リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

目標設定に「漠然」を持ち込んではいけない

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第32回目は「間違った目標設定と正しい目標設定の違いとは(2)」についてです。 前回、40歳で目標設定をしたこと…

『結果が出ない時』に意識すべき「たった一つのこと」―野球解説者・森本稀哲氏インタビュー

もりもと・ひちょり 1981年1月31日生まれ。 東京都出身。小学校1年生の時、汎発性円形脱毛症を患い、髪の毛を失った。帝京高校野球部の主将として第80回全国高校野球選手権大会に出場を果たす。1999年、ドラフト4位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハム…

一流と言われる人は「縁」の正しい“扱い方”を知っているーーマンガ『エンゼルバンク』に学ぶビジネス

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー。今回は、三田…

「東京国税局」に13年間勤めた私が“フリーライター”になったワケ

東京国税局に13年間勤めたのち、一念発起して2017年7月からフリーのライターとして活動を開始された小林義崇さん。どんなきっかけで、東京国税局での仕事を離れフリーのライターとして活動をしようと考えるようになったのでしょうか?また、フリーとして活動…

「お詫びメール」でしくじらないための6つの鉄則

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」等の文章力・コミュニケーション力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに、今回は「ピンチをチャンスに変える『お詫びメール』の書き方」に…

「1通のメールに15分」もかかる人に、決定的に“足りない視点”――上阪徹の『超スピード文章術』

仕事でもプライベートでも、文章を書く機会がどんどん増えている昨今。ところが、文章をめぐって、こんな思いを持っている人がいませんか? 「文章が苦手。書いている時間が辛い。メールも企画書もできれば書きたくない」「最初の1行を書き出すまでに、もの…

初心者でも怖くない!「ロングカーデ」の着回し術5選

今年も9月に入りすっかり秋めいてきましたね。 昼と夜の寒暖差もあり羽織ものが欠かせない季節になりました。 急に冷え込んできたときに、パッと脱ぎ着できるカーディガンがあると便利です。 カーディガンの中でもおすすめなのがロングカーディガン(通称 ロ…

オフィス女子が、合コンで「やってはいけない」コーデ5選

日々働いていると、なかなか男性との出会いは無いものですよね。 異性に出会うための選択肢として「合コンに行こうかな…」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし社会人男性との合コン、どんな格好で参加すればいいのでしょう? 有名なメラビア…

忙しい朝も「3分」で!オフィス女子のヘアアレンジ3選

忙しい朝、身だしなみにかける時間はなるべく短くしたい!というのはみんなが願うこと。「忙しいから…」「不器用だから…」と、平日のヘアスタイルにはどうしても手を抜きがちですよね。 ですが、寝癖が付いている髪は不自然にうねっていたり、ハネていたりす…

【Word(ワード)活用塾】文字数・行数を設定してワード文書を作るには?

Word(以下、ワード)では文字数や行数、フォントを変更することで、より読みやすい文書を作ることができます。 この記事では、ワードの1ページあたりの文字数や行数などの設定方法などをご紹介します。報告用資料などにワードを使う機会が多い人はぜひ確認…

「上司へのメール」で意識したい4つのこととは?――すぐに使える例文付き

上司にメールを送る際、「この書き方で良いのか」と不安になることはありませんか?ビジネスメールには押さえておくべきルールやマナーがあります。それを理解できていれば自信を持ってメールを送ることができるでしょう。そこで、上司にメールを送る際のポ…

「プライベートでは饒舌なのに、仕事になると話せなくなる…」【シゴト悩み相談室】

若手ビジネスパーソンのシゴトのお悩み相談第18弾!人事歴20年、心理学にも明るい曽和利光さんが、温かくも厳しく受け止めます!

