転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2019/1/18UP! 毎週水・金曜更新

競輪・オートレースを支える公益財団法人【総合職】未経験者歓迎

  • 正社員
  • 未経験者歓迎

公益財団法人JKA 《日本唯一の競輪振興法人・競技実施法人として『KEIRIN』の振興に努めています》 ◆年間休日123日 ◆平均勤続年数25年企業ページ

こちらは、 2019年1月11日〜2019年1月24日にリクナビNEXTに掲載されていた、募集が終了している求人情報です。

公益財団法人JKAが、現在募集中の求人

公益財団法人JKAが、現在募集中の求人はありません。
右の「気になる」ボタンを押していただくと、この企業が募集を開始した際にメールでお知らせします。

この求人と似ている求人

その他の求人を条件から探す

ここだけにしかない仕事だから面白い!
公益財団法人でキャリアを積みませんか?

私たちJKAは、競輪およびオートレースの実施、振興を
行なうことを目的に設立された公益財団法人です。
法律により地方自治体が主催する
公営競技である競輪の実施とともに、
競輪・オートレースの振興のために
メディア戦略や選手の養成なども行っています。

今回募集するのは、
様々な業務を通じ競輪・オートレースを盛り上げる総合職。

広報宣伝、競輪の番組編成、レースの審判、検車など
競技の運営に関することから、
当財団が運営する日本競輪学校で教鞭をとることもあるなど、
とても幅広い業務が特長です。

スタッフはここでしか経験できない様々な仕事を通じて、
長く安心してキャリアアップしていけます。
■年間休日123日
連休が取りやすく、10連休も可能。
家族の休みに合わせて休めます。

■福利厚生が充実
住居手当や家族用住宅・独身寮、
産前・産後・育児休暇も完備。
取得後の復帰も珍しくありません。

■先輩も皆、未経験スタート
業務に必要な知識は、入社後学べるのでご安心ください。


〜入社後の流れ〜※平成30年度実績
▼4月1日 入社
本部および伊豆事業所等で研修
法令や審判員に必要な知識や実務など、
競輪について基礎から学びます

▼6月 本配属
検車員資格を受験
※6月以降は配属先の業務と並行して、
審判員試験に向けた勉強もしていきます

▼11月
競輪審判員資格を受験

動機は「仕事が面白そう」でOK!
まずはお気軽にご応募ください。

募集要項

■経験は不問

次世代の中心メンバーとなってくださる方をお迎えします。

※入社後、全員に競輪審判員、検車員の資格を取得していただきます。
入社後の研修で勉強すれば合格できる内容なのでご安心ください。

仕事の内容

【総合職】競輪の競技実施や、競輪およびオートレースの振興に関わる業務◆幅広いキャリアが積めます!

【具体的には】
競輪およびオートレースに関わる幅広い業務に、
ジョブローテーションを通じて携わっていただきます。

■競輪およびオートレース運営支援業務
補助事業
広報宣伝
情報システムの開発・運用
選手の養成・訓練(日本競輪学校およびオートレース選手養成所)


■競輪場での競技実施業務
検車
番組編成
選手管理
審判


■その他法人全体に関する業務
本財団の総務、人事、経理



【JKAならではの業務を紹介】
≪審判≫
レースでの安全確保、違反行為の審査、失格審議などを行い、
最終的に着順を判定し、勝者の決定を行います。
お客様の投票券の結果を左右するとても重要な業務です。

≪検車≫
レース中の大きな事故を予防するために
競輪開催に参加する選手の自転車を検査します。

これらは特に、皆さんには馴染みがない業務で不安もあると思いますが、
先輩たちも同じでした。
はじめは分からなくて当然。
安心してご応募ください。

求めている人材

【大卒以上/2019年4月入社時点で38歳迄の方※長期キャリア形成の為】職種・業界未経験歓迎

【具体的には】
□物事を前向きに考え、主体的に仕事を進めていくことができる方
□新しい知識を吸収する意欲をお持ちの方
□高い折衝力をお持ちの方

★外部の各種団体との調整業務が多くを占めますので、
協調性やコミュニケーション力が大切です。

【必須条件】
(1)矯正視力が両眼で0.8以上で、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上である方
(2)色覚は、競輪審判執務に必要な識別能力がある方

