転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/28 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 転職の準備をする > 8時間15分働いたのですが、残業手当がつきません。違法では?

転職Q&A

転職の準備をする編

一覧に戻る

8時間15分働いたのですが、残業手当がつきません。違法では?

今の会社は基本的には残業はないのですが、先月一日だけ残業があり、その日は8時間15分働きました。しかし給与明細を見たところ、残業手当がついていません。これは違法ではないでしょうか?

(D・Aさん、ほかからの質問)

1カ月における時間外労働の合計時間に端数がある場合、30分未満の切り捨ては違法にはなりません。

労働基準法では、8時間を超える労働をした場合には時間外勤務手当として、いわゆる「残業手当」を支払わなければならないことが定められています。

ただし、残業手当は、1カ月の時間外労働時間を合計して、それに対する手当を支給することが通常です。その1カ月の合計時間に1時間未満の端数が出た場合、30分未満を切り捨てることは違法にはならないとされています。ご質問のケースは、これに該当するのではないでしょうか。

ただし、30分未満の切り捨てはあくまでも1カ月における合計時間の端数に対するものであり、1日単位で端数を切り捨てることは違法になります。また、このような運用をする企業では、同時に30分以上1時間未満の合計時間の端数は1時間に切り上げすることになっています。

この内容は、2016/03/10時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:松尾友子、冨塚祥子)