【マンガ】給料も大事だけど「働きやすさ」もね

こんにちは。しりもとです。みなさんは職場の環境に満足していますか?さりげなく気持ちをアピールすれば、何とかなるかもしれません。 >> 過去の作品一覧はこちら 著者:しりもと 絵や漫画など描いています しりもと (@SHIRIMOTO) | Twitter

その仕事、命よりも大切ですか?普通に働いていた私が、うっかり「自殺」しかけたワケ――汐街コナ

「死ぬほどつらいなら、会社を辞めればよかったのに…」 過労死に関するニュースを目にした時に、そう感じた方も少なくなかったのではないでしょうか。しかし、そういった考え方ができるのは、ある程度心が元気な状態にあるから。人間は過度のストレスを受け…

「あの人デキる…」と言われる人は「目標設定力」が秀逸だった

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第31回目は「間違った目標設定と正しい目標設定の違いとは」についてです。 あなたの周りに、どんどん夢を実現して…

都内屈指のミニ路線!「東急世田谷線」で癒されよう

毎日、都心の通勤ラッシュにもまれながら電車に乗っていると、「もっとのんびり、穏やかな雰囲気の中で通勤したい」という想いにかられる方は、少なくないはず。 そこで、都心でもそうした「癒しのローカル線」に身を委ねることができる鉄道に注目したいと思…

30歳過ぎたら、仕事は「効率」よりも「〇〇」を重視すべき!ーーマンガ『エンゼルバンク』に学ぶビジネス

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー。今回は、三田…

元ナンパ師が断言!「並走力」と●●を育めばデキる男になれる | 山田崇

なんだかチャラいイメージの強いナンパ。しかし、巧みなトークで初対面の異性と仲良くなってしまうその技術は、見習うべきところがあるのも確か。ビジネスシーンで活かせそうなこともありそうな予感がします。実際、ナンパはビジネスに活かせるのでしょうか…

結果を出す人は「やる気」を言い訳なんかにしない

「資格の大原」でおなじみ、大原学園で講師を務めた経験をお持ちで、『30代で人生を逆転させる1日30分勉強法』著者でもある石川和男さんに、前回の「『かしこい』と言われる人は“ゲーム感覚”を取り入れる」に続き、「集中力を持続させる方法」について教えて…

ビジネスパーソンは「マクロ管理法」で“無理なく”ダイエットせよ

この世には本当効果のあるダイエットから科学的根拠がないものまで、あらゆるダイエットが存在している。そんな中で、110kgから40kg近いダイエットに成功し、在米中に米国で流行した様々なダイエットを試し、大学時代には総合格闘技団体・UFCのトッププロ選…

コミュニケーション上手になるための「SNS活用術」とは?

「職場の人と盛り上がる会話ができない」「営業トークの掴みで失敗した」「偉い人との会話は緊張する」 あなたはどんな人とも会話が続けることができますか?会話がすぐに途切れて気まずい空気が流れたり、なかなか話題が噛み合わないといった経験をお持ちの…

口ベタな人ほどうまくいく!?相手に伝わる「話し方」の技術

NHKのアナウンサーとして、『英語でしゃべらナイト』『NHKのど自慢』など人気番組の司会、そして『紅白歌合戦』の総合司会を務めた経験もある、松本和也さん。昨年NHKを退職し、現在はスピーチコンサルタント、ナレーターとして活躍されています。 松本さん…

【マンガ】ワンマン社長の自由すぎる昼食...(17)

こんにちは、イラストレーターのにぎりこぷしです。皆様は職場での食事の時間、いかがお過ごしでしょうか。最近は、おしゃれな社食も増えているそうですが、今日はウシヤマ工業の食事風景をお届けします。どうぞお楽しみください!! みなさんの社食やお昼休…

「働き方改革」は、若手が経営に関われる“絶好のチャンス”なんです――テレワークの第一人者・森本登志男さんに聞く

さる7月24日、首都圏を中心に600社超・およそ6万人が参加した「テレワーク・デイ」。2020年の東京オリンピック開催をひかえ、交通混雑が予想される午前10時半までの間や終日、通常のオフィスへの通勤を控えて在宅勤務などを活用する試みでしたが、疲労をとも…

「それ、私の仕事じゃないんで」と言う人と仕事をすることになったら

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第30回目は「やる気のない人との付き合い方」についてです。 人と一緒に仕事をしていると、時には温度差を感じるこ…

