転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載!  2019/3/22UP! 毎週水・金曜更新

【第二新卒歓迎】自動運転等の研究開発(制御設計・開発)

  • 正社員
  • 未経験者歓迎

株式会社本田技術研究所 企業ページ

掲載期間:2019/3/1(金)〜 2019/3/28(木)

過去の経験よりも、未来への意志。
やりたいことを、本気でやろう。

1960年、日本で初めて研究開発部門が株式会社として独立しました。
それが、本田技術研究所です。

独立の目的は、短期の販売動向や収益状況等の影響を受けることなく、
役職に関わらずフラットに意見を交わしながら、
研究開発・デザインに没頭できる環境を実現すること。

この意思・風土は設立より脈々と受け継がれ、
現在も変わることなく技術者本位の開発が行われています。

そんな環境の中で私たちは、
自動運転システムや四輪知能化技術の開発など、
次世代のクルマ開発に欠かせない技術領域を
進化させることに、心血を注いでいます。

従来のクルマには使われていなかった新しい技術が、
これからのクルマには必要不可欠になる。

だからこそ、実務経験だけでなく
例えば、「画像処理、音声認識、統計」等の技術的な素養を持っている
または、「こんなことを実現したい」という強い想いを持っている
そんな新しい仲間を、幅広く求めています。

次世代のクルマの開発に
自らの専門性を活かして挑戦してみたいという意欲があれば、
今までの経験をHondaで活かしてみませんか。

あなたの想いを、聞かせてください。
やりたいことを本気でやれる環境が、
Hondaにはあります。

◆挑戦しなければ、Hondaではない。

技術者が失敗を恐れず挑戦を続け、
新しい未来を切り拓いていくことがHondaの企業風土。

既成概念にとらわれることなく、
常に驚きと感動を発信し続ける。

人々と一緒に夢を求め、
その夢を実現するために技術の限界に挑んでいく。

様々な分野の技術と連携しながら、
安全性と快適性を向上させていく。
同時に「楽しく移動する」という価値をも追求し、
人とクルマとの新しい関係性を構築していく。

あなたの持つ技術と新しい発想、そして情熱で、
そんな次世代のクルマづくりに取り組んでください。

あなたの挑戦に期待しています。

  • 「走る喜び」を実現し、多くの人々を笑顔にした「S660」

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)など、安心安全のための様々な技術を実現

  • 「ASIMO」で培った技術もHondaの大きな武器です

募集要項

10年後も20年後もその先も、世界中でより多くの人々に「移動の喜び」を提供するため、
日々進化を続けているHonda。

クルマの市場も先進国から新興国へと拡大を続け、
そのニーズは過去とは比べものにならないほど多様化している中、
更なる性能・機能向上、新価値創出に向けて、従来の技術や発想にとらわれない
新しい仲間を積極的に採用します。

仕事の内容

【業界経験不問】次世代のクルマ開発のための四輪知能化技術、自動運転等の制御技術、HMIの研究開発等

【具体的には】
■車載インフォテイメント
・IT技術開発プロジェクトマネジメント
・機械学習システムのアーキテクチャ設計/構築
・データマイニングエンジン開発
・機械学習を用いたアプリ開発 等

■安全運転支援システム/自動運転システム
・画像処理・データマイニング・機械学習・ディープラーニング技術を応用した知能化技術創出
・データ解析技術を応用した課題解決手法考案
・最適化・確率推論・データマイニング等
・自車位置推定技術と自車位置を中心としたローカルダイナミックマップの開発 
・車両プローブ情報を活用したビッグデータ解析と運転支援活用 等

■車室内表示システム(メーター、HUD等)・スイッチ部品開発
・音声など様々な認識技術を活用したUI研究・開発 
・車室内スイッチの信頼性、商品性に対する研究開発
・ナビゲーションユニットやスマートフォンなどとの機能連携・融合に向けた
 メーター/ヘッドアップディスプレイの研究・開発
※上記に関わる新価値機能の提案から機能仕様・操作仕様・表示仕様の作成・検証 等を担当いただきます。

■制御システム開発
・次世代・新技術エンジン、モータ、トランスミッション等のパワープラント制御
・自動運転、安全運転支援領域における車両制御
・ブレーキ、アクセル、サスペンションなどのシャーシ制御
・高圧バッテリー、燃料電池制御
・冷却水回路等の熱マネ制御デバイス部品領域 
・パワーウィンドウ、パワースライドドア、サンルーフ等車載電装制御 等

求めている人材

【第二新卒歓迎/業界未経験者歓迎】理系の高専卒・大卒以上(社会人経験3年未満)

