転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2018/11/9UP! 毎週水・金曜更新

富山県を代表する新聞社での総合職(記者、営業)

  • 正社員

株式会社北日本新聞社<<朝刊発行部数約23万3000部/1884(明治17)年の創刊から今年で133年、富山県の情報インフラとして貢献してきました>>企業ページ

こちらは、 2018年9月12日〜2018年9月25日にリクナビNEXTに掲載されていた、募集が終了している求人情報です。

株式会社北日本新聞社が、現在募集中の求人

株式会社北日本新聞社が、現在募集中の求人はありません。
右の「気になる」ボタンを押していただくと、この企業が募集を開始した際にメールでお知らせします。

この求人と似ている求人

その他の求人を条件から探す

企業名から探す
職種から探す

クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン)の求人・転職 > 出版・印刷関連・転職 > 記者、ライター・転職

業種から探す

マスコミ系 > 放送・出版・映像・音響

経験/スキルから探す

新聞 / 営業【対大企業】 / 宣伝計画、メディア選定

勤務地から探す

北信越 > 富山 > 富山市

関連する求人を探す

営業 転職 営業に関連する転職情報から探す

感動を伝え、感動を生む。
富山の新時代を一緒に創っていきませんか?

県民目線の報道で
読者との信頼を築いてきた北日本新聞。

議会の改革を訴えた「民意と歩む」(2017年)で
4度目となる日本新聞協会賞を受賞するなど、
報道の使命と責任を果たしてきました。

インターネットを中心とした新たなメディア環境にも対応。
「02(ゼロニィ)」や「まんまる」「T’SCENE(ティーズシーン)」といった
地域情報誌の発行や、ネット新聞「ウェブン」の運営など
総合情報産業として日々進化しています。

目まぐるしく変化する富山の「今」を伝え続けるために
社会人を経験した皆さんの力を必要としています。

募集要項

あなたが今まで培ってきた経験を「新しい風」として当社に吹きこみ、
会社としての『これから』を、ともにつくり上げてほしいと考えています。

「情報を通して地域おこしをしたい」、「富山県を盛り上げたい」
そんな想いの方を採用したいと考えております。

仕事の内容

富山県で発行部数圧倒的シェア!「北日本新聞」の記者、営業

【具体的には】
能力や適性、希望をふまえて最初の配属を決定した後
ジョブローテションを通じて、新聞制作に関わる様々なキャリアを積むことができます。

◎記者
政治、経済、社会、など各部に分かれて取材し、記事を執筆。
外勤記者が書いた記事や、国内外から入る共同通信の記事を、内勤部門が紙面にまとめます。
支社編集部は担当エリア内、総支局は担当市町村内の動きを伝えます。

◎営業
新聞広告を中心に営業企画の展開、イベント企画運営、地域情報誌の発行に関する仕事です。
近年は新聞広告といった手法にとらわれない提案も展開。
県内90の販売店と連携し、増紙活動にも取り組みます。

求めている人材

大卒以上/富山県の『これから』を「北日本新聞」というメディアを使って盛り上げていきたい方

【具体的には】
<こんな方を歓迎します>
◎新聞・出版社などのマスコミ、広告代理店、イベント会社でのご経験のある方
◎経験をいかし、新聞業界で挑戦したい方

勤務地

※最終面接:交通費全額当社負担
本社:富山県富山市安住町

※UIターン歓迎

→リクナビNEXT上の地域分類では……
富山県

給与

月給23万4500円以上
※経験・スキルにより考慮

【年収例】
500万円/月給30万円+賞与/25歳
580万円/月給36万円+賞与/30歳
690万円/月給42万円+賞与/35歳

勤務時間

原則9:00〜17:00(実働7時間)
※新聞製作工程時間により複数の勤務ダイヤあり

休日・休暇

週休2日制
※年間112日

◆休暇
年次有給
産前産後・育児
看護・介護
リフレッシュ
メモリアル

待遇・福利厚生

賞与2回
昇給1回
社保完
交全支
慶弔金
契約施設利用
健康診断

◆手当
住宅
家族
役職
時間外
厚生
資格

※試用期間は無し

リクナビNEXTの取材から

〜同僚の皆さまに聞いてみました〜

  • 読者との距離が近いのが北日本新聞の特徴です。「読んだよ」
    「書いてくれてありがとう」。読者や取材先、営業先で掛けられる言葉が何よりの励みになります。
    議会の不正を追及したキャンペーン「民意と歩む」で2017年度新聞協会賞を受賞しました。
    議会改革の流れを生んだ仲間の仕事を誇りに思います。  

    稲垣/経営企画室

採用企業情報

株式会社北日本新聞社

設立

1884(明治17)年1月

代表者

代表取締役社長 忠田 憲美

資本金

4億9500万円

売上高

売上高 107億9360万円 当期利益4億9294万円(平成30年3月期)

従業員数

293人(平成30年7月)

事業所

本社(富山市)/高岡支社/新川支社/砺波支社/金沢支社/東京支社/大阪支社/名古屋支社

業種

放送・出版・映像・音響/広告・デザイン・イベント/印刷/その他マスコミ系

事業内容

<<県内に発行本社保有、朝刊発行部数約23万3000部、県内世帯数に対する普及率約6割>>◆日刊新聞「北日本新聞」の製作発行、web新聞「webun(ウェブン)」の開設◆新聞広告を中心とした企画、営業◆イベント企画運営

連絡先

株式会社北日本新聞社(ホームページ
〒930-0094 富山県富山市安住町2-14
076-445-3522/経営企画室 尾山

富山県を代表する新聞社での総合職(記者、営業)

株式会社北日本新聞社