方には、“3つの要素”がない

「今日の来場者数は100人でした」だけでは伝わらない? 今日の来場者数は100人でした。 この文章は、事実を示しています。お店に100人のお客さんが来た、という事実です。しかし、この一文では、事実以上の情報を得ることができません。「事実以上の情報」と…

大きなミスにつながるかも!?やりがちな「二通りの意味にとれる」悪文例

二通りの意味にとれる文章は混乱を招く! 二通りの意味にとれる文章を書いていませんか? 胸を張って「書いていません!」と答える人でも、知らず知らずのうちに、二通りの意味にとれる文章を書いているケースが少なくありません。 言うまでもありませんが、…

【デッドライン文章術】締め切りを設けて、集中力高く文章を書く方法

文章を書くときに集中力が上がらないワケは? 文章を書くときに、いまひとつ気分が乗らない。集中力が上がらない。そうした悩みをもつ人が少なくありません。もしも睡眠も十分に確保できていて、なおかつ、(疲労を含む)体調も良好だとしたら、その原因は「…

「カジュアルな言葉」は失礼!仕事のメールで今すぐ使える“言い換え”例46選

軽い気持ちが命取りになる? ふだんプライベートで使っている「話し言葉」や「カジュアルな言葉」を、礼儀やマナーが求められる「仕事のメール」に使っていませんか? 仕事のメールのやり取りは“遊び”ではありません。その主流は、マナーや気遣いが求められ…

ビジネス文章は3秒が勝負!〜最初の「ひと言」で伝える技術〜

■できるビジネスパーソンほど「ひと言」で伝える 仕事に使う文章では、最初の「ひと言」で、相手に伝えるスキルが必須です。「ひと言」、つまり、読み始めてからわずか3秒で勝負を決める文章です。 書き始めからダラダラしていたり、前置きが長かったり、表…

自分の望み通りに相手を動かす心理メール術

■行動を促すメールでは、読み手の感情に訴えかけよ! 世の中には2種類の人がいます。相手の心を動かすメールが書ける人と、相手の心を動かすメールが書けない人です。 たとえば、ある会社の社長に対して、営業マンAと営業マンBさんがアポ取りのメールを書…

「接続詞」を断捨離すると、文章がグンと読みやすくなる!?

■接続詞に秘められた危険とは? 文と文をつなぐ接着剤の役割を担う「接続詞」は、論理的な文章を書くうえで極めて重要なパーツです。ところが、無計画に使うと“イタい文章”になりかねない、ちょっぴり危険な言葉でもあります。 本記事では、接続詞の種類を改…

新入社員の飲み会のマナーで上司が見ているのはこれだった!

新入社員のうちは、飲み会での立ち振舞いも仕事のうちです。先輩や上司に名前を覚えてもらい、PRするためにもマナーを心得た行動が必要とされます。そして上司もまた、あなたをきびしい目で判断しています。楽しい飲み会は一方で、評価の場です。そんな飲み…

【体はしぼった!文章はどうだ?】くどい“メタボ文”を改善する「文章ダイエット」の奥義

■冗長な文章は百害あって一利なし あなたはくどくどと冗長な文章を書いて、読む人にストレスを与えていませんか? ビジネス文章に求められるのは、読みやすさと簡潔さです。読みやすく簡潔な文章を作るためには、書き終えたあとが重要です。有効なのが「文章…

仕事がデキない人は、文章が「デコボコ」!?同一情報はまとめて書こう!

■行ったり来たりの「デコボコ文章」が読者の混乱を招く! 情報Aについて書き終えたあと、情報Bについて書き、再び情報Aについて書く……そんな書き方をしていませんか? もしも答えが「イエス」だとしたら、注意が必要です。情報A→情報B→情報Aという具合…

知らず知らずのうちに使っている「呼応表現の誤り」あるある

■日本語の代表的なルール「呼応表現」を知っていますか? 日本語には「たぶん〜だろう」のように、ある言葉を使ったときに、決まった言葉で受けなければいけないものがあります。これを「呼応表現」といいます。呼応表現は、日本語のルールのひとつです。 と…