【具体的には】
機械・電気電子・情報系・人間工学科卒 尚歓迎

上記学科以外の方からのご応募もお待ちしております。
詳しくは、Hondaの中途採用ホームページよりご確認ください。

●Honda Career Recruiting
http://www.honda-jobs.com/

勤務地

東京都港区
栃木県芳賀郡芳賀町

※ご経験、専門性により勤務地が異なります

→リクナビNEXT上の地域分類では……
栃木県、東京23区

給与

月給23万5000円以上
※経験・能力等を考慮して決定

勤務時間

フレックスタイム制
標準労働時間8時間 標準勤務時間帯8:30〜17:30

休日・休暇

完全週休2日制(当社カレンダーによる)  
5月・8月・年末年始休暇 ※年間121日
有給・特別休暇

待遇・福利厚生

賞与年2回
社会保険完備
住宅・家族・残業・通勤・他各種手当
社宅・退職金・各種厚生制度
保養所

※試用期間 2ヶ月 条件変更なし

リクナビNEXTの取材から

〜同僚の皆さまに聞いてみました〜

  • 年次や領域に関係なく議論が始まる「ワイガヤ」の文化はしっかりと根付いています。白熱すると全員で床に座り込んで、大きな模造紙のような紙にマジックで書き出し、壁に張り出すなんてことも。究極間違っていてもいいので、何がやりたいのかを語れる方と一緒に働きたいですね。

    研究開発

  • 現場からやりたいことを発信して、やっていく。そんなボトムアップな風土が大好きです。だからこその厳しさもありますが、大きな権限と成長を得られる舞台があると思います。今のクルマづくりを変えたい。そしてそれが、世のため人のためにつながっていく。この想いで、日々奮闘しています。

    研究開発

〜職場環境・風土について〜

「造る喜び、売る喜び、買う喜びを世界に広げる」を基本理念に、Hondaでは数々の製品を
創業から生みだし続けてきました。役員から現場社員まで、あらゆる人材が自由な発想で、
夢や理想を徹底的に追求する風土が根付いており、学歴や年齢に関係なく誰もがフラットに
活躍できる職場です。積極的に仕事に向き合い、推進する力のある従業員には、入社直後で
あっても大きな仕事が任されます。

  • 安全運転支援システム「Honda SENSING」など、様々な最新技術を研究

  • 26年ぶりにフルモデルチェンジしたスーパースポーツモデル「NSX」

  • 新型アコードでは信号情報活用運転支援システムを世界で初めて対応(自社調べ)

採用企業情報

株式会社本田技術研究所

設立

1960年7月

代表者

代表取締役社長 社長執行役員 松本宜之

資本金

74億円

売上高

15兆3,611億円 ※2018年3月期

事業所

各R&Dセンター(二輪:埼玉 四輪:栃木、東京、埼玉 パワープロダクツ:埼玉 航空機エンジン:埼玉 R&DセンターX:東京、埼玉)

業種

自動車・輸送機器【メーカー】

事業内容

輸送用機器の研究開発 ※(株)本田技術研究所は、本田技研工業(株)の研究・開発部門が分離・独立した会社です。

この求人への応募について

応募方法

「応募画面へ行く」よりエントリーの上、ご希望の選考内容を1〜3より選択ください。

★ご登録のレジュメを詳細な内容に更新してください。

採用までの流れ

◎「応募画面へ行く」よりエントリー  
▼  
◎人事書類選考

【希望者のみ】WEBセミナー(録画) 
▼   
◎部門書類選考  
※選考ポジションについては個別にご連絡致します  

以下1〜2いずれかの選考となります。
[1]平日個別選考
[2] 4/6(土)休日面接会  (応募締切:3/25(月)AM) 
※WEBセミナーご参加の方は[1]平日個別選考となります。  
※[2]について締切を過ぎてのご応募は[1] 平日個別選考となります。
▼   
◎2次面接  
※3次面接を実施することもあります  
▼  
◎内定  

※面接の際に発生する交通費は支給致します  
※場合により選考期間、回数等が変更になる可能性がございます

連絡先

株式会社本田技術研究所(ホームページ
栃木県芳賀郡芳賀町大字下高根沢4630
※お問い合わせは下記メールアドレスまで(本田技術研究所 採用事務局)
honda-saiyo@rs-career.com

応募にあたってご不明な点がおありですか?

応募後のメッセージのやり取りや、応募にあたっての不明点などはヘルプページにも記載がございます。

応募・問い合わせに関するヘルプ・お問い合わせはこちら

【第二新卒歓迎】自動運転等の研究開発(制御設計・開発)

株式会社本田技術研究所

応募画面へ行く