転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2018/8/10UP! 毎週水・金曜更新

総合職/防災教育事業の運営・広報活動など◎防災士資格を広める

  • 正社員
  • 未経験者歓迎

◆株式会社防災士研修センター◆30代、40代活躍中!官公庁・自治体・企業に向け全国各地で700回以上の研修を実施。防災に関する教育事業のプロフェッショナル集団◆企業ページ

こちらは、 2018年6月1日〜2018年6月14日にリクナビNEXTに掲載されていた、募集が終了している求人情報です。

株式会社 防災士研修センターが、現在募集中の求人

株式会社 防災士研修センターが、現在募集中の求人はありません。
右の「気になる」ボタンを押していただくと、この企業が募集を開始した際にメールでお知らせします。

この求人と似ている求人

その他の求人を条件から探す

企業名から探す
職種から探す

教育・保育・公務員・農林水産・その他の求人・転職 > 公務員・団体職員・転職 > その他 公務員・団体職員・転職

業種から探す

その他 > 教育

経験/スキルから探す

販売 / ホール、フロア / 営業【対大企業】

勤務地から探す

関東 > 東京都 > 東京【23区】 > 千代田区

関連する求人を探す

営業企画 求人 営業企画に関連する採用情報から探す

人々、地域、社会が変わる後押しを。
未来の“当たり前”を共に創っていく。

≪身近なことから安心・安全への意識を広める≫

東日本大震災、熊本地震、ゲリラ豪雨、火山活動の活発化…。
社会全体として未曽有の事態にいかに向き合っていくのか…。

今、「防災」は、日本全体として、
全員が向き合っていかなければならないことでもあります。

当社は、防災知識をわかりやすく、
かつ総合的に学べる数少ない研修機関として、
企業、自治体などへの研修を実施。

防災に対する“日頃の備え”の重要性を広め、
地域社会・職場でリーダーシップを発揮する
防災士(NPO法人日本防災士機構の認証資格)を増やしていく。

まずは身近なところから。
そして、社会全体の防災への考えを変える
きっかけづくりを担っています。
≪防災士の活躍の場が広がっています≫

ゼロからの制度創設から16年。

思い描いていた以上に、社会全体に防災士の役割が認知され、
その活躍に各企業、官公庁と多方面から期待を寄せられています。

地域防災計画の主体である地域住民を牽引する役割、
総務省・消防庁が発表した「大規模災害団員」制度への参加など…。

実践的に防災士が活躍する場面を増やすことで、
地域・職場・家庭での防災意識も広まり、
正しい備えを社会全体で形成できるようにする。

日本の未来を変えていく。
その中軸となり活躍できるのが、今回の総合職です。

「防災士」という最初の一歩を増やしていく。
一翼を担いませんか?

募集要項

≪延べ6.4万名の受講者に防災意識・知識を普及≫
NPO法人「日本防災士機構」が認証する防災士資格。
当社は地域社会に防災の重要性を普及させる要となる
防災士の養成・研修を担うため設立されました。

災害時、公的支援が到着するまでの被害拡大の軽減や
被災者支援活動、防災意識の啓発や訓練を行う『防災士』。

今では、国、地方自治体、各企業も資格に注目しており
有資格者の活躍のフィールドが広がっています。

今後、さらに防災教育を多くの人々に実施をし、
防災士の資格保持者を生み出していくべく、新たな職員を増員募集します。
社会に貢献したいという想いがあれば防災に関する知識は必要ありません。

仕事の内容

防災教育・防災士資格の普及を目的とした各種業務(研修の運営・広報・企画など)※防災に関する知識は不問

【具体的には】
入社後は、全国での研修運営から始め
団体契約(営業)や、受講の受付、講師のアテンドなど
ジョブローテーションで幅広い業務を経験します。

さらに、将来はより会社のコアとなる、 
講師開拓や研修プログラム開発、商品開発といったポジションへ 
ステップアップも実現できます。

★顧客は、全国の自治体・企業・個人です。

職場での備えを推進したい、
防災を学び、住みよい地域づくりをしたいと、
私たちを待つ人々に対し、始めの一歩となる正しい防災知識を学ぶ機会を提供し、
“助けられる人から助ける人”に意識が変わる後押しをします。

