転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2018/8/10UP! 毎週水・金曜更新

法律の観点から日本の電力システム改革を支える法務職(正職員)

  • 正社員

電力広域的運営推進機関(すべての電気事業者が、当機関の会員です。会員の事業者を取りまとめ、日本の電力、そして社会を支える司令塔の役割を果たします)企業ページ

こちらは、 2018年5月25日〜2018年6月7日にリクナビNEXTに掲載されていた、募集が終了している求人情報です。

この求人と似ている求人

その他の求人を条件から探す

日本の電力の未来を担う中立・公平な機関。
法律と対人折衝のプロを必要としています。

今、日本の電力エネルギー業界は大きな転換期を迎えています。

2016年4月より、電気の小売業が全面自由化。
2020年には、送配電部門の法的分離が実施されます。

こうした中で、その電力システム改革の第一段階として、
全国で電気事業の広域的運営を推進するために設立されたのが
私たち電力広域的運営推進機関です。

その広域機関内で法務職のプロとして、
当機関に寄せられる様々な苦情及び相談の解決や、
機関内の規定整備、電力システム改革の
制度変更に伴う諸規定の作成・変更など、
日本の電力システム改革を円滑に進めていく為の法務専門職として、 
なくてはならない存在として活躍しませんか。
お任せしたいのは、
電気事業者からの苦情・相談に対する紛争解決対応や
規定関連の作成及びリーガルチェックといった
本機関内での法務業務。

法務業務では、
機関内外からの問い合わせ対応を行うため
各種規定内容を法務的観点から解釈。

民法や会社法といった
法令との関係の提示なども行います。

また、紛争解決対応では、
発電事業者、小売電気事業者、一般送配電事業者などからの
さまざまな苦情や相談に対応。

契約や費用負担にかかる内容など、
技術者や顧問弁護士と連携を取りながら
解決をしていきます。

人と接する対応力や
本音を引き出す傾聴力も重要なスキル。

本機関における法務のプロとして
自ら判断、発信していただくことを期待しています!

募集要項

「電気事業の広域的運営」推進のために、
電気事業法に基づき2015年に発足。
経済産業省の認可法人として、全国規模での需給調整、
中長期的な安定供給の確保、電力系統の公平な利用環境の整備等を行っています。

電力の安定供給を損なわず事業機会を拡大し、
電力市場の中立・公平な競争を実現する電力システム改革。
その、日本の電力の未来を担う機関で、法律に関するご経験を活かしませんか。

仕事の内容

あっせん・調停手続の実施、事業者から寄せられる苦情・相談対応、規程作成・法務チェック等の法的文書企画

【具体的には】
下記の法務関連業務をお任せします。

◆本機関内の法務業務(規定類のリーガルチェック等)
・電力システム改革の制度変更に伴う諸規定の作成・変更
・各規定類の変更条文案の法務的視点でのチェック・修正案提示、検討に参加し変更条文案を作成
・顧問弁護士への法務相談に際する事前の論点整理や法務相談
・その他機関内の法務相談応対、契約書類チェック等

◆電気事業者からの苦情・相談対応及びあっせん・調停手続き
・発電事業者、小売電気事業者、一般送配電事業者などの電気事業者からの
 苦情・相談を主に電話やメールで受け付け、対応
※相談内容は「一般送配電事業者に契約申込を行なったが回答が遅い」、
 「工事の費用負担割合に納得できない」など。
 双方の話を聞き、技術者や弁護士等の有識者、
 及び関係機関とも連携しながら解決していきます。
※あっせん・調停が必要な場合には事務局として場を設定し、解決する道筋を作ります。

