転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2019/1/18UP! 毎週水・金曜更新

HRGC/HRMSを使用しての環境汚染物質の分析・研究開発

  • 正社員

オオノ開發株式会社・東京支店 ◎愛媛に本社を置く優良企業◎業績賞与6年連続支給!企業ページ

こちらは、 2018年12月14日〜2018年12月27日にリクナビNEXTに掲載されていた、募集が終了している求人情報です。

この求人と似ている求人

最新のHRGC/HRMSを導入します。
当分の間は、あなた専用です。

高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計(HRGC/HRMS)を導入します。あなたにお任せするのは新たに立ち上げる部門の責任者。HRGC/HRMSの導入、分析・研究はもちろん、卒業判定や新しい分析方法の確立まで任せたいので、これまでにHRGC/HRMSでの分析・研究を行ってこられた経験豊富な方にお願いしたい仕事です。

産業廃棄物処理だけでなく、解体から収集運搬業務までを手掛け、愛媛県東温には国内最大級の複合処理施設を有するオオノ開發。自信をもってお客様にご提案するためなら、設備投資は惜しまず、あらゆる業務を自社で行う“自前主義”を徹底。

今回のHRGC/HRMS導入もダイオキシン類や低濃度PCBなど、
外部に依頼してきた分析・研究を自社で行えるようにするためです。まだ誰も触っていない新品のHRGC/HRMSで好きなだけ研究・分析して下さい。

あなたが働く環境科学研究センター(通称オオノ・ラボ)では、12名の研究者が活躍中。45歳もいますが、20代・30代が中心で、課長の大野は女性で33歳という若さで、ラボの責任者を任されています。

年齢や性別に関係なく、やる気と能力を評価し、責任ある仕事をお任せします。分析学の権威である愛媛大学の田辺先生に顧問になっていただいており、技術、法律など何かと相談もできます。

HRGC/HRMSがオオノ開發の強みになる。そんな頼れる新部門をつくって下さい。

募集要項

土木、解体、廃棄物処理と多様な事業を行っているオオノ開發。
自社で分析・研究業務を行うために、計量証明事業所を立ち上げたのが10年前。
それ以来、廃棄物分析、PCB分析、土壌汚染調査、作業環境測定、石綿分析など幅広い分野で
分析・研究から最終処分まで高いレベルでワンストップサービスを提供しています。

今後更に環境に対する社会のニーズが多様化していくことは間違いありません。
そこで今回、最新の高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計(HRGC/HRMS)を導入し、
ダイオキシン類、PCB、残留性有機汚染物質(POPs)、新規規制物質の
分析・研究を行う部門を新たに立ち上げます。

その立ち上げから分析・研究業務をお任せできる部門責任者を募集します。
日本トップレベルの分析・研究チームを一緒に作って下さい。

仕事の内容

最新のHRGC/HRMSを使用しての環境汚染物質の分析・研究開発

【具体的には】
ダイオキシン類、PCB、残留性有機汚染物質(POPs)、
新規規制物質など環境汚染物質の分析・研究開発です。


【分析・研究の流れ】
見積もり作成(分析費用、サンプル採取費)

受注

日程調整

サンプルの採取

分析

結果・報告書作成


【新しい分析方法の確立業務】
ガイドラインを確認しながら、新しい分析方法を数ヵ月かけて検討・確立します。


【顧問】
学術顧問・田辺信介/愛媛大学 特別栄誉教授
学術顧問・林秀則/愛媛大学プロテオサイエンスセンター教授


【機関の登録・指定】
・計量証明事業「濃度(大気、水又は土壌中の物質の濃度に係る事業)」
 登録番号:愛媛県 第環50号

・指定調査機関
 指定番号:環境省2011-6-1002

・作業環境測定機関(粉じん、特定化学物質、有機溶剤)
 登録番号:38-20

求めている人材

HRGC/HRMSでの分析・研究経験者(※研究室での経験だけでも歓迎)★愛媛にゆかりがある方大歓迎

【具体的には】
★以下のいずれかにあてはまれば歓迎。

研究者として働き続けたい方
探究心と向上心がある
最新の分析機器が揃った環境で働きたい
大学・大学院での研究成果を活かしたい
部門の立ち上げを手掛けたい
優秀な研究者が揃う環境で成長したい方
年齢に関係なく責任あるポジションを任されたい方

