第7回GOOD ACTIONアワード 表彰式レポート

2021年3月3日、第7回「GOOD ACTION アワード」の表彰式を開催しました。新型コロナウイルス感染防止のため、今回は応募取り組みへのヒアリングや審査員による議論などをすべてオンラインで実施。表彰式はウェビナー形式での開催となりましたが、受賞取り組みの皆さまにもご参加いただき、「審査員賞」「ワークスタイル・バリエーション賞」「ワークスタイル・イノベーション賞」「トレンド賞」「Cheer up賞」の各表彰を行いました。受賞取り組みの皆さまや審査員のコメントを交えて当日の模様をご紹介します。

審査員賞

各審査員が独自の目線で選んだ3つの取り組みを表彰

「自ら動く」ことで女性のワークスタイルの変化に消極的な社風を一変
ワークスアイディ株式会社

受賞のポイント

  • 1 自身のキャリアと向き合い、率先垂範し続けた女性社員の想いと行動力
  • 2 派遣業界の常識に流されることなく電話面談やテレワークを積極的に導入
  • 3 女性社員一人ひとりが希望をかなえられるようテレワークチームを組織

審査員・守島 基博氏より

GOOD ACTION アワードは、第1回から「1人の人間がアクションを起こし、それが最終的に組織全体へ広がっていく」過程に注目してきました。ワークスアイディさまではまさに1人の女性社員が立ち上がって、会社全体の考え方や文化を変えています。このアクションによって働き方が変わり、テレワークが広がったことももちろん素晴らしいのですが、1人の人間が従来の会社の文化という「大きな敵」に立ち向かい、勝利を収めつつあることを高く評価しました。

受賞企業さまより

私を発端とした取り組みだとご紹介いただきましたが、今回の受賞は社長をはじめとした会社の上層部や上司、さらには取り組みに賛同して動いてくれたチームのメンバーがいたからこそだと思っています。当社を含めて、企業の女性活躍の取り組みはまだまだ発展途上な部分が大きいのではないでしょうか。今回の受賞を機に、女性をはじめとした多様な人材の働き方を肯定し、発信していくことが私の責務になると感じています。これからも会社や世の中全体を変えていくことに貢献したいと思います。

人材不足のピンチをチャンスに変えた「ダイバーシティ経営」
大橋運輸株式会社

受賞のポイント

  • 1 男性社会だと思われがちな運輸業界で約10年にわたりダイバーシティを推進
  • 2 一人ひとりの個性を生かすことで新規事業創出や社員の成長を実現
  • 3 ダイバーシティは大企業だけでなく中小企業にも大きな意味があることを体現

審査員・アキレス 美知子氏より

私自身、ダイバーシティに関しては過去20年にわたり、さまざまな企業の現場で推し進めてきました。その経験をもとに見た大橋運輸さまの取り組みからは「本質的な部分を突いている」と感じさせられました。ダイバーシティでは性別や国籍などの属性に注目が集まりがちですが、いちばんの要は「一人ひとりとどう向き合うか」です。女性活躍の施策を行えばすべての女性が活躍できるわけではありません。一人ひとりの個性と向き合い、課題を解決していることが素晴らしいと思いました。

受賞企業さまより

私たちのダイバーシティはスムーズに進められたものではありません。さまざまなトライ・アンド・エラーを繰り返す中で気づいたことがたくさんありました。個々人が働きやすくなるよう取り組んできた結果、社内全体にも働きやすさが広がっていきました。今後も職場環境を良くして、優秀な人材を増やしていきたいと考えています。ダイバーシティは大企業の取り組みだと思われがちですが、中小企業にこそダイバーシティが必要です。今後は多くの中小企業にその意義を伝えていきたいと思います。

創業から130年以上の老舗企業が挑んだDX
株式会社カクイチ

受賞のポイント

  • 1 入社1年目の社員をリーダーにしてSlack導入を進め、アナログ文化を変えた
  • 2 従来の管理職の役割が見直され、経営トップから社内の隅々まで情報共有される体制に
  • 3 組織横断型「タスクフォース」によって社内連携を深め、個人の成長にも寄与

審査員・藤井 薫氏より

「DX」はIT企業や新しいベンチャーだけのものではなく、長い歴史があり、社員数の多い会社でもできるのだと教えてくれた取り組みでした。その火付け役が入社1年目の方。そうした若い方々が古いアナログ文化を変えていったという点では大きな勇気もいただきました。DXは口で言うのは簡単ですが、長くその会社で働く人にとっては「慣れ親しんだ仕事のやり方を変える」ことでもあり、抵抗されがちです。カクイチさまではITアンバサダーという制度をはじめ、全員を巻き込んでいく取り組みも光っていました。昨今ではカジュアルでフラットな組織を作ることが多くの企業の課題となっています。全員参加型で、部署を超えて知恵が共有されるカクイチさまから、日本企業全体が学べるのではないでしょうか。