求めている人材

大卒以上 ◆規定類のリーガルチェックなど企業法務に関わる実務経験をお持ちの方

【具体的には】
◆以下の方は歓迎します
・弁護士有資格者、司法試験合格者は尚可
・高い法務知識を基に、会社経営に関する規程類を作成した経験のある方
・外部有識者のアドバイスなしで自ら判断ができる方
・役員レベルに対しても説得力のある説明ができる方
・紛争・調停など対外的な問題解決にあたった経験のある方
・まず相手の考えを受け止める対人力や、じっくり本音を引き出す傾聴力の高い方

※電力技術に関する知識があれば尚可

勤務地

東京都江東区豊洲6-2-15

→リクナビNEXT上の地域分類では……
東京23区

【交通手段】
新交通ゆりかもめ「新豊洲駅」徒歩1分
東京メトロ有楽町線「豊洲駅」徒歩約12分

給与

月給30万円以上
※上記金額は、本給+一律地域手当の額
※能力・経験を考慮の上、機関の規定により決定

【年収例】
640万円/<残業なし>35歳・一般職/固定月給35万円(本給+一律地域手当)、扶養手当(配+子)、住宅手当
740万円/<残業月30時間想定>その他条件は同上

勤務時間

9:00〜17:40(休憩60分)

休日・休暇

完全週休2日制(土日) 祝祭日
年末年始(12/29〜1/3)
年次有給休暇(年間最大20日、繰り越し有)
夏季休暇
その他慶弔等の特別休暇

待遇・福利厚生

昇給年1回
賞与年2回
交通費全額支給
各種社会保険
諸手当(扶養手当、住宅手当等)
退職一時金及び確定拠出年金
福利厚生代行サービス

※試用期間なし

リクナビNEXTの取材から

〜同僚の皆さまに聞いてみました〜

  • ◆日本の電力の未来に直接貢献できる
    制度や政策を作るだけでなく、
    実際の指針や規定を計画運用する所まで担えるのが当機関の特徴。
    相談を解決するだけでなく、問題点を分析し、次の計画運用につなげていくことができるのです。
    日本の電気の安定供給実現や再生可能エネルギー導入に直接貢献している実感があります。

    紛争解決対応室長
    神田

  • ◆風通しのいい組織
    以前は大企業で知財を担当していましたが、
    当機関は理事長とも距離の近いコンパクトな組織。
    すぐに集まって、物事が決まっていくので、話が早く、仕事もスムーズです。
    各部門には豊富な経験と知識を持ったスペシャリストが集まっているので、
    非常に中身の濃い仕事ができているという実感もあります。

    紛争解決対応室長
    神田

〜将来あなたに期待したいこと〜

全国の電力会社やエネルギー会社からの出向職員と、
様々なバックグラウンドを持つプロパー職員にて構成される当機関。
『日本の電力を支える』という強い使命感を胸に、一丸となって業務にあたっています。
あなたには今までの経験を存分に発揮すると同時に電力に関する幅広い知識やスキルを身につけ、
組織づくりにも積極的に関わっていただくことで、当機関、
そして日本の電力の未来を担う存在として活躍いただきたいと思います。

採用企業情報

電力広域的運営推進機関

設立

2015年4月1日

代表者

理事長 金本 良嗣

従業員数

156名

事業所

東京都江東区豊洲6-2-15

業種

電力・ガス・水道・エネルギー関連/団体・連合会・官公庁・独立行政法人

事業内容

■電気事業者の需要計画、供給力確保計画、電力系統の増強・変更計画を取りまとめ、「周波数変換設備」や電力会社間で電力のやりとりを行う際に必要な「連系線」などの整備計画を策定 ■各エリアの電気事業者の需給バランスや周波数の広域的な運用調整 ■災害等による電力需給のひっ迫時において、電源の焚き増しや電力融通を指示する需給調整 ■発電所の系統接続の受付や電力系統情報の公開に関わる業務

連絡先

電力広域的運営推進機関(ホームページ
〒135-0061 東京都江東区豊洲6-2-15
人事グループ 採用係

法律の観点から日本の電力システム改革を支える法務職(正職員)

電力広域的運営推進機関