転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2023/1/27UP! 毎週水・金曜更新

研究を支える事務系総合職/法務、経理、人事、システム運用 等

  • 正社員
  • 未経験者歓迎

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) ★完全週休二日制★年間休日120日以上★有給消化率平均64%企業ページ

こちらは、 過去にリクナビNEXTに掲載されていた、募集が終了している求人情報です。

国立研究開発法人 科学技術振興機構が、現在募集中の求人

国立研究開発法人 科学技術振興機構が、現在募集中の求人はありません。
右の「気になる」ボタンを押していただくと、この企業が募集を開始した際にメールでお知らせします。

その他の求人を条件から探す

社会課題の解決に貢献
科学技術で社会に大変革を起こしていく仕事

◆科学技術の今と未来を支える仕事

科学技術の力で、社会を変えていきたい。
この大きなミッションに、真剣に取り組める人材を募集します。

科学技術振興機構(JST)は
日本の科学研究の中枢を担う機関として
研究開発に対するファンディング事業を軸に
研究が円滑に進む体制や環境を整え
イノベーションの創出を通じて社会に貢献しています。

お任せしたいのは
事業を円滑に運営するため不可欠な
法務、経理、資金運用、知財、契約、
総務、人事、システム運用・開発など
会社の基盤を支える業務。

バックオフィス業務だけでなく
研究開発プロジェクトや
研究人材育成プログラムの運営、
起業支援や資金運用などの
推進業務に従事いただくチャンスもあります。
◆多彩な経験とキャリアが築けます

入社後は、多様なバックグラウンドを持つ職員と
チームワークを深めながら、業務に必要なスキルを磨いてください。
3〜5年間隔でのジョブローテーションを通じて
多様なキャリアパスを描くことができます。

社会貢献度の高い仕事がしたい方、
分野を問わず科学技術に広く関心がある方、
立場を越えて様々なステークホルダーと一緒に
仕事がしたい方には特に適した職場です。

最先端の研究開発プロジェクトを動かす機関の一員として、
日本、そして世界にイノベーションを引き起こすという
刺激的な業務に関心がある方、ぜひ応募ください。

募集要項

募集職種:事務系総合職

★社内の法務相談、契約書等の作成・レビュー・交渉支援等の経験がある方、
 経理・財務業務(特に決算業務)の経験がある方、
 システム開発・導入・運用、データベース運営の経験がある方を特に歓迎します。

仕事の内容

★事務系総合職/法務、経理、人事、システム運用等

【具体的には】
・法務、監査
例規の整備や改訂、法律相談対応、監査対応など

・経理、財務
法人予算執行管理、決算対応、財務管理など

・知財
大学等の研究成果の権利化支援、企業へのライセンス業務など

・契約
委託研究契約手続き、調達、入札対応など

・総務
広報、役員会議の運営、施設管理など

・人事、労務
異動、採用、研修、勤怠管理、労政・厚生業務、給与・社保業務など

・データベース運営、システム運用・開発
対外的な科学技術情報データベース等の構築・運営、社内業務システムの運用・開発など

★管理部門だけでなく、事業実施部門で活躍できるチャンスも!

求めている人材

★20〜30代活躍中!★法務・経理(決算)・システム開発運用経験者歓迎★四年制大卒相当以上

【具体的には】
業界・職種未経験の方歓迎

・バックオフィス業務の経験がある方
・法務、知財、経理・財務、投資・資金運用などの専門スキルを活かしたい方
・最先端の科学技術イノベーションに携わりたい方
・研究者や行政関係者等の多様なステークホルダーと円滑にコミュニケーションが取れる方
・チームワークを尊重し、周囲のメンバーと協調しながら主体性を発揮できる方
・社会貢献度の高い仕事がしたい方

<以下のような方を歓迎します>
★社内の法務相談、契約書等の作成、レビュー、交渉支援等の経験がある方
★経理・財務業務(特に決算業務)の経験がある方
★システム開発・導入・運用、データベース運営の経験がある方

▼JSTの主要プログラムや総合職の業務内容は採用WEBページでご紹介しています
https://www.jst.go.jp/hr/project_story/index.html
https://www.jst.go.jp/hr/person/index.html

勤務地

<主要勤務地は3箇所/それぞれ駅近!> 
■東京本部、東京本部別館:千代田区(市ヶ谷駅、麹町駅)
■本部:川口市(川口駅)

