リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

かしこい仕事術

「上司にかわいがられると仕事がうまくいく」は本当か?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、「ビジネスパーソンの仕事への向き合い方」についてお話しいただくこのコーナー。第12回の今回は、「上司と…

インターネットだけで美味しい店が見分けられる5つの技術

「味にうるさい人の接待が急に入ってしまった」「仕事でお世話になった方との会合だから間違いない店を選びたい」「店の下見をしている時間がまったくない」 接待や大切な人との会食。せっかくの外食だからこそ、誰でも美味しくて雰囲気の良い店を選びたいと…

やってはいけない「励まし方」、効果的な「励まし方」

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第17回目は「やってはいけない励まし方・人を育てる効果的な励まし方」についてです。 ▲「先輩、実は相談が…」どう…

この「勉強法」は、やってはいけない~無謀な勉強編~

「資格の大原」でおなじみ、大原学園で講師を務めた経験をお持ちで、『30代で人生を逆転させる1日30分勉強法』著者でもある石川和男さんに、失敗しない社会人の勉強法、特に今回は「ついやってしまいがちな“無謀な勉強”」について教えていただきます。 皆さ…

ドラッカーが「自分で自分の反対者になれ」と言ったワケとは?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第10回の今回は、「対立意見の必要性」についてです。 【P…

デキる人になりたければ、常に「第一志望」を目指しなさい

いつもお世話になっております。元銀座でクラブホステスをしておりました藤島佑雪です。唐突ですが、問題です。 あなたはレストランでどちらのメニューを選びますか? A 高いけれども食べたいもの B そこまで食べたいわけでもないけれどお得なセット デキる…

なぜ「聞き流す」だけでは、英語リスニング力は上がらないのか?

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)や『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」について…

ばかばかしいぐらい小さい目標が大きな成果に!「小さな習慣」のススメ

資格の勉強をしよう、運動を始めよう…そう強く決意するのに、続けることができずに挫折してしまった経験はありませんか?『小さな習慣』では、「新たな習慣にしたい」と思っている行動を、もっともっと小さくすることを勧めています。今回は、本書の中から「…

“親密な関係”を作りたいなら、「ユー・クエスチョン」を使いこなせ

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第16回目は「親密な関係を相手と作りたいときの会話のコツ」についてです。 人に要望を伝えたい時や、動いてほしい…

1日でも早く「仕事ができるようになる」ための3つの質問

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、「ビジネスパーソンの仕事への向き合い方」についてお話しいただくこのコーナー。第11回の今回は、「仕事が…

この「勉強法」は、やってはいけない~暗記編~

「資格の大原」でおなじみ、大原学園で講師を務めた経験をお持ちで、『30代で人生を逆転させる1日30分勉強法』著者でもある石川和男さんに、失敗しない社会人の勉強法、特に「やってはいけない暗記法」について教えていただきます。 前回、綺麗すぎるノート…

人を動かしたいなら、「アイメッセージ」を使いこなせ

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第15回目は「人に動いてもらうための伝え方」についてです。 「なんでこんなところに、この大事な書類を出しっぱな…

どうすれば「ワーク」と「ライフ」を両立できるのか?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、「ビジネスパーソンの仕事への向き合い方」についてお話しいただくこのコーナー。第10回の今回は、「ワーク…

デキる人になりたければ、「メール件名」を整理整頓しなさい

わたくし、銀座のホステスを上がってこの方、いろいろな方とお仕事のメールをさせていただいて、ある法則を見つけました。題して「デキない方は件名が違う」法則です。 たとえば、最初は原稿依頼の内容で件名が「原稿の件」だったとするじゃないですか。お互…

【Excel作業の最速化を目指して覚えておきたい】上司のダメ出しに対抗する「5つの備え」

ビジネスパーソンにとってエクセルは必須のツール。しかし、苦手意識を持っていたり、なかなか効率的に作業が進められないと不満を持っていたりする人も多いのではないでしょうか。なかには、「Excelへの理解が足りない上司からのダメ出し」をその理由だと感…

デキる人になりたければ、「ネガティブ思考」をうまく活用しなさい

何を隠そう、あらゆることに対して「ネガティブ思考」の代表と言って過言ではない【修羅ガール】です、こんにちは! 私、障害のハンデがあるだけに、ネガティブ=不安と常に戦い、「どうしたらもっとうまく立ち回れるか」、相手が「どんな人なのか」を見る目…

こんな「TOEIC試験対策」は、やってはいけない

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)や『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」について…

ドラッカーと「キャズム理論」の共通点とは

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第9回の今回は、「コップの水」理論についてです。 【P・F…

デキる人は、やっぱり「メモ魔」だった――メモのもたらす5つの効果

働くすべての人におすすめしたいメモの習慣 「行動力がある人」「話や文章がうまい人」「企画力がある人」「判断力や決断力がある人」など、いわゆる“仕事がデキる人”には、「メモ魔」が少なくありません。彼らは自分で見聞きした事柄や、頭に浮かんだアイデ…

一流営業パーソンになれるかどうかの「4つの分かれ目」とは?

