転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 内定・退職の準備をする > 内定が出た会社を辞退したいが、会社側が応じない。どうしても入社しなければならない?

転職Q&A

内定・退職の準備をする編

一覧に戻る

内定が出た会社を辞退したいが、会社側が応じない。どうしても入社しなければならない?

ある会社から面接時に口頭で内定通知をいただき、私も口頭で入社の意思表示をしました。しかしその翌日に、入社するかどうかを最終的に決めるのはもう数日待っていただきたいことをメールでお願いして改めてよく考え、2日後に内定辞退の電話をしたところ、強い口調で受け入れてもらえませんでした。翌日に応募先の企業をお詫びのために訪問したのですが、内定辞退は許されない話になりました。どうしても入社しなければならないのでしょうか?

(K・Sさん、ほかからの質問)

内定辞退は可能。ただし、誠意ある態度が必要です。

内定辞退を禁じる法律はありません。そのため、採用側が内定辞退に応じないということはできないのです。しかし、法律で禁止されていないことでも、応募先の会社に迷惑をかけないための配慮は必要です。会社側が内定辞退に応じないのは、事業の運営に支障が出る、感情的に応じられないといったことが理由だと考えられます。

どうしても入社したくない場合には、根気よく話し合いを続けることをオススメします。その場合には、なぜ今回のような経緯で内定を辞退することになったのか、会社側が納得する説明をすることが大切です。

ケースとしては非常に少ないですが、内定辞退の理由やその方法が、あまりに信義に反すると判断された場合には、会社から損害賠償を請求される可能性も否定できません。あなたの代わりになる人を見つけるために、新たに募集広告を出さなくてはならない、人員の補充が遅れることで事業に支障が出るなど、何らかの損害が発生する可能性もあるのです。そのことは、心に留めておいてください。一度入社意思を伝えたのに、入社前日になってから内定辞退をするなど、社会常識に反するような行動はやめましょう。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)