★地元で働きたい方、UIターンしたい方歓迎

勤務地

愛媛県東温市河之内乙858番地2
環境科学研究センター(オオノ・ラボ)

→リクナビNEXT上の地域分類では……
愛媛県

【交通手段】
川内ICより車で10分

給与

月給35万円以上 ※経験・年齢考慮

【年収例】
500万円/研究職・入社1年・月給35万円

勤務時間

8:00〜17:00(休憩1時間)

★会社ぐるみで残業時間を減らす取り組みを行っています。

休日・休暇

週休2日制(土日)
祝日
GW(7日)
夏季(5日)
年末年始
有給
慶弔

待遇・福利厚生

昇給
賞与
社保完
交通費全額支給
退職金
社宅制度
産休・育休制度
各種手当/家族、子供(子供一人につき1万円)、役職等
試用期間3ヵ月あり(条件同じ)
お弁当支給(無料/週1回の豚弁が人気です)

リクナビNEXTの取材から

〜同僚の皆さまに聞いてみました〜

  • ●課長であり、責任者。

    愛媛大学で化学分析を専攻。教授の推薦でオオノ開發に入社しました。決め手は、立ち上げに携われること。去年からは研究職12名をまとめる責任者も任せてもらっています。性別・年齢に関係なく、責任ある仕事を任せてもらえるのは嬉しいですね。あ、苗字は大野ですが、親族じゃありませんので。

    大野(33・♀)
    課長・ラボ責任者

  • ●資格取得の試験費用と旅費は会社負担/資格取得実績

    環境計量士…4名
    第一種作業環境測定士…粉じん(2名)、特定化学物質(2名)、有機溶剤(1名)
    公害防止管理者…水質1種(5名)、大気1種(2名)、ダイオキシン類(1名)
    土壌汚染調査技術管理者…4名
    高圧ガス甲種取扱主任者…1名
    甲種危険物取扱者…1名

    大野(33・♀)
    課長・ラボ責任者

〜職場環境・風土について〜

●全面ガラス張りの「オオノ・ラボ」

環境科学研究センター(オオノ・ラボ)は、南西向きの全面ガラス張りで日当たりも抜群。産業廃棄物処理を行っている会社だからこそ、日々の業務を隠すのではなく、あえて見ていただくためにも風通しのよい施設にしたい…そんな会長のこだわりが設計にも込められています。ラボにはお客様や検討されている企業の担当者様、地元の小学生など、毎日のように見学の方がいらっしゃっています。

採用企業情報

オオノ開發株式会社・東京支店

設立

1973年11月/創業1966年8月

代表者

代表取締役 大野剛嗣

資本金

7000万円

売上高

総売上実績/150億円(2018年8月実績)

従業員数

481名(グループ全体)

事業所

【本社】愛媛県松山市北梅本町甲184番地【東京支店】東京都港区新橋2-16-1ニュー新橋ビル10F 1001号室

業種

その他業種/プラント・設備関連/電力・ガス・水道・エネルギー関連

事業内容

◆土木工事◆解体工事の請負・施工◆産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の収集運搬、中間処分、最終処分◆一般廃棄物の収集運搬、中間処分、最終処分◆農業培土の製造販売◆汚染土壌調査・修復提案・施工◆計量証明事業◆低濃度PCB廃棄物処理

連絡先

オオノ開發株式会社・東京支店(ホームページ
東京支店/東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル10F 1001号室
03-6205-7291/支店長・山岡

HRGC/HRMSを使用しての環境汚染物質の分析・研究開発

オオノ開發株式会社・東京支店