入職後、競輪審判員資格を全員に取得していただくため、上記の条件を設けています。
※審判員は競輪競走における着順決定及び違反行為認定や
車番の色(白黒赤青黄緑橙桃紫)を識別する必要があります。

勤務地

JR・各線「品川駅」港南口徒歩6分◆東京都港区

※本部の場合
※全国の拠点への転勤有

→リクナビNEXT上の地域分類では……
東京23区

給与

月給20万1400円以上
※上記は最低保証額。
年齢・能力などを考慮の上、決定
※時間外手当は別途支給

※下記は新卒入社職員の年収例(参考)です
(時間外勤務手当は含まれておりません)

【年収例】
450万円/30歳(係長級)/月給28万円+各種手当+賞与
560万円/35歳(課長補佐級)/月給34万5千円+各種手当+賞与
720万円/40歳(課長級)/月給40万円+役職手当+各種手当+賞与

勤務時間

9:30〜17:30(実働7時間)
※本部の場合
※配属先による

休日・休暇

★年間休日123日(平成29年実績)

4週8休制
年次有給休暇※初年度10日
慶弔
夏季
年末年始
創立記念日(10月1日)
介護
産前・産後
育児

待遇・福利厚生

昇給年1
賞与年2
社会保険完備
扶養手当
住居手当
通勤手当
人間ドック年1
財形貯蓄
家族用住宅・独身寮
試用期間2ヶ月(同条件)

リクナビNEXTの取材から

〜同僚の皆さまに聞いてみました〜

  • ●家族と過ごす時間が増えました

    前職は営業でした。毎日帰りが遅く子どもの顔もゆっくり見られない生活に疑問を持ち、JKAに入社しました。競輪の知識はまったくありませんでしたが、入社後の研修でクリア。検車員資格も取得し、先日審判の資格を受験しました。福利厚生も充実していて長く働ける環境だと思います。

    競輪情報システム部
    入社1年目/29歳
    前職:営業
    ◆リクナビ入社

  • ●レースに関するシステムの構築・改善をしています

    オッズやレース結果の集計をはじめとしたレース運営に必要なシステムについて、全国の現場から上がってきた要望や課題などを集約。社内で実行に移すための立案をし、協力会社とともにカタチにしていきます。
    競輪の全体像を見られる仕事でもあるので、やりがいがあります。

    同上

〜職場環境・風土について〜

本財団では勤続年数10年、20年という職員が珍しくありません。
その理由は唯一無二の『競輪・オートレース』という仕事のやりがいもありますが、なんといっても働きやすさです。
たとえば充実した研修制度。入社後1ヶ月は人事による研修を行い、5月からは各配属先でも研修を実施します。大半が未経験者だった今年度入社者が、今では全員開催現場で活躍するなど、未経験の方でも安心して仕事ができる環境づくりを行っています。

採用企業情報

公益財団法人JKA

設立

平成19年8月23日

代表者

会長 笹部 俊雄

従業員数

665名(平成30年4月1日現在)

事業所

【本部】東京都港区【支部】関東:東京都港区 南関東:東京都港区 中部:愛知県名古屋市 近畿:大阪府大阪市 中四国:香川県高松市 九州:福岡県筑紫野市【事業所】伊豆事業所:静岡県伊豆市 他

業種

団体・連合会・官公庁・独立行政法人/レジャー・アミューズメント・スポーツ施設

事業内容

■補助関係(1)自転車、小型自動車その他の機械に関する振興事業への補助(2)体育・医療・文教その他公益の増進を目的とする事業への補助 ■競輪関係(1)選手・審判員・自転車の登録、検車員の認定(2)競輪の実施方法の制定(3)選手の育成・訓練・出場あっせん(4)競輪に関する広報宣伝、調査、企画等 など ■オートレース関係 ■その他 自転車競技スポーツの競技者の養成および愛好家層の拡大 など

連絡先

公益財団法人JKA(ホームページ
〒108-8206 東京都港区港南一丁目2番70号 品川シーズンテラス25階
採用担当
saiyou-jinji@keirin-autorace.or.jp

競輪・オートレースを支える公益財団法人【総合職】未経験者歓迎

公益財団法人JKA