転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/12/02 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 内定・退職の準備をする > 正当な理由がないと、有給休暇は取得できない?

転職Q&A

内定・退職の準備をする編

一覧に戻る

正当な理由がないと、有給休暇は取得できない?

上司から「ぎりぎりの人数でやっているので、単に休みたいからという理由で有給休暇を取得するのはやめるように」と言われました。取得してよいのは、病気や怪我、子どもの学校行事、法事など、どうしても必要な場合に限られるのだそうです。有給休暇を取るのに正当な理由というのは必要なのでしょうか?

(H・Tさん、ほかからの質問)

理由に限らず、自由に取得できます。

会社が定めた有給は、その範囲内である限り当然の権利。本来、有給を取得することに理由は不要です。労働者はいつでも自由に有給休暇を取得できることは、労働基準法にも定められています。また、労働基準法では有給休暇の付与日数も規定しています。会社の定めがそれを下回る場合は、労働基準法が定める日数があなたの取得できる権利になります。

ただし、あなたが休んでいる間に代わりを務める人がいないなど、事業の正常な運営を妨げる場合に限り、企業は取得時期を変更するよう従業員に請求することができます。この場合も、企業は代わりの時期を提示しなくてはならないことになっていますので、「いつなら取得できますか?」と上司に確認するようにしてください。

ただ、法律上の権利ばかりを主張しては、物事はスムーズに進みません。自分の仕事の責任はしっかりと果たし、周囲にも積極的に協力するなどして、有給休暇を取得しやすい環境を作ることをオススメします。業務を推し進めるためにも、日常から信頼関係を作っておくことは大切です。職場の一員である限りは、権利の行使とともに業務責任を負っていることを認識しておきましょう。

この内容は、2016/03/10時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:松尾友子、冨塚祥子)