転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/30 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 転職の準備をする > 正規社員として勤務しながらアルバイトをすることはできますか?

転職Q&A

転職の準備をする編

一覧に戻る

正規社員として勤務しながらアルバイトをすることはできますか?

職場で給与カットがあり、生活のために副業を考えています。正社員として働きながらアルバイトをすることはできますか?

(S・Hさん、ほかからの質問)

会社の就業規則で禁止されていなければ可能です。

副業を禁止する法律はありませんが、就業規則で副業を禁止または制限する規定を設けている会社は多くあります。副業を一切禁止するもの、事前の許可なく副業することを禁ずるものなど、禁止の範囲や程度は会社によってさまざまですので、まずは就業規則を確認しましょう。

なお、副業が禁止されていないとしても、本業に悪影響を与える恐れのある次のような仕事は選ばないようにしてください。
●重労働や長時間労働を伴うなど、副業による疲労で本業がおろそかになる恐れのある仕事。
●本業の会社の信頼や名誉を傷つける恐れのある仕事。
●競合他社で働くなど、本業の会社に不利益を与える仕事。

また、就業規則で副業を禁止していても、このところの経済情勢を配慮して、実際には容認する企業も増えています。禁止されているがどうしても副業しなくてはならないという場合には、上司に率直な事情を相談してみてはいかがでしょうか。

この内容は、2016/03/10時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:松尾友子、冨塚祥子)