転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2018/12/14UP! 毎週水・金曜更新

地域おこし協力隊(プロモーション・企画など)◆食・住付き!

  • 契約社員
  • 未経験者歓迎

◆山形県中央部の町が「地域おこし協力隊」の第2期メンバーを募集! ◆着任中の住居は無償貸与&1年分のお米・味噌・醤油を支給 【大石田町(おおいしだまち)役場】企業ページ

こちらは、 2018年10月5日〜2018年11月1日にリクナビNEXTに掲載されていた、募集が終了している求人情報です。

大石田町役場が、現在募集中の求人

大石田町役場が、現在募集中の求人はありません。
右の「気になる」ボタンを押していただくと、この企業が募集を開始した際にメールでお知らせします。

この求人と似ている求人

その他の求人を条件から探す

「自然豊かな大石田町を心から楽しむこと」
それが、隊員へのミッションです。

「大石田駅に初めて降り立った瞬間のことを
今もはっきり思い出せます」

と言うのは、昨年より地域おこし協力隊の
第1期メンバーとして活躍する香坂明さん。

「青い空がどこまでも広がり
都会では味わえない開放感がありました。
“ここから何かが始まる予感”がして、
とてもワクワクしました」


【地域おこし協力隊】とは、移住促進や町おこしを目的に
実際に大石田町に暮らしながら、その魅力をSNSで発信したり
コミュニティスペース「KOE no KURA」での
イベント企画などを行う事業のこと。

やみくもに新しさを目指すのではなく
すでにあるものを見つめなおすことで、地域に灯りをともす。
そんなイメージのもと、日々の活動を行っています。
分かりやすい観光地こそありませんが、
町を南北に流れる最上川をはじめ、
四季の表情が豊かな大石田町。

水が綺麗で空気が澄み、
地元産の農作物は何を食べても最高。
実は、とっても贅沢な環境なのです。

少し車を走らせれば、銀山温泉や肘折温泉など
東西南北どこに行っても名湯に行き当たります。
また、周辺のキャンプ場の多さも特徴です。

□いつかは東北に戻りたい
□一度は田舎暮らしをしてみたい

そんな方なら、きっとここでの生活を楽しめるはず。

すでに頭の中にイメージが浮かんでいるなら、
もう隊員としての活動は始まっています。

そして、あなたが感じた楽しさを、
移住希望者や町民に向けて
あなたならではの方法で発信してください。

募集要項

【大石田町地域おこし協力隊】

事業開始から一年半が経過し
移住希望者の反響や町民の認知も高まってきた今、
隊の活動をより魅力あるものにするための募集です。

先輩隊員や町のまちづくり推進課の職員も
あなたの活躍をバックアップします!

仕事の内容

移住促進と町おこしを目的に、アイデアを生かしたプロモーション・企画で街の魅力を発信!

【具体的には】
活動内容は3つに分かれます。

【1】移住コンシェルジュ
□大石田暮らしのススメの情報発信・プロモーション(SNS等)
□空き家の活用方法の提案

【2】食による町おこし
□町の特産品(食材)を活用した新メニューの企画

【3】スポーツによる活性化
□新たなスポーツイベントの企画
□総合型地域スポーツクラブの運営補助

◆共通
□大石田駅前賑わい拠点施設「KOE no KURA」の施設運営
□「KOE no KURA」でのイベントの企画・運営
 ※上記2つは【1】【2】のみ
□町内各地区における地域活動の活性化支援
□その他、町が認める地方創生の推進に必要な取組

◆上記と別に「大石田でこんなことをしたい」という提案も大歓迎!
新規ポストを設ける場合もあります。

★任期
平成31年4月1日以降の任用開始日から1年間。
活動実績を踏まえ1年毎に更新。最長3年まで延長可能。


◆活動実績
・移住/観光希望者向けブログ『大石田町エトペソラ』コンテンツの企画・取材
・町民向け情報紙『エトペソラ タイムス』の発行
・焙煎した蕎麦と珈琲を合せる新しい飲料『おSOBAに珈琲』の企画開発 など
★後述「やまがたハッピーライフカフェ」でも詳細をご紹介!

