ご教授?ご教示?教えを乞う場合の敬語あれこれ

 敬語は使い方が難しく、社会人になってもいまいち使い方に自信がないという方も多いでしょう。その中でも相手に「教えを乞う」場合の敬語は何を使ったら良いのか迷うものです。「ご教示」なのか「ご教授」なのか、いまいちはっきりしませんよね。そこで今回は「教えて下さい」を意味する敬語にまつわるお話をまとめていきます。社会人生活を送るうえでの参考になれば幸いです。

f:id:r_kihara:20160801152833j:plain

教えてくださいの丁寧な伝え方とは

 まず単純に「教えて下さい」をより丁寧に伝えるとどうなるのかを考えてみましょう。特別難しい敬語を使わずに、「教えて下さい」を丁寧に言い表すには「お教え頂けませんか?」などがおすすめです。これならば言い回しが複雑になったり、難しい敬語が登場したりといったことがなく、丁寧さが伝わりますよね。また、「ご指導いただけませんか」という言い回しも便利です。教える=指導するととらえて、多少の言い換えを含んでいますが十分に丁寧な雰囲気が伝わります。このように単に「教えて下さい」と言うよりも、「頂く」「指導」といった言葉を含ませることでより丁寧かつスマートな印象を与えることができますから、ビジネスシーンなどで活用してみてくださいね。その他にもよりシンプルに「お教えください」や、「ご意見をお聞かせいただけますか」という少し遠まわしな言い方、上品さがある「教えていただけますでしょうか」などもビジネスシーンに適しています。どれを使っても間違いということはありませんから、まずは積極的に使って丁寧な言い方を習慣づけましょう。

教えてくださいの言い換えもさまざま

 「教えて下さい」をできるだけ簡単かつ丁寧に言い換えたものを紹介しましたが、より敬語らしい言い換えもあります。それは「ご教示」「ご教授」の二つです。社会人であればこの二つは、社内のメールなどでもよく目にすることでしょう。発音もよく似ている上に、「教」という字が入っていることから他人に教えを乞う場合の丁寧な言い方であることはわかりますよね。しかしこの2つには微妙なニュアンスの違いが含まれているのです。

・「ご教示ください」
「ご教示ください」は、「教えて下さい」のより丁寧でかしこまったものと考えて良いでしょう。教示=教え示すという単語が現すとおり、単純かつ明示的に何かを教えて欲しいときに使う敬語です。教えてほしい内容が特に専門的でなく、長期間つきっきりでノウハウを伝授されるようなものでなければ、「ご教示ください」が正しい使い方となります。

・「ご教授ください」
「ご教授ください」は、専門的な知識やノウハウなどをある程度の期間継続的に教えてほしい時に使います。いわゆる「伝授してほしい」という言葉にニュアンスが似ていると考えれば良いでしょう。よく使われるのが楽器やスポーツなどの習い事に関することです。「ピアノの基礎をご教授頂けませんか」というように、長期間の鍛錬・訓練が必要な楽器やスポーツの分野では、日常的に「ご教授」が使われています。「ご教示」とは明確な違いがありますので、注意してください。

 いかがでしょうか。この2つの敬語はニュアンスの違いをしっかりとおさえておきましょう。例えば、会社の先輩や上司に顧客の一覧を見せてほしいと頼むときは「ご教示ください」が、特定の顧客についてのより細かな情報や営業ノウハウ、接客のコツなどを教えてほしい時は「ご教授ください」が適していると言えます。ビジネスシーンでは、つきっきりで誰かに教育されるという機会があまりないでしょうから、一般的には「ご教示」を使う機会が多いかもしれません。しかし短い時間であっても、一つの事柄に対して頻繁に質問する機会があるようであれば、「引き続きご教授願います」としたほうが無難です。状況に応じてしっかり使い分けていきたいところですね。

教えてあげたい!と思ってもらうように言葉遣いを実践しよう

 ここまで「教えて下さい」という意味の敬語を紹介してきましたが、どの敬語を使うにしろ普段からの心がけが大切なことに変わりはありません。教えて欲しい段階になって急に敬語を使い始めても、相手は「こんな時だけ敬語か」と気を悪くする可能性があります。常日頃から、先輩や上司、顧客には丁寧な言葉づかいを心がけ、印象を良くしておきましょう。人間関係も円滑になりますし、仕事もスムーズに進む可能性が高くなります。また、社会人になってから他人にものを教わるというのは、わざわざ相手にコストを支払ってもらうことと同義です。社会人として大切な「コスト意識」があれば、時間や労力の貴重さが実感でき、物を教わることの重さが理解できるでしょう。そうなれば自然と物腰も丁寧になり、いざというときの敬語に重みが出てくるのです。上司や先輩、顧客に「この人には教えてあげたい」「教えたらメリットがあるだろう」と感じてもらえるように、丁寧かつ好印象であることを心がけてみてくださいね。

Pagetop