「一生懸命頑張っているのに、なかなか営業成績が伸びない」「ノルマ達成が精いっぱいで毎月へとへと」「断られたらと思うと飛び込み営業なんて怖くてできない」 会社の売上を握っている営業パーソン。いわば生命線を背負っている存在ですが、目先の売上目標…

この「勉強法」は、やってはいけない

「資格の大原」でおなじみ、大原学園で講師を務めた経験をお持ちで、『30代で人生を逆転させる1日30分勉強法』著者でもある石川和男さんに、失敗しない社会人の勉強法、特に「やってはいけない勉強法」について教えていただきます。 あなたは、勉強のやり方…

疲れた、忙しい…ネガティブな「口ぐせ」をプラスに言い換えるには?

「あー疲れた」「しんどいなあ…」などの口ぐせ。「たとえ無意識に出た口ぐせであっても、ネガティブな口ぐせは感情に大きな影響を与え、どんどん自分の気持ちをマイナス方向に導いてしまう」と、臨床心理士の山名裕子さん。『幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔…

周りから「応援される人」が大事にしている“たった1つのこと”

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第14回目は「周りから応援される・賛同してもらえる人が大事にしていること」についてです。 私は、上京してから34…

ドラッカーが説く「コップの水」理論とは?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第8回の今回は、「コップの水」理論についてです。 【P・F…

成果が上がる! スポーツドクターに聞くたったひとつの「心の整え方」

ビジネスパーソンの誰しもが、「心の状態」によって仕事の質や効率が左右された経験があるのではないでしょうか。取引先から褒められた後はなぜか作業がはかどったり、上司から小言を言われた日には落ち込んで何も手がつかなかったり……。せっかく仕事をする…

なぜあの人とはうまく「会話」が成り立たないのか?ーー“4つの感覚タイプ”を知れば、コミュニケーションは円滑になる

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第13回目は「どんな人とでも会話ができるようになるコツ」についてです。 職場に「ちょっとこの人と話しにくいな……

なぜ、ドラッカーは「決定には勇気が必要」と言ったのか?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第7回の今回は、「意思決定に対する考え方」についてです。…

資格を取るための「参考書・問題集」の選び方・使い方とは?――「資格の大原」元講師が教える“合格勉強法”

新年度が始まり、「今年こそはあの資格を取るぞ!」「今年こそは●●をマスターするぞ!」と意気込んでいる方も多いのではないでしょうか?しかし、いざ始めようと思っても、まず何から始めればいいかわからない…やっと勉強の計画が立ったと思ったら、教材選び…

言われた相手が嬉しくなる!「ほめ方」の工夫15選

「物は言いよう」 「言い方ひとつで印象が変わる」 「伝え方が9割」 ――よく聞くフレーズですが、皆さんはどの程度意識していますか? 今回は、コミュニケーションの中でも「ほめる」にフォーカスしてみましょう。 チームワークを良くするため、意識的にメン…

2017年ヒット商品から見えてきた、現代のビジネスパーソンに「求められているもの」とは?

どんな仕事においても「これからのヒットの傾向」をつかんでおけば、的を射たビジネスアイディアが浮かび、自身の仕事に大いに活かせそうだ。そこで元『日経トレンディ』編集長で、現在は商品ジャーナリストとして活躍する北村森さんに、2017年のヒット商品…

「結局何が言いたいの?」と返されないための5つの会話術

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第12回目は「言いたいことが一発で伝わる会話テク」についてです。

大事なことを「決められない」あなたへ。ドラッカーからのアドバイスとは?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第6回の今回は、「意思決定に対する考え方」についてです…

出世する人になりたければ、「なぜ?」を捨て「受け入れる」ことから始めよう

毎度お世話になります。元銀座ホステスの藤島佑雪です。今回はいかなるときも「受け入れる」心構えでいると、仕事もプライベートもスムーズになり、人生楽に生きられるようになるよ、というお話です。 さまざまな「なぜ?」の悩みを解決するには… わたくし、…

弁護士直伝!ラクして結果を出す「ずるい勉強法」とは?