そして、日本全体の防災リテラシーの底上げを図ります。

◎「最先端の防災教育機関として受講生に感動を与える研修を提供する」
「受講生から憧れられるようなスタッフワークを魅せる」
ことを目標に取り組んでいきます。

研修では、防災分野の中で影響力の強い講師陣を招き
ときにはこれまでの常識を覆すような知識・意識も伝えます。

≪研修の運営業務≫
 1チーム3名でチームを組み、2泊3日で全国に出張。

会場設営、当日運営(準備、受付・司会進行・空調等の環境整備)を行います。

★社会の変化に呼応し、今後は、社会で実践的に活躍する
防災士を増やすというステージに向かっています。

求めている人材

大卒以上/業界未経験歓迎◎3年以上の営業や接客の経験◎主体的に考えスピード感ある行動できる方

【具体的には】
■PCの基本スキル(Word、Excel)

≪歓迎する人物像≫
・会社を背負って立つ存在を目指す
・我々が展開する事業への想いに共感した
・仕事の成果にこだわり、実行力を発揮してきた
・前例のない取組みを、失敗を恐れず率先してきた

勤務地

◆本社
「永田町」徒歩1分
「赤坂見附」徒歩7分

→リクナビNEXT上の地域分類では……
東京23区

給与

月給23万円〜

【年収例】
400万円/総合職/経験2年/月給27万円

勤務時間

9:00〜18:00

休日・休暇

完全週休2日制(土日に研修を実施することが多く、原則平日休み)
※シフトは数ヵ月前の段階で組みオフの予定も立てやすい環境です。
確実に週2日は休むことができます。
年末年始
年次有給
慶弔

★年間休日120日

待遇・福利厚生

賞与年2回
昇給有
交通費全額支給
社保完備

※試用期間3〜6か月/条件同等

リクナビNEXTの取材から

〜同僚の皆さまに聞いてみました〜

  • ◆高校教育にも広がる
    教育現場でも防災意識は広まっています。東京都教育委員会が、都立高校生約100名が被災地を訪問する「合同防災キャンプ」を実施。防災教育という側面に加え、生徒の人格形成・進路選択を考えさせることが評価されています。また、ある学校では単位認定科目にも導入。新たな価値を生み出しています。

    研修企画部長 
    曽根

  • ◆私たちの想いへの賛同者を増やす
    東日本大震災、熊本地震、河川の氾濫などもあり、社会全体として、防災の意識が高まってきています。2003年に設立され、私たちが活動してきた結果も身を結び、防災教育、防災士資格の必要性を唱える企業、公共機関も増えてきました。さらなる認知度アップを目指して行きます。

    続き

〜将来あなたに期待したいこと〜

◆会社づくりにも関わる
創業から17年、少数精鋭で構成されていることもあり、自社の制度は未整備な部分も少なくありません。だからこそ、それぞれが培ってきた経験を活かし、社員研修や被災地研修、災害対策本部マニュアルの作成など、社員がつくり上げてきました。あなたも主体的に考え、行動し、リーダーシップをとりながら、仕組み・組織づくりにも積極的に関わってください。

採用企業情報

株式会社 防災士研修センター

設立

2003年1月

代表者

代表取締役 甘中繁雄

資本金

1000万円

従業員数

15名

事業所

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館7階

業種

教育/団体・連合会・官公庁・独立行政法人/その他専門コンサル/その他サービス

事業内容

●「防災士」を育成するための研修事業 【受講者数実績】1800名(2010年度)→6000名(2017年度) ●防災、環境、危機管理、教育訓練等に関する研修会、セミナー等の企画および講師派遣  ●防災、環境、危機管理に関する調査・研究およびコンサルタント ●防災、環境、危機管理に関する図書等の出版業 ●その他前項に関連する事業

連絡先

株式会社 防災士研修センター(ホームページ
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館7階
03-3556-5051/採用担当

総合職/防災教育事業の運営・広報活動など◎防災士資格を広める

株式会社 防災士研修センター