押さえておきたい会社の飲み会でのビジネスマナー

会社の飲み会は無礼講だと思っていませんか?確かに、いつもよりはフレンドリーに上司や先輩とも話せるかもしれませんが、それでも社会人として守るべきマナーは守らなければなりません。社会に出るとさまざまな付き合いで飲みの機会が増えるかと思いますが…

知らなきゃ損する!?SNSにもビジネスマナーを

今では広く浸透したFacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス、略してSNSですが、疎遠になっていた知人や遠いところで暮らしている友人と再びつながりが持てるというメリットがある反面、SNSを通して社会的信用や地位を失…

【間違えると恥ずかしい!】ややこしい日本語19選

■日本語ってややこしい! 英語、フランス語、スペイン語など、世界の言語と比べても驚くほど語彙数が多いのが日本語です。似たような意味の言葉もたくさんあり、文章を書くときに「あれっ? どっちが正しいんだっけ?」と迷うケースも少なくありません。迷う…

仕事の効率を上げるために、チームメイトの「時間の使い方」を知ろう!

「時間」の使い方や考え方は、人によってそれぞれ。自分の「時間感覚」を周りに伝え、相手の「時間感覚」を意識すると、もっと仕事の効率が上がるかもしれません。

読みやすさ&伝わりやすさが大幅アップ!「文章の読み返し」小ワザ4選

■「読み返し」を工夫するだけで、文章の完成度が高まる! 自分が書いた文章を一度も読み返さないビジネスパーソンはいないでしょう(いたとしたら、レッドカードに限りなく近いイエローカードですぞ)。 「書く」と「読み返す」はワンセットです。筆者の肌感…

【電話する前に】ビジネスで役立つ、頼みにくいお願いメールの書き方とは?

仕事のやり直しをお願いしたい。支払いの期限を延ばしてもらいたい――。ビジネスパーソンとして働いていると、取引先やビジネスパートナーに向かって言いにくいことを伝えなければならない場面に直面することがあります。今回はビジネスシーンで役立つ「頼み…

「一緒に働きたい」と思われる!相手を心地よくさせる「気配り」ワード20例

どんな職種でも、周囲の人から「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえれば、何かとお得です。情報や協力を得られて仕事がスムーズに運びやすくなるのはもちろん、希望のプロジェクトに声をかけてもらえる可能性も高まります。営業職であれば、ストレート…

「ダメな文章」が「伝わる文章」に激変する3つの基本!

■美しい日本語やカッコいい表現はいらない 「おいおい、伝わるように文章を書いてくれよ」 「ちょっと、これ……意味が分からないんだけど?」 そんな言葉を上司や同僚から言われたことはありませんか? 仕事で使う文章に求められるのは、「伝える」ことではな…

これだけは押さえよう!電話マナー、5つの常識

若い社会人の方にとって、電話対応は慣れるまでに時間がかかるものです。いつまでもぎこちない電話対応のままだと、取引先や上司から信頼を失いかねません。そこで、これだけは覚えておいて損はない電話マナーをまとめてみました。あなたの電話対応は、大丈…

知っておきたいビジネスマナー!電話での謝罪で気をつけるべき5つのこと

自分の失敗でお客様や取引先に迷惑をかけてしまった!そんなとき、「ミスをしてしまった…」と落ち込んでばかりはいられません。きちんとお詫びと謝罪を行い、相手からの信用を回復することが重要です。直接会って話をするのが理想ですが、それができない相手…

クレーム電話を受けたらどうする?上司を出す前に行なうべき対処法とは

若い社会人の方々にとって、クレーム電話の対応は不安になるものです。特に、激しく怒っている相手から電話口で怒鳴られてしまったら、怖気づいても不思議ではありません。ここでは、クレーム電話を冷静かつ円滑におさめるため、心がけたい対処法をお伝えし…

電話が苦手でも大丈夫!少しの工夫で劇的に電話対応が上手くなる方法

電話対応が苦手だという人は想像以上に多いようです。相手の顔が見える対面での会話よりも、顔の見えない電話の方が緊張してしまうという人も中にはいるでしょう。ただ、電話対応は初めから上手くできるという人も確かにいますが、多くの場合はそうでは無く…