求めている人材

【経験・学歴は一切不問!】「田舎暮らし」「食」「町おこし」のいずれかに興味がある方 ★UIターン歓迎

【具体的には】
・活動期間中、大石田町に居住し住民票を異動できる方
・基礎的PCスキル(Word・Excel・メール)及び普通自動車免許必須

★いずれかに当てはまる方は、ぜひご応募ください!
□自然豊かな場所でゆったり暮らしたい
□大石田に縁はないが、東北や山形の魅力は知っている
□旅行・散歩好き。その土地を楽しむためのマイルールがある

勤務地

東京駅より山形新幹線直通。大石田駅まで約3時間。
山形空港までも車で約30分と、実は利便性に富んでいます。

◆山形県北村山郡大石田町

→リクナビNEXT上の地域分類では……
山形県

【交通手段】
活動に使用する車両は町が貸与&燃料費予算内支給
★自家用車の持込歓迎

給与

★住居は町が無償で貸与。
※Uターン者は対象外の場合あり
※転居費用、生活必需品、水道光熱費は自己負担

★着任後1年分の米(60kg)・味噌(3kg)・醤油(3L)支給。
もちろん地元産。やっぱり山形のお米がイチバン!

月給18万5000円

勤務時間

原則8:30〜17:15
※1日7.45h、1週間で38.45h以内で調整

休日・休暇

週休2日制(月8日〜)
※業務内容により変動有。その場合同週内にて調整
※別途有給休暇あり(20日)

待遇・福利厚生

活動に必要な消耗品費用、旅費等は予算内支給
住居無償貸与、1年分の米等を支給
社会保険完備
試用期間なし

リクナビNEXTの取材から

〜同僚の皆さまに聞いてみました〜

  • ▼東北で、型にはまらない仕事ができる
    前職は美容業界の営業職。妻も宮城の出身で、いつかは東北に戻ろうと話をしていました。とはいえ、なかなかフィットする求人内容を見つけられずにいたところ、出会ったのが地域おこし協力隊の募集。既成概念にとらわれず自由な発想で仕事ができそうだと、妻とともに参加を決めました。

    先輩隊員
    香坂 明さん(34歳・活動2年目)
    ※米沢市出身

  • ▼生活は想像以上に快適!
    職場の近くに住まいを用意してもらえて、通勤ラッシュとは無縁。車があれば買い物にも不便はなく、休日には趣味のアウトドアを満喫しています。大石田は県内有数の降雪地帯であるのですが、雪かきも私たち世代にとってはそれほど大変ではありません。毎日の通勤前のいい運動という感じですね(笑)

    先輩隊員
    香坂 明さん(34歳・活動2年目)
    ※米沢市出身

〜この仕事を通して身に付くこと〜

▼町のキーパーソン、東北のクリエイター…貴重な「人脈」が得られます
着任後は、町の商工会長や役場の各課長との顔合わせの機会を設けます。また、webとリアルの両面で情報発信を行うため、町内外でユニークな活動を行うクリエイターやクラフト作家などとの交流が自然に生まれるのも特徴です。得られる人脈は、協力隊の活動をより充実したものにするだけでなく、その後の人生においてもかけがえのない財産にもなるはずです。

採用企業情報

大石田町役場

事業所

◆大石田町役場…山形県北村山郡大石田町緑町1番地 ◆大石田駅前賑わい拠点施設「KOE no KURA(こえのくら)」…山形県北村山郡大石田町駅前通り9-5

業種

団体・連合会・官公庁・独立行政法人/農林水産・鉱業/レジャー・アミューズメント・スポーツ施設/その他業種

事業内容

【大石田町ってどんなところ?】山形県のほぼ中央にある、人口約7300人の町です。町の中央を南北に最上川が流れ、陸路と水路の接点という地の利から、かつては最上川舟運最大の河岸として栄えました。舟運文化を偲ばせる白い塀を描いた特殊堤防の他、旧家や蔵等もあり、江戸の当時を彷彿とさせます。主な産業は農業で、水稲やスイカ、そして「玄そば」の産地としても知られており、近年はそばの里づくりにも力を入れています。

連絡先

大石田町役場(ホームページ
<大石田町役場 まちづくり推進課 政策推進グループ>〒999-4112 山形県北村山郡大石田町緑町1番地
0237-35-2111(FAX:0237-35-2118)/佐々木
seisaku@town.oishida.yamagata.jp

地域おこし協力隊(プロモーション・企画など)◆食・住付き!

大石田町役場