受賞企業さまより

当社は、ものすごく古い会社です。なかなか変われない部分も多かった中で、社長の代替わりを機に新しい取り組みを進めてきました。社内では「変えることを変えない」というスローガンも大切にしています。DXはレガシー企業にとっては大きなハードルだと思います。「そろそろ自社でもやろうかな」といった軽い考えではなかなか変わりませんし、魔法のツールがあるわけでもありません。どうやって本気で変えるかを考え、実際に血と汗が流れた分だけ成果につながるのではないかと感じています。

審査員賞 / ワークスタイル・バリエーション賞

性別や年齢、国籍などの属性はもちろんのこと、働く個々人の価値観など内面的なバリエーションもとらえた取り組みを表彰
※審査員・若新 雄純氏の審査員賞も合わせての受賞

「シルバー人材×AI」日本語力を活かしたシルバー人材の新しい働き方
株式会社ライトカフェ

受賞のポイント

  • 1 「日本語能力」「真面目さ」というシルバー人材の強みに着目して新たな職場を創出
  • 2 シルバー人材が求める仕事のやりがいに応えつつ、自社のビジネス課題も解決
  • 3 向上心の高いシルバー人材の姿勢に刺激され、若手メンバーもモチベーションアップ

審査員・若新 雄純氏より

僕は審査の過程を通じて、この取り組みが「イチオシ」でした。これまでのシルバー人材活用施策とは一線を画しているのではないでしょうか。昨今話題のAIですが、コンピュータが勝手に学習してくれるわけではありません。人間が教師データを教えなければAIも学べません。一方で人生経験豊富なシルバー世代には、誰かに教えたいことがたくさんあるはず。「教えたいシルバー世代」が「教えてほしいAI」に教える、さらに正しい日本語を得意とするシルバーが輝ける分野で活躍するという、素晴らしいマッチングが実現されていると感じました。

受賞企業さまより

当社は2020年3月から青森県八戸市で、シルバー人材の方々によるAIアノテーション業務を開始しました。始めるまでは不安がなかったわけではありません。しかし実際に八戸のオフィスが稼働するようになると、シルバーの方々の仕事に対する積極性や、ICTへの適応力は想像以上に高いことが分かりました。今後も人員を増強し、アノテーション以外にもシルバーの方々が活躍できる場を広げていきたいと考えています。

ワークスタイル・イノベーション賞

働く個人や企業の生産性向上につながるイノベーティブな取り組みを表彰

叱り合う風土から「人の長所を見つける」風土への変化
大東自動車株式会社 三重県南部自動車学校

受賞のポイント

  • 1 人をほめるための研修を継続的に実施し、ブランディングだけでなく組織風土にも寄与
  • 2 かつては「叱られてばかり」だった職場が「人に関心を持って接する」職場に変化
  • 3 日々の教習を通じて「ほめる技術」を体系化し、進化を続けている

審査員・アキレス 美知子氏より

私が自動車学校で免許を取得したときのことを思い出すと、ほめられた記憶は一度もありません。いつも緊張しながら教習に入って、指導員に注意されるたびに萎縮していたと思います。それを真逆の発想で「ほめて伸ばしている」ことが素晴らしいですね。ほめることで教える側のモチベーションも上がり、職場の風土も変わっている。これを偶然に任せず、仕組み化して継続していることが重要なポイントだと思います。多くの職場で「ほめ合おう」「あいさつをしよう」といった取り組みを進めていると思いますが、継続できなければ、すぐにしぼんでいきます。良い風土を継続するための仕組み化から、多くの企業が学びを得られるのではないでしょうか。

受賞企業さまより

8年前から「ほめちぎる教習所」としての活動を始め、卒業生の事故率は従来の約3分の1に減りました。多くの生徒さんから喜びの声をいただいています。さらに、副産物として社員同士が互いの長所を見つけるようになり、職場にも「ほめる文化」が醸成されました。笑顔の多い職場となり、一人ひとりの自己肯定感も高まっていると感じています。今後もほめる文化をどんどん世の中に広めていきたいと思います。

トレンド賞

働き方に関する1年のトレンドに対応し、課題解決した取り組みを表彰

有志の社員で集まり始めた社内番組「ウラダル」
株式会社マクアケ

受賞のポイント

  • 1 有志メンバーのやってみたいことをかけ合わせ、独自の社内番組を制作
  • 2 非公式感を重視した企画・制作で、社内視聴率80%の人気番組を発信
  • 3 番組を通じて社内コミュニケーション活性化やビジョンの共有につなげている

