転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/12/02 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 内定・退職の準備をする > 失業給付の受給中に夫の健康保険上の扶養に入ることはできますか?

転職Q&A

内定・退職の準備をする編

一覧に戻る

失業給付の受給中に夫の健康保険上の扶養に入ることはできますか?

既婚の女性です。近々現在の仕事を退職予定ですが、再就職のめどはたっていません。退職後の健康保険に関しては夫の扶養に入ろうかと思っているのですが、失業給付を貰いながらというのは可能なのでしょうか?

(T・Rさん、ほかからの質問)

失業給付の受給中であっても条件を満たせば、健康保険の扶養に入ることは可能です。

一般的には、夫の健康保険の扶養になるためには、妻の収入の条件があり、向こう1年間の収入が130万円未満でなければなりません。これを超える失業給付をもらっているのであれば、その間は夫の社会保険上の扶養にはなれないことになります。例えば、全国健康保険協会(協会けんぽ)が運営している健康保険の場合は、失業給付の日額が3610円以下ならば失業給付の受給中であっても扶養に入ることが可能です。ただし、夫の会社が加入している健康保険組合によっては、その条件などに差がありますので、ご主人の会社に具体的にお尋ねすることをお勧めします。場合によっては、失業給付の額がわかるもの(離職票など)の提出を求められることもあります。

逆に、夫の健康保険の扶養に入っている方が失業給付を受給する場合については、受給要件を満たせば失業給付を受給することは可能ですが、前述のように、その失業給付の額によっては、扶養から外れなければならなくなります。

この内容は、2016/03/10時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:松尾友子、冨塚祥子)