転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2018/12/14UP! 毎週水・金曜更新

公益財団法人の【総務職】土日祝休み◆実働7時間◆六本木勤務

  • 正社員

公益財団法人 東京財団政策研究所 ◆日本が世界に誇れる『政策シンクタンク』へ◆資産約550億円◆2018年に東京財団から名称変更し、新たなステージを目指します◆企業ページ

こちらは、 2018年11月30日〜2018年12月13日にリクナビNEXTに掲載されていた、募集が終了している求人情報です。

公益財団法人 東京財団政策研究所が、現在募集中の求人

公益財団法人 東京財団政策研究所が、現在募集中の求人はありません。
右の「気になる」ボタンを押していただくと、この企業が募集を開始した際にメールでお知らせします。

この求人と似ている求人

その他の求人を条件から探す

【社会貢献】が目的の政策シンクタンク。
公益性の高い組織を支える総務職を募集!

●少子高齢化
●財政健全化
●エネルギー問題
●地方創生
●空き家対策…

など、これら日本が直面している課題。
皆さんもニュースで目にする機会が多いと思います。

私たち公益財団法人・東京財団政策研究所は、
こうした数々の課題に対して、現実に根ざした
具体的な政策研究・提言をおこなうシンクタンクです。

「政策提言」と聞くと、非日常的なイメージを持たれるかもしれませんが、
当法人の研究員は、皆さんの生活に身近な問題を解決するための研究を、20年以上続けてきました。

今回は、当法人の総務部門としてご活躍いただける方の募集です。

総務部門の職員は、研究に直接携わるわけではありません。
ですが、総務部門は組織を支える「縁の下の力持ち」でありながら、組織を牽引していく重要な役割を担っています。

社会貢献を目的とする法人の一員として組織全体を支えているという充実感は、キャリアを重ねることで、より感じられるようになるはずです。

今回は、当法人で長期的にご活躍いただきたいとの想いから、
将来の「幹部候補」の採用を実施いたします。

◎年間休日120日以上
◎土日祝日休み
◎実働7時間
◎残業は1日1〜2時間程度
◎転勤なし

など、働きやすさは抜群。

これまでの経験を活かして、さらなる「安定」と「自己成長」を手にしてみませんか?

募集要項

東京財団政策研究所は、非営利・独立の民間シンクタンク。
資産は約550億円という盤石の基盤があり、日本でも最大規模のシンクタンクです。

政策や政党の選択肢が狭まっている中で、政策シンクタンクの重要性は、これまで以上に高まっています。
こうした状況を好機ととらえ、私たちは今年「東京財団」から名称変更し、新たなスタートを切りました。

今回は、当法人の総務職としてご活躍いただける方の募集となります。

総務部門は、研究所の諸活動を円滑に進めるため、規律と柔軟さを兼ね備えています。
また、職員一人ひとりが主体性を持って、その力を最大限発揮できる環境です。

プライベートもしっかりと充実させ、10年、20年と長期的に活躍したいという方からのご応募を心よりお待ちしております。

仕事の内容

当法人の組織運営に関わる総務全般をお任せいたします ☆将来の幹部候補の募集です!

【具体的には】
◆理事会・評議会の運営
◆役員会の運営補佐
◆役員のスケジュール調整
◆規程・規則等の作成・管理
◆事業計画の取りまとめ・予算管理
◆外部関係団体との渉外業務
◆設備管理業務
◆労務・福利厚生関連業務
◆庶務 など総務全般

求めている人材

事務職の経験を5年以上お持ちの方 日常会話程度の英語が使える方 大卒以上

【具体的には】
≪以下の4点は必須項目となります≫
・大卒以上
・事務職の経験を5年以上お持ちの方
・日常会話程度の英語力
・ワードやエクセルなど、基本的なPC操作ができる方

≪また、以下のような経験・志向をお持ちの方を特に歓迎します≫
・法務・経理・人事に関わる経験・知識をお持ちの方
・組織運営の中心に立って、主体的に業務に取り組める方
・新しい取り組みを推進するバイタリティのある方

勤務地

「六本木一丁目駅」から直結! 

東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー34階

☆アクセス
東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」直結
東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線「六本木駅」徒歩5分
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」徒歩8分

→リクナビNEXT上の地域分類では……
東京23区

給与

月給 32万円〜39万円

☆経験・能力・年齢を考慮の上、規定により決定いたします。
☆時間外手当は100%支給いたします。

【年収例】
600万円/賞与・残業代含む/30代後半/月給39万円

勤務時間

9:00〜17:00(実勤7時間)

☆残業は1日1〜2時間程度です。
 基本的には18〜19時ごろには退社できます。

休日・休暇

☆年間休日120日以上

完全週休2日制(土日)
祝日
ゴールデンウイーク
年末年始
有給休暇
慶弔休暇
産休・育休(取得実績あり)

待遇・福利厚生

昇給(年1回/人事評価による)
賞与(年2回/4ヶ月分・2017年度支給実績)
交通費支給(規定による)
社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)
時間外勤務手当
福利厚生サービス
退職金制度
60歳定年(65歳まで再雇用あり)
試用期間1年間(条件変動なし)

リクナビNEXTの取材から

〜同僚の皆さまに聞いてみました〜

  • 当法人は、日本が世界に誇れる政策シンクタンクとして、新たな一歩を踏み出しました。質の高い政策研究をおこない、日本および世界の政策に影響を与え、より良い社会の実現に貢献します。そのような組織を支え、志高く共に成長していける意欲的な方のご応募をお待ちしています。

    総務スタッフ

  • 当法人の総務の業務内容は、一般企業と大きな違いがあるわけではありません。企業規模や業種を問わず、5年以上の事務経験をお持ちの方であれば、問題なく慣れることができます。民問出身の職員も多数おりますので、分からないことがあれば遠慮なく先輩職員を頼りにしてください。

    総務スタッフ

〜職場環境・風土について〜

入職後は総務部門の所属となります。
女性管理職が半数を占めており、誰もがキャリアアップを目指せます。

総務部門はもちろん、他部門でも産休・育休の取得実績があります。
時短勤務については、一人ひとりのご都合に応じて対応いたします。
例えば、週3日・9時半から4時半勤務から復帰し、徐々に日数を増やしていくということもできますので、性別を問わず、長期的に活躍したい方には最適の環境です。

採用企業情報

公益財団法人 東京財団政策研究所

設立

1997年7月(2018年に名称変更)

代表者

代表理事 門野 泉

資本金

510億7735万5761円/2017年度基本財産・基金計

売上高

10.08億円(2017年度・経常収益)←9.87億円(2016年度・同)←9.53億円(2015年度・同)

事業所

〒106-6234 東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー34階

業種

ビジネスコンサルタント・シンクタンク・コンサルティングファーム/団体・連合会・官公庁・独立行政法人/放送・出版・映像・音響/その他専門コンサル/その他サービス

事業内容

1.政策研究 2.人材育成(将来を担う人材を発掘し育成するプログラムを国内外で実施)

連絡先

公益財団法人 東京財団政策研究所(ホームページ
〒106-6234 東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー34階
採用担当

公益財団法人の【総務職】土日祝休み◆実働7時間◆六本木勤務

公益財団法人 東京財団政策研究所