審査員・守島 基博氏より

2020年から2021年にかけては、テレワークや在宅勤務の中で「人と人のふれあい」をいかにして作っていくかが課題となっています。マクアケさまの試みの素晴らしいところは、人と人のつながりを作ることに対して、細かな仕組みがたくさん隠されていること。キーワードは「リアル感」です。リアル感を大切にした番組制作を進め、作っている人たち自身が楽しんでいます。人と人のふれあいを高めていくことは、リアルではなくなってもできるのだと学ばせていただきました。

受賞企業さまより

2020年からは新型コロナウイルスによって、社員同士が会う機会が限られました。また、当社は事業拡大に伴い、ベンチャーでよく言われる「100人の壁」にも直面していました。そうした中、有志で企画したのが「幕ウラでダル絡み」という番組で、今も毎週木曜日の21時に配信しています。関わるメンバーが自己実現し、やりたいことを試せる場となりました。また、番組を通じて、「会ったことがないのに仲が良い社員同士がいる」という不思議な現象も見られるようになりました。今後も社員ワンチームで進んでいきたいと思います。

Cheer up賞

労働環境や職場の改善が難しいと思われている業界へエールを送る2つの取り組みを表彰

日勤・夜勤でユニフォームの色を分けて残業を大幅に削減
国立大学法人福井大学医学部附属病院

受賞のポイント

  • 1 「日勤・夜勤でユニフォームを色分けする」というシンプルな方法で時間外労働を削減
  • 2 追加コストをかけず、スムーズに施策を実施。シフト制を敷く幅広い職場で汎用可能
  • 3 重い負担がのしかかっている看護職の働き方を大きく改善できるヒントがある

審査員・藤井 薫氏より

この取り組みを知り、私自身も「悪意はないけれどつい過剰なサービス要求をしてしまう瞬間」があるのではないかとハッとさせられました。仕事に高いモチベーションを持って頑張ろうとしている働き手が、それであるがゆえに顧客や同僚・上司からの過剰な要望を断りきれない。そんな現場はたくさんあるのではないでしょうか。福井大学医学部附属病院さまはユニフォームという形で、時間外労働削減が課題となっていた看護職の方々の状況やコンディションを分かりやすく伝えています。こうした仕掛けを職場内に開発していけば、過剰なサービス要求や残業がなくなっていくのではないかと学ばせていただきました。

受賞企業さまより

この取り組みは当院が最初にやり始めたわけではなく、他の施設の取り組みを参考にして、当初は軽い気持ちで取り入れたものです。しかし、それによってさまざまな副産物が得られ、時間外労働の削減や内部コミュニケーションの充実につながっていきました。一方で懸念しているのは、この取り組みを始めてすでに数年が経ち、職場内で「当たり前」になりつつあることです。今回の受賞を機に、取り組み開始時の想いをもう一度スタッフへ共有し、一人ひとりの状況を見える化することの意義を考えていきたいと思っています。

ライバルだった海苔漁師たちが「協業化」を実現
宮城県漁業協同組合 七ヶ浜支所

受賞のポイント

  • 1 丁寧な対話で作業分担を進め、かつてはライバル同士だった海苔漁師の協業化を実現
  • 2 震災以降の事業再開だけでなく、商品のブランド化によって収益拡大にもつながった
  • 3 海苔漁師を魅力的な仕事だと感じて若手人材が流入し、町の活性化にも貢献している

審査員・藤井 薫氏より

震災後の大変な状況の中で生まれた「生きるために手を取り合うのだ」という想いが印象的でした。プロフェッショナルの知見は、長くやればやるほど暗黙知になり、人に伝えづらくなっていきがちです。そうした「秘伝の技」を協業化のために共有し、一人ひとりの職人技を超えてつなげることで、七ヶ浜の海苔のブランド化につながっています。これは漁業にとどまらず、インターネットやテレワークの時代に広く参考にできる知見ではないでしょうか。業務を分けて小口化し、遠くの企業や個人とつながって価値を高められる時代です。「分けてつなげる」ことの重要性を教えていただいた取り組みでした。

受賞企業さまより

東日本大震災から10年という節目の年に賞をいただけたことに、運命的なものを感じています。10年前、津波ですべてを失い、何もない状況から協業化に向けて舵を切りました。最初は海苔漁師の間での軋轢があり、うまくいかないこともありましたが、各自の秘伝の技術と知識を共有して、海苔の品質も生産量も飛躍的に向上させることができました。ここまで10年やって来られたのも、震災からの復興にあたって、全国の皆さまから温かいご支援をいただいたからこそだと感謝しています。これからも、七ヶ浜からおいしい海苔を届け続けることが使命だと考えています。

