転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/30 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 面接対策をする > 出産しても長く働きつづけたい。面接でその気持ちをアピールするには?

転職Q&A

面接対策をする編

一覧に戻る

出産しても長く働きつづけたい。面接でその気持ちをアピールするには?

正社員として働ける会社を探しているのですが、出産前後含め、長く働きたいと思っています。もし話題が出産の予定に及んだ場合、どう説明すれば働く意欲をアピールでき、採用担当者にも納得してもらえるでしょうか?

(J・Hさん、ほかからの質問)

現在の自分の考えを、率直に伝えてください。

出産しても長く働き続けるには、産休や育休の取得に理解のある会社を選ぶことが大切です。一概にはいえませんが、出産するかもしれないことを理由に採用をためらう会社は、理解を得にくい会社の可能性があります。それを確かめるためにも、「出産前後含め、長く働きたい」という今の考えを正直に伝えることをオススメします。

その場合、働く意欲をアピールするには、出産後に職場復帰できる環境が整っていることを伝えましょう。夫の理解と協力がある、両親のサポートが得られる、保育園やベビーシッターなどの育児サービスを利用するつもりがあるなど、具体的に説明することがポイントです。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)