→リクナビNEXT上の地域分類では……
埼玉県、東京23区

給与

月給:20万5100円以上

※上記は2022年4月大卒初任給(本給)と同額、別途手当加算
※本給は経験・年齢などを考慮の上、決定します
 
<参考>35歳/係長/扶養親族なしの場合
 月給:約35万円、年間給与:約600万円
 (別途、時間外勤務手当や通勤手当、住居手当等を加算支給)

【手当】
通勤手当/月5万5000円まで
役職手当
時間外勤務手当/100%支給
扶養手当
住居手当
地域調整手当
期末手当/年2回(6月、12月)

【昇給】
年1回
(7月)

勤務時間

下記いずれかを選択できます

◆8:30〜17:00
◆9:00〜17:30
◆9:30〜18:00

★実働7.5時間
★テレワーク制度あり
★フレックスタイム制度あり
 (1か月の総労働時間数:150時間/1日の標準労働時間数:7.5時間)
★平均残業は月16.3時間(2021年度実績)

※現在は新型コロナ感染予防のため、出勤とテレワークのローテーション勤務となっています。

休日・休暇

完全週休2日制/土日

★年間休日120日以上!
★有休消化率平均64%(2021年度実績)

祝日
年末年始:12/29〜1/3
創立記念日
有給休暇(年20日間/採用月に応じて調整※10日以上)
病気休暇
特別休暇(慶弔、夏季、妊娠・出産・育児、介護 他)

待遇・福利厚生

【試用期間】
6ヵ月
(労働条件は本採用と同じです)

【保険制度】
・健康保険
・厚生年金
・雇用保険
・労災保険

オフィス内禁煙・分煙
退職金制度あり

【福利厚生】
・育児休業制度(子が3歳になるまで)
・育児時短勤務制度(子の中学校入学まで)
・介護休業制度
・国内長期研修制度
・海外短期研修、海外長期研修制度
・私費留学制度(休職)
・配偶者同行休業制度(最長3年) 他

★育児休業、育児時短勤務制度は男女問わず取得実績多数!

リクナビNEXTの取材から

〜同僚の皆さまに聞いてみました〜

  • 法的なスキル・経験を強みとして、
    社内の法務相談、契約書レビュー等を担当しています。
    相談分野は多岐にわたりますが、信頼して任せていただき
    科学技術の発展を裏方として支えていると思うと、やりがいもひとしおです。
    育児との両立は大変なこともありますが、
    時短や在宅勤務への配慮もあり、働きやすい職場だと感じます。

    法務・コンプライアンス部(2014年入職/女性)

  • 1部署目では、研究者から一般の方までが集う
    サイエンスフォーラムの企画運営や、海外連携業務を担当しました。
    現在は人財部で採用や人事評価を担当しています。
    残業が多い時期は大変ですが、コロナ禍の配慮もあり、
    休暇も取りやすいので、就業環境は良いです。

    人財部(2015年入職/女性)

〜職場環境・風土について〜

JSTは、幅広い科学技術分野における研究開発へのサポートを行う公的機関です。業務が多岐にわたる分、働く職員の専門性や経歴も多様なので、あちこちで活気のある議論が飛び交い、日々新しい気づきや刺激が溢れています。

採用企業情報

国立研究開発法人 科学技術振興機構

設立

1996年10月

代表者

理事長 橋本和仁

資本金

1兆3195億8931万円(2022年4月現在)

従業員数

1,342名(2022年3月現在)

事業所

■本部:埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル ■東京本部:千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ ■東京本部別館:千代田区五番町7 K’s五番町

業種

団体・連合会・官公庁・独立行政法人/ビジネスコンサルタント・シンクタンク・コンサルティングファーム/教育/ソフトウェア・情報処理

事業内容

JSTは世界トップレベルの研究開発を行うネットワーク型研究所として、未来共創イノベーションを先導します。 ■社会変革に資する研究開発戦略の立案と社会との共創 ■社会変革に資する研究開発による新たな価値創造の推進 ■新たな価値創造の源泉となる研究開発の推進 ■多様な人材の支援・育成 ■科学技術・イノベーション基盤の強化 ■大学ファンドによる世界レベルの研究基盤の構築

連絡先

国立研究開発法人 科学技術振興機構(ホームページ
〒332-0012 埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル15F
人財部人事第一課 採用担当
saiyou@jst.go.jp

研究を支える事務系総合職/法務、経理、人事、システム運用 等

国立研究開発法人 科学技術振興機構