転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2018/7/20UP! 毎週水・金曜更新

日本の新たな電力市場を創設する企画職◆電力広域的運営推進機関

  • 正社員

電力広域的運営推進機関(すべての電気事業者が、当機関の会員です。会員の事業者を取りまとめ、日本の電力、そして社会を支える司令塔の役割を果たします)企業ページ

こちらは、 2017年12月6日〜2018年1月9日にリクナビNEXTに掲載されていた、募集が終了している求人情報です。

電力広域的運営推進機関が、現在募集中の求人

電力広域的運営推進機関が、現在募集中の求人はありません。
右の「気になる」ボタンを押していただくと、この企業が募集を開始した際にメールでお知らせします。

この求人と似ている求人

その他の求人を条件から探す

新たな電力市場を創設するのは、あなた。
電力システム改革の一翼を担うチャンス!

これが、あなたにお任せしたいプロジェクト。

私たち電力広域的運営推進機関は、
電力システム改革の第一弾として発足し、電力システム改革が進展する中
電気事業の広域的な運営の推進を担っています。

今回は、2020年に実施される送配電部門の法的分離にあわせ、
電力需給バランスの評価と需給調整市場の創設を
実現するためのプロジェクトを担当していただく方を募集。

新たな市場をつくっていくために、
一般送配電事業者や発電事業者、小売電気事業者はもちろん
各方面の有識者とコミュニケーションを取りながら
未来の電力供給を支えるシステムを構築する仕事です。
地域間連系線の活用に関する課題、
ゲートクローズ後の調整力の質や量に関わる課題など、
電力の安定供給を効率的に実現する
仕組みを形にするには、多くの分析や審議が必要。

ですが、電力市場全体の新たな枠組みをつくるという
この唯一無二のプロジェクトは、
一生に一度巡り会えるかどうかの稀少な仕事。

そして、電力の系統運用などの経験を持つあなたにしかできない、
とてもやりがいの大きな役割です。

2020年にまずは市場をスタートさせ、
その後運用を分析、改善を重ねながら、
全国に展開可能な仕組みを形にしていきます。

日本の電力の未来を担うプロジェクト。
そのやりがいを、一緒に楽しみましょう!

募集要項

当機関は「電気事業の広域的運営」を推進するために、
電気事業法に基づき、2015年4月1日に発足。

経済産業省の認可法人として、全国規模での需給調整や
中長期的な安定供給の確保、電力系統の公平な利用環境の整備などを行っています。

今回は、電力自由化に伴う新たな需給バランスの仕組みづくりを推進する
重要な役割を担っていただく方を募集します。

仕事の内容

新たな電力市場を支える電力需給バランスに関わる評価および枠組みの制度設計業務

【具体的には】
電力の安定供給を実現するための
需給バランスに関わる評価やさまざまな仕組みづくりをお任せします。

・データ分析
・地域間連系線のマージン設定
・再生可能エネルギーの分析
・ゲートクローズ後の調整力の必要量の検討
・電源入札の仕組み
・需給調整市場における調達・運用の仕組み
・上記に関わる作業会、検討会、委員会の実施・運営など

【多くの関係者と関わります】
電力供給に関わる業者だけではなく、
経済産業省や有識者などさまざまな
ステークホルダーへの提案、協議、調整などをお任せします。

・一般送配電事業者
・発電事業者
・小売電気事業者
・各有識者など

◇◆ 心強い存在があなたを支えます ◆◇
上記を任されているマネージャーと一緒に
業務を進めることができるので、
不明点の相談などいつでもアドバイスに乗ってくれます。

求めている人材

電力の系統運用に関する実務経験、知識を持ち、主体的に取り組める方

【具体的には】
・コミュニケーション力に自信がある方
・積極性を持って意見を発信し行動できる方
・フットワークが軽く行動力のある方
・多方面のステークホルダーと関係性を築ける方

◇◆ 電力の技術力が活かせる ◆◇
電気事業者などでの電力需給運用等の経験を活かして
将来の電力市場を構築するスケールの大きな仕事です。

勤務地

【転勤なし】東京都江東区豊洲6-2-15

→リクナビNEXT上の地域分類では……
東京23区

【交通手段】
新交通ゆりかもめ「新豊洲駅」徒歩1分
東京メトロ有楽町線「豊洲駅」徒歩約12分

給与

月給34万円以上

※能力・経験を考慮の上、機関の規定により決定
※扶養手当、住宅手当は、機関の規定に従い支給

【年収例】
600万円/月給34万円+賞与+扶養手当+住宅手当(35歳/一般職)

勤務時間

9:00〜17:40(休憩60分)

休日・休暇

完全週休2日制(土日)
祝祭日
年末年始(12/29〜1/3)
年次有給休暇(年間最大20日、繰り越し有)
夏季休暇
その他慶弔等の特別休暇

待遇・福利厚生

昇給年1回
賞与年2回
交通費全額支給
社会保険完備
諸手当(扶養手当、住宅手当等)
退職一時金及び確定拠出年金
福利厚生代行サービス

リクナビNEXTの取材から

〜同僚の皆さまに聞いてみました〜

  • この仕事の特徴は、なんと言っても「日本の新たな電力安定供給の仕組みづくり」というスケールの大きさだと思います。一般送配電事業者や発電事業者など各方面への提案や調整など、実現可能な制度を形にしていくため日々多くの業務を行っていますが、非常に大きなやりがいを感じながら取り組めています。

    山本(企画部マネージャー)

  • 国策でもある新たな取り組みを任される中で、まずは2020年にエリアごとの市場をスタートさせ改善を加えていきながら、全国規模で展開できる仕組みづくりを進めていく予定。決して一過性の事案ではなく、常に安定した電力需給バランスを保っていくために必要なプロジェクトです。

    山本(企画部マネージャー)

〜将来あなたに期待したいこと〜

全国の電力会社やエネルギー会社からの出向職員と、
様々なバックグラウンドを持つプロパー職員にて構成される当機関。
『日本の電力を支える』という強い使命感を胸に、一丸となって業務にあたっています。
あなたには今までの経験を存分に発揮すると同時に電力に関する幅広い知識やスキルを身につけ、
組織づくりにも積極的に関わっていただくことで、当機関、
そして日本の電力の未来を担う存在として活躍いただきたいと思います。

採用企業情報

電力広域的運営推進機関

設立

2015年4月1日

代表者

理事長 金本 良嗣

従業員数

156名

事業所

東京都江東区豊洲6-2-15

業種

電力・ガス・水道・エネルギー関連/団体・連合会・官公庁・独立行政法人

事業内容

■電気事業者の需要計画、供給力確保計画、電力系統の増強・変更計画を取りまとめ、「周波数変換設備」や電力会社間で電力のやりとりを行う際に必要な「連系線」などの整備計画を策定 ■各エリアの電気事業者の需給バランスや周波数の広域的な運用調整 ■災害等による電力需給のひっ迫時において、電源の焚き増しや電力融通を指示する需給調整 ■発電所の系統接続の受付や電力系統情報の公開に関わる業務

連絡先

電力広域的運営推進機関(ホームページ
〒135-0061 東京都江東区豊洲6-2-15
人事グループ 採用係

日本の新たな電力市場を創設する企画職◆電力広域的運営推進機関

電力広域的運営推進機関