審査員からの総評

小さなアイデアを大切に、しつこくやり続け、大きくほめる
守島 基博 氏

学習院大学 経済学部経営学科 教授/一橋大学 名誉教授

思い返してみると、2020年から2021年にかけては、企業経営や社会全体でさまざまなチャレンジがありました。コミュニケーションのあり方も大きく変わっていかざるを得ませんでした。今回受賞された各取り組みから、こうした脅威に立ち向かっていくための3つの要素を学べると思います。

1つは、ある意味で凡庸な、「昔から言われているようなアイデア」が重要だということ。ほめることや、ダイバーシティを進めて他者の個性を認めること、病院であれば制服の色。そうした小さな部分に気づいていくことがとても大切なのでしょう。2つ目に「努力」「しつこさ」です。受賞されたみなさまに共通しているのは、くじけることなく、しつこくやり続けたことだと思います。そして3つ目に「成功を称えること」。いろいろなことに挑戦すれば、良い面も悪い面も表れてきます。良い面が出てきたときには、思いきりほめて大きく伝えていくことも大切です。この3点から学び、私も小さなアイデアを大切にして成果を上げていきたいと感じました。

「働き手をハッピーに」という本質を大切に、さまざまなアイデアに挑戦を
アキレス 美知子 氏

SAPジャパン特別顧問/横浜市参与
EMPOWERジャパン共同代表

外部環境は昨年とは大きく変わりました。新型コロナの影響もありますが、その前から日本経済はどちらかというと停滞気味で、なおかつ人材不足。知恵を出し合わなければ将来の存続が難しくなるという企業も多かったと思います。そうした中でリモートが当たり前になり、誰かに会いたくてもなかなか会えなくなった。今回の受賞取り組みには、この状況で一体感を作るヒントがたくさんありました。また、5年前と比べればさまざまな働き方が実現されるようになりましたが、働き手がハッピーでなければ成果にはつながりません。今回の受賞企業はその本質もぶれずに大切にしていると感じます。

大企業は制度が充実し環境に恵まれています。一方で中小企業は、スピード感を持って新たな取り組みを進められることが利点です。今後もさまざまな困難が訪れると思いますが、アイデアは無限大です。今後もさまざまなアイデアを、多くの企業で実践していただきたいと思います。

これからは「居心地のいい職場や組織を作っていくこと」が目的になるのかも
若新 雄純 氏

慶應義塾大学特任准教授/株式会社NEWYOUTH代表取締役

僕はこれまでに6社の起業を経験していますが、最初に起業したのは大学1年生でした。そのときから働き方や組織の新しいあり方をテーマとしています。しかし以前はよく「働き方や組織のあり方は企業として結果を出すためのプロセスに過ぎない」と言われたものでした。

今回の表彰においては、結果がどうだったか、売り上げにつながったか、サービスが向上したかというよりも、取り組みそのものやプロセスを重視しています。世の中もプロセスそのものに関心を寄せるようになりました。今後は完全に逆転して、「居心地のいい職場や組織を作っていくことが目的」になり、「それを維持するために商品や売り上げがある」という常識が生まれるのかもしれません。

トライの数や失敗の数、そのために走った距離がますます重要になってきている
藤井 薫 氏

株式会社リクルート リクナビNEXT編集長

今回の受賞取り組みを振り返り、浮かんだキーワードが2つあります。1つは「はじめてのおつかい」。あの人気番組のタイトルですね。新型コロナの影響により、多くの人がオンライン環境で働いたり、飲食店がデリバリーに挑んだりと、「初めての挑戦」が多い年でした。あの番組の中では、子どもたちが危ない目にあいそうになったら周りの大人が助けてくれます。同じように、ひたむきにチャレンジしていれば周りの人が応援してくれるようになるもの。そんな「ひたむきさ」が大事だと教えられました。

もう1つのキーワードは「黒ひげ危機一発」。あのドキドキするゲームのように、どの穴に刺せば黒ひげが飛び出すのか、まったく分からない時代です。この状況で大切なのは「トライ・アンド・エラー」に加えて「アンド・ラン」。トライの数や失敗の数、そのために走った距離がますます重要になってきています。そうして取り組み続けていくが、いきいきとした職場の実現につながっていくのではないでしょうか。

※ 本ページの情報は全て表彰式当時の情報となります。