転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 面接対策をする > 面接で言われた給与や福利厚生の口約束は、必ず守られるもの?

転職Q&A

面接対策をする編

一覧に戻る

面接で言われた給与や福利厚生の口約束は、必ず守られるもの?

面接時に入社後の給与の金額や福利厚生の内容に話が及ぶことがよくあります。こういった面接での口約束は、必ず守られるものなのでしょうか?

(O・Yさん、ほかからの質問)

残念ながら、守られないケースもあります。労働条件は、入社前に必ず文書で確認しましょう。

面接の段階で提示された条件には、法的な拘束力はありません。残念ながら守られないケースもありますので、労働条件は必ず書面で確認するようにしてください。確認のタイミングは、内定通知を受けた段階が一般的。もし、確認した際、面接の段階で提示された条件と異なる場合は、交渉することも重要です。労働基準法でも、会社は労働者を雇い入れる場合には、労働条件を明示する義務があると定められています。「労働条件通知書をいただけますか」などと依頼するといいでしょう。

この内容は、2016/03/10時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:松尾友子、冨塚祥子)