転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/28 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 転職の準備をする > 中途入社者の昇給は、新卒入社者よりも遅いもの?

転職Q&A

転職の準備をする編

一覧に戻る

中途入社者の昇給は、新卒入社者よりも遅いもの?

今の会社には中途入社しました。入社時の給与が新卒入社の同年齢の人よりも低いのは、納得できるのですが、その後の昇給も遅く、何年働いても先に入社した人には追いつきません。そればかりか、10歳以上年下の社員にも、収入面で追いつく見込みがありません。中途採用者の昇給が新卒入社者より遅いというのは、よくあることなのでしょうか?

(K・Aさん、ほかからの質問)

昇給の時期や金額は会社の規定により、一概にいえません。

今の会社に正社員として入社したのであれば、あなたも新卒入社の社員も、同じ賃金制度のもとで給与が決められていることになります。給与額に差があるのは、中途や新卒といった入社時期の違いではなく、賃金制度の決まりによるものなのです。

一般的には、賃金制度は以下に大別されます。
・職務給:何年目の社員であっても、同じ仕事をしている人には同じ給与を払う制度。
・職能給:社員の能力によって給与を決定する制度。
・成果給・歩合給:業績によって給与を決定する制度。

上記の制度に加えて、年齢や経験、社内のバランスなどを考慮して、給与を決定している企業が多いのが現実です。ほかの社員との能力や職種による違いであれば、スキルアップに努める、職種転換を希望するなどの方法で解決できる場合もあるでしょう。いずれにしても、今の給与に納得がいかないのであれば、自社の給与規定がどうなっているのか、直属の上司や人事部門に確認することをオススメします。

なお、あなたが契約社員として入社している場合は、給与の水準や昇給の扱いは、個別の契約によります。ご自分の契約内容を、再度確認してみるようにしてください。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)