こんな時どうすれば?失敗事例から学ぶ電話対応とマナー

ビジネスでの電話対応は、会社を代表して対応することになる責任重大な業務です。間違った言葉遣いのせいで顧客に失望されてしまうことや、ちょっとした言い回しで取引先を意図せず怒らせてしまうこともあり得ます。また、自分が起こしたわけではない、自社…

ビジネスマナーの基本!折り返し電話のコツまとめ

企業に就職すると必ず研修を受けることになる電話対応。電話対応はまさにビジネスパーソンにとっての初歩的な技術です。電話での対応の場合、まず相手の顔が見えないことを意識しなければなりません。特に折り返しの電話をする際は、先方からの電話を取れな…

これって電話マナー違反!?間違えやすい敬語や言葉遣い

電話口で「お名前頂戴できますか?」、「○○様でございますね」と言っていませんか?実は、どちらも間違いです。ありがちな間違いについてご紹介しますので、電話対応における言葉遣いが問題ないかチェックしてみてください。

これを読めばスムーズに電話に出られる!電話応対が上手になりたい人にオススメの本4選

会社に入社して、すぐに覚えなければならない仕事の1つに電話応対があります。コールセンターなど電話応対を中心とした仕事をする場合は、よりレベルの高い応対能力を身につける必要があるでしょう。 会って直接話すことと、電話で会話をすることには大きな…

表情が見えないからこそ言葉遣いには気をつけて。ビジネス電話対応で注意すべきNG行為

ビジネスで電話対応をする際、特に何に気を付ければ良いのでしょうか。日常で友人や親戚によく電話をしたことがあっても、ビジネスでの電話対応は全く違います。今回は、ビジネス電話対応で注意すべき5点をまとめてみました。 プロ意識を持つ まず、ビジネス…

相手の都合を考えよう!いい印象を与えるビジネス電話のかけ方のマナー

ビジネスの世界において、電話のかけ方は本人の第一印象を左右するだけでなく、会社そのもののイメージを決定づけるとも言えるとても重要なマナーです。電話のかけ方一つで商談の行く末を左右することもあり、それだけに相手へ良い印象を与えるような電話の…

スムーズな電話の取り次ぎってどうやるの?基本マナーを押さえよう

電話は、ビジネスにおいて欠かせないツールですね。便利な反面、顔の見えないやり取りのため、気遣いや注意が必要です。今回は「取り次ぐまでの流れ」「敬語」「正確に聞き取れなかった場合の対応」「不在の場合に使うフレーズ」など、基本マナーをご紹介し…

クレーム電話に対応するための心得をご紹介!これでもう、クレームも怖くない?

突然のクレーム電話、嫌ですよね。いきなり怒鳴られたりすると、パニックになってしまうこともあるでしょう。クレーム電話に対応するためには、どの様な方法、考え方があるのでしょうか。今回はクレーム電話対応についてご説明します。 謝れば良いといもので…

これだけは押さえておきたい!電話対応で好印象を与えるフレーズ

顔の見えない電話対応だからこそ、声のトーンやどんなフレーズを使うかによって相手に与える印象も大きく変わってきますよね。特に会社で対応する仕事の電話は会社や自分自身の評価にもつながるためできるだけ正しく対応したいものです。そこで、ここでは相…

型にあてはめるだけで書ける!仕事に使える2つの文章テンプレート

「起承転結」の型は、現代のビジネスシーンになじまない? 「では、起承転結を使って書きなさい」 そんな先生の声が、トラウマになっている方もいるのではないでしょうか。 学校の国語の時間に誰もが習った「起承転結」の型。問題提起から始まって、発展させ…

「書く前の4つの準備」で仕事の成果が激変する?

「文章作成=書く作業」ではない? 多くの人が「文章作成」を、ある“点”でしか考えていません。ある“点”とは、パソコンに文字を打ち込んだり、紙にペンで文字を書いたりする作業のこと。つまり、「文章作成=書く作業」だと思い込んでいます。 ところが、文…