転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2017/7/28UP! 毎週水・金曜更新

クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン)の転職・求人情報

勤務地から探す

北信越

クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン) の 転職ガイド

デザインのスペシャリスト「クリエイティブ職」

デザインのスペシャリスト「クリエイティブ職」

クリエイティブ系の職種には、広告などのグラフィックデザイナーや出版物の編集、ファッションデザイナーやパタンナー、インテリアプランナーなどが含まれます。

広告やポスター、商品パッケージなど広域なデザインを行う「グラフィックデザイナー」

広告やポスター、商品パッケージなど広域なデザインを行う「グラフィックデザイナー」

文字や写真、イラストなどを使用して目的に合ったデザインを提案・作成するのが主な仕事ですが、デザイン力だけでなく、デザインの目的を的確に捉えコンセプトに沿ったデザインを提案する能力、クライアントとの打ち合わせ及びプレゼンテーションなどのコミュニケーション能力が必要です。仕事はディレクターやカメラマン、ライターなどとチームで行い、完成するまでにはクライアントの要望に沿った修正が繰り返され、印刷物の色校正やチェックなど、根気が必要な地道な作業を有します。

印刷物の場合は特に、完成したときの充実感や自分のデザインが多くの人々に支持された時の実感を得やすいのがグラフィックデザインの魅力です。グラフィックデザイナーとしての特別な資格はありませんが、デザイン系や美術系の学校出身者はもちろん、グラフィック作成ソフトが使える場合は、転職に有利になるでしょう。経験者を優遇する企業が多いため、応募する際には、それまでの経験や実績を目に見える形にまとめてアピールするとよいでしょう。活躍の場は広告代理店やデザイン事務所、印刷会社、企業の宣伝部などが多く、経験を積むことによりディレクターなどへのキャリアアップや独立も可能です。

多くの人に受け入れられる個性をデザインする「ファッションデザイナー」

人が身にまとう洋服や靴、帽子などをデザインするのがファッションデザイナーの仕事です。その時の流行や時代の流れ、ニーズを踏まえて、多くの人に受け入れられる服をデザインするという側面と、自分の個性を発揮するという側面の、両方のバランスを取りながらデザインを行っていく必要があります。ブランドによっては、そのブランドが持つ個性・キャラクターがあるため、その要素を上手にデザインに取り込んでいく必要がある場面もあるでしょう。そのためにはデザイン力はもちろん、要望を的確に捉えるヒアリング力・コミュニケーション力も求められる仕事といえます。