転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 内定・退職の準備をする > 自己都合退職だと、雇用保険の給付が遅れる?

転職Q&A

内定・退職の準備をする編

一覧に戻る

自己都合退職だと、雇用保険の給付が遅れる?

退職理由にはいろいろありますが、理由によっては雇用保険の給付制限はあるのでしょうか?

(S・Hさん、ほかからの質問)

給付には制限がある場合もあります。

退職理由によって、一般受給資格者(定年退職者、自己都合退職者など)、特定受給資格者(会社の倒産、解雇などにより再就職の準備をする時間的余裕がなく離職した人)、特定理由離職者(契約更新の希望がかなわず、期間満了などにより離職を余儀なくされた人)の3つのタイプに分けられます。一般受給資格者は、勤続年数によって給付日数が決められ、退職理由に正当性がない限り3カ月の給付制限があります。特定受給資格者と特定理由離職者は給付制限がなく、年齢と勤続年数によって所定給付日数が決定されます。

この内容は、2016/03/10時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:松尾友子、冨塚祥子)