転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/12/02 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 内定・退職の準備をする > 内定後に残業や給与の質問をしてもいい?

転職Q&A

内定・退職の準備をする編

一覧に戻る

内定後に残業や給与の質問をしてもいい?

内定をいただいてから入社の意思を決定するまでの段階で、残業や給与に関する質問を企業にしても構わないでしょうか? また、詳しい労働条件を書面で確認したいとお願いしたら、嫌がられて内定を取り消されることはあるのでしょうか?

(S・Oさん、ほかからの質問)

質問して構いませんが、丁寧な聞き方をしましょう。

これまでの面接で質問できる機会があったのに聞かずにいた場合は、「この段階での質問で恐れ入ります」とひと言添えるなど、丁寧な応対を心がけてください。また、残業や給与は聞き方によっては、マイナス印象になる恐れがあります。「入社後の生活をイメージしたいのでうかがいます」など、入社の意欲が伝わる聞き方を工夫するようにしましょう。

また、書面で確認するという方法もあります。社員を雇い入れる場合、会社は労働条件をあらかじめ明示しなければならないことが法律でも定められています。「労働条件通知書をいただきたいのですが」などと依頼するといいでしょう。それを嫌がる会社は、一概にはいえませんが、誠実さに欠ける恐れもあります。気になる点は質問することで不安をすべて解消し、信頼できる会社であることを確かめた上で入社するようにしてください。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)