転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 内定・退職の準備をする > 持病があります。面接の際に隠したことが入社後に判明したら、解雇されてしまいますか?

転職Q&A

内定・退職の準備をする編

一覧に戻る

持病があります。面接の際に隠したことが入社後に判明したら、解雇されてしまいますか?

幼少時から、ある病気のため月に2日から3日ほど外出できなくなることがあります。医師からは「適切に処置すれば普通に生活できる」と診断されています。このことを面接で伝えずに入社し、結果的に月2、3日の病欠をした場合、入社前にいわなかったことを理由に解雇されることはありますか?

(H・Mさん、ほかからの質問)

解雇されるか否かは、持病がどの程度業務に支障をきたすかによります。

持病を入社前に申告しないと、経歴詐称と見なされる可能性があります。さらに、それが重大な経歴詐称だと判断されれば、懲戒解雇処分になる恐れもあります。

業務への支障が少なく解雇処分にはならなかったとしても、本来は入社前に知っておくべきことを入社後に言われるのは、会社が最も嫌がるケースです。欠勤すれば職場に負担がかかることでもあります。また、病気があることを隠しながら仕事を続けるのは、あなたにとっても負担の大きいことです。病気がある場合には、業務に支障がないかどうかを面接時に必ず相談するようにしましょう。あるいは、面接前にかかりつけの医師に相談することをオススメします。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)