転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/30 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 転職の準備をする > 海外で働くつもりですが、国民年金に加入しなければなりませんか?

転職Q&A

転職の準備をする編

一覧に戻る

海外で働くつもりですが、国民年金に加入しなければなりませんか?

転職後、海外で働くつもりなのですが、それでも国民年金には加入しないといけないのでしょうか?

(K・Sさん、ほかからの質問)

国内に住所がないなら、加入しなくても問題ありません。

一般的に、国民年金は国民全員が強制加入者となっていますが、正確には以下のような対象者になっています。
(1) 厚生年金保険その他の公的年金制度に加入している者
(2) (1)の被扶養者配偶者で20歳以上60歳未満の者
(3) (1)(2)以外の日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の者

日本に所在する企業に転職されるということであれば、その会社で厚生年金保険などの年金制度に加入します。そうすると、(1)にあたりますから、すでに国民年金にも加入している状態です。そのような方が海外転勤したとしても、(1)に該当した状態のままですから、日本の年金制度に関しては特に何も手続きしないで大丈夫です。

一方、日本に所在する企業は退職し、海外に所在する企業に入社するような場合には、(1)~(3)のどれにも該当しなくなりますので、国民年金に加入する義務はありません。ただし、日本国籍があれば、日本に住所がなくても任意に加入することができます。つまり、将来年金の受給資格要件を満たせば、国外にいても年金は受給できるのです。

この内容は、2016/03/10時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:松尾友子、冨塚祥子)