“カチン”とくる前に「夫婦バトル」を回避する2つの方法――山口拓朗の「夫婦円満法」

今年で結婚20年目。2度の離婚危機を乗り越えて、今ではお互いが相手を認めて応援し合い、それぞれのビジネスを発展させている山口拓朗さん、朋子さんご夫婦。拓朗さんは文章の専門家として、これまでに著書を10冊以上出版。奥様の朋子さんは主婦の起業を支援…

会社で「必要とされる人」と「そうでない人」の差はどこにあるのか?ーーマンガ『エンゼルバンク』に学ぶビジネス

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー。三田紀房先生…

どうしても外食したいなら「ステーキ」にしろ!――忙しいビジネスマンが知るべき5つの「食事の知識」

バリバリ仕事をしようと思っても、健康でなければベストは尽くせない。そもそも、毎日を楽しく生きていくために健康な身体はマストだ。そして、その健康な身体づくりを司るのは、他でもない「食事」である。身体が必要とする栄養をきちんと摂取すれば、仕事…

『お酌は女性がやる』もの?「残念すぎる職場」が正直しんどい…【働く女性相談室】

「働く女性の成功、成長、幸せのサポート」という理念のもと、キャリア支援やコンサルティング、現在では結婚コンサルタントなど、幅広い領域で活躍されている川崎貴子さん(川崎さんの記事一覧)。人材コンサルティングの経験と、女性経営者ならではの視点…

「突然」の英語電話は“これで”乗り切れる、初心者向け応対マニュアル(前半)

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)や『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」について…

会社に在籍しながらキャリアの幅を広げる~株式会社ウィルゲートの支援制度がもたらす効果

通常、会社に勤務していると、どんなキャリアを積んでいくかは自分の希望だけでなく「会社の意向」にも沿うことになります。ある程度の希望は受け入れてもらえるものの、基本的には配属された部署で、その分野や職種の経験・スキルを積んでいく。そして、と…

「かしこい」と言われる人は“ゲーム感覚”を取り入れる

「資格の大原」でおなじみ、大原学園で講師を務めた経験をお持ちで、『30代で人生を逆転させる1日30分勉強法』著者でもある石川和男さんに、前々回の「時間をムダにしない人は『30分の使い方』が違う」と前回の「『かしこい』と言われる人の、時間をムダにし…

「ものごとを決めつけない。ゼロから1を生みたいから」――アソビシステム・中川悠介社長の発想術

世界で知られるようになった日本の「KAWAII」カルチャー。ファッション・音楽・ライフスタイルが融合した独特の魅力を体現するアーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅさんが所属しているアソビシステム株式会社は、東京・原宿を本拠地に、カルチャーの発信をビ…

【マンガ】知ったかぶってはいけない「ビジネス横文字」

こんにちは。しりもとです。ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語、すべて理解する事は難しいですがカッコよく使いこなしてみたいですね。 >> 過去の作品一覧はこちら 著者:しりもと 絵や漫画など描いています Twitter:@SHIRIMOTO

「口は災いの元」…反感を買ってしまう人の“口癖”とは?

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第29回目は「自分の言いたいことを角を立てずに伝える方法」についてです。 「上司の勘違いから腹立たしいことを言…

仕事で活きる「アタマの良さ」は○○で作れるんです | 勝間和代さん

さまざまなシーンで活躍しているビジネスパーソンや著名人に、ファミコンにまつわる思い出から今につながる仕事の哲学や人生観についてうかがっていく本連載「思い出のファミコン - The Human Side -」。今回ご登場いただくのは、経済評論家の勝間和代さん。…

短パンで商談したらクレーム電話が…。ビジネスに個性は不要なのか? | 奥ノ谷圭祐

第一線で活躍するビジネスパーソンに、「ファッションへのこだわり」をうかがう新シリーズ第 1 弾。今回は「冬にはコーデュロイのパンツを自分で切って短パンにしている」というほど、365日短パンを履き続ける奥ノ谷圭祐さん。短パンにこだわる理由、そして…

南栗橋、唐木田…「行き先表示」で目にする“あの駅”ってどんな駅?