「結果を出す」ためには一般的に、人一倍時間をかけて努力することが必要と考えられていますが、弁護士の佐藤大和さんは「ラクをして結果を出す」ことを推奨しています。高校時代は偏差値30の学年ビリだったという佐藤さんが習得した「圧倒的に作業を短縮す…

ビジネスの心理に影響する「色」の力とは?

皆さんは、普段の仕事や生活の中で「色」をどれくらい意識していますか? 政治家などが、大衆の前で演説するときは赤のネクタイを締めて情熱的でパワフルなイメージを与える、討論会の際には青のネクタイで知的さ、冷静さを演出する…といった話は皆さんも聞…

ドラッカーに学ぶ、上司を「マネジメント」する方法とは?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第5回の今回は、「上司をマネジメントする方法」について…

「人を動かす」のが苦手な人こそ試すべき“特効薬”とは?

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第11回目は「初対面でも会話が弾むテクニック」についてです。

会社を200%活用して「自分を鍛える」という発想術

「毎日、なんとなく会社に通っている」「正直、働いているのはお金のため」「仕事がマンネリ化してつまらない」 春は「夢と現実」の両方を感じさせる季節です。一方は、新人の季節。まだまだ着こなせないスーツが初々しい「夢とやる気」に溢れる季節です。も…

今のままで本当にいいの?“やりたいこと”が見えてくる「目標設定」のコツ

『仕事が「速いリーダー」と「遅いリーダー」の習慣』(明日香出版社)の著者である石川和男さん。石川さんは、建設会社総務部長・大学講師・専門学校講師・セミナー講師・税理士と、5つの仕事を掛け持ちするスーパーサラリーマンです。そんな石川さんに「…

英会話表現を「暗記ゼロ」で身につけられるシンプルな方法とは?

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)や『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」について…

ドラッカーなら、どうやって上司との間に信頼関係をつくるか?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第4回の今回は、「上司の信頼を得る方法」についてです。

「一発で伝わる」文章には“具”が欠かせない

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」「売れるキャッチコピー作成」等の文章力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに「ビジネスパーソンのための文章術」について伺うこのコーナ…

銀座のホステスが最初に学ぶ、話題づくりの「11文字」とは?

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第10回目は「初対面でも会話が弾むテクニック」についてです。 「昨日の野球、WBCはすごかったですね~」「そうそ…

人生を変える「メンター」の見つけ方とは?

言いたいことがうまく言えなかった面接。失敗してしまった商談。人と上手にコミュニケーションできなかったときなど、「もっとうまくできたらいいのに」と考えてしまう人は多いのではないでしょうか。一方、キラキラと輝いているかのように行動し、成果を出…

資格を取る!と決めたら、こう計画せよー「資格の大原」講師が熱弁

『仕事が「速いリーダー」と「遅いリーダー」の習慣』(明日香出版社)の著者である石川和男さん。石川さんは、建設会社総務部長・大学講師・専門学校講師・セミナー講師・税理士と、5つの仕事を掛け持ちするスーパーサラリーマンです。そんな石川さんに「…

伝説のプログラマーが説く「時間通りに絶対終わらせる」仕事の進め方

長時間労働が大きな社会問題となっている昨今。「ノー残業デー」や「プレミアムフライデー」など、長時間労働を是正するような取り組みが一部の企業で行われています。けれど「そうは言っても、なかなか早く帰れない」「そもそも仕事が終わらない」と悩んで…

相手の“視線”から「ホンネ」を見抜くには?

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第9回目は「相手の気持ちを知る秘技」についてです。 「そんなつもりじゃないのに…」「悪気はなかったのに…」あな…

一流のビジネスマンはなぜ、「NO」と言わないのか?

こんにちは、元銀座のホステス、タロット占い師、開運アドバイザーの藤島佑雪です。 おいしいレストランは他にもあるのに、なぜあのお店だけが流行るのか?……っていう話ってありますよね。安くてロケーションも良いというなら、そう不思議でもないでしょう。…

「文章力がない」人こそ磨くべき、たった一つのスキルとは?

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」「売れるキャッチコピー作成」等の文章力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに「ビジネスパーソンのための文章術」について伺うこのコーナ…

ドラッカーの「出世はたいした問題ではない」という言葉の意味するものとは?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第3回の今回は、「成果を出すための方法」についてです。 …