東京を中心に、私鉄と地下鉄など別の鉄道会社同士が乗り入れるケースが増えています。新しい路線が乗り入れることによって、普段見かけない車両に乗ったり、行き先表示に知らない駅が表示されたりするなど、新鮮な発見があります。 そこで今回、鉄道会社同士…

【マンガ】ワンマン社長的 夏休みの過ごし方(16)

こんにちは、イラストレーターのにぎりこぷしです。皆様、お盆休みはゆっくりできましたか?ウシヤマ工業の社員たちのお盆休みは……、そしてウシヤマ社長は?どうぞお楽しみください!! みなさんの夏休みにまつわる思い出、身近なワンマン社長のエピソードな…

「自分らしく働く」とは?職種・業種・障害をこえた考え方 | にしくん

こんにちは!見知らぬ人に跡をつけられて、どうにか逃げ切った修羅ガールです。私は、以前の記事でもお伝えしたように難聴という障害を抱えています。足音などが聞き取れないので、聴覚以外の正常に動いている機能をうまく使ったり、時には人に頼ったりして…

大人の「人見知り」こそ実践したい、人の心を掴むコミュニケーション術とは?

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第28回目は「人見知りでもすぐに実践できるコミュニケーションのテクニック」についてです。 「新卒採用で重視して…

財布は「長財布」でも「二つ折り」でもいい。大切なのは…――ビジネスファッションの常識・非常識

「見た目より中身が重要だ」と語る人は少なくありません。しかし、問題は、決めるのはあくまで相手だ、ということです。どんなにスキルを身につけていたとしても、印象というのは一瞬で判断されてしまうことも少なくありません。ところが、そんなに大事な「…

部下の「残業ゼロ」を実現する6つのスキル――元マッキンゼー『ゼロ秒思考』著者が伝授

今回は、「部下の残業ゼロを実現する仕事術」について、ご紹介したいと思います。 上司の仕事は部下のお尻を叩き、部下に指示・命令だけしていれば責任を果たしているという考えの方が多いようですが、これでは今どき通用しません。 そうではなく部下に具体…

凡人は自分を「過大評価」し、賢人は決して「過信」しない――マンガ『インベスターZ』に学ぶビジネス

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー。今回は、三田…

オフィスで「ブラブラ…」が効果てきめん?気軽に運動できるワークサイズ&オフィスポに注目

近年、「働き方改革」の名のもとに、各企業でさまざまな取り組みが行われています。例えば労働時間の適正化もそのひとつ。生産性を向上するための施策を行っている企業が増えています。 そして、もうひとつ注目を集めているキーワードが「健康経営」です。20…

「文章を書くのが苦手…」から解放される意外な方法とは?

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」等の文章力・コミュニケーション力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに、今回は「これさえ知っていれば、文章を書くことへの苦手意識から…

「どん底」から脱出するために、僕が意識したこと――俳優・宮川一朗太氏の仕事論

みやかわ・いちろうた 1966年3月25日生まれ。 東京都出身。武蔵中学校・高等学校卒業。早稲田大学第一文学部中退。高校在学中に、東京芸術学院の第1期生に。1983年、森田芳光監督の映画『家族ゲーム』でデビュー、日本アカデミー賞優秀新人賞を受賞した。そ…

周囲の人に好かれるようになる、たった「5つ」の方法

「挨拶したのに素っ気ない態度をとられた」「いつも自分の意見だけ反対される」「飲み会で誰も話しかけてくれない」 世の中には、「打ち解けやすい」と思われ、周囲の人気を集める人と、「なんだか話しにくい」と思われ、よそよそしい扱いを受ける人がいます…

やってはいけない「通勤コーデ」4つのポイント

毎日の通勤コーデは働く女性の悩みのタネ。 おしゃれを楽しみながらもオフィスに相応しい格好をするために、 最低限控えたほうがいいと思われるNGポイントをまとめてみました。 【mkmrt1(希)】 プチプラをMixした、上品でキレイめ&高見えするアラサーコー…

GU新作など、プチプラで作る“きれいめ”通勤スタイル<小物編>

さて、前回は、プチプラブランドを取り入れたコーデをご紹介しました。 せっかくならプチプラならではの小物遊びも楽しみたいですよね。 今回の記事では、プチプラ小物を使ったコーデをご紹介します^^ *本記事でご紹介するアイテムはすべて2017年8月、筆…