転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 面接対策をする > 正社員と契約社員の区別が不明な求人。面接でどこまで質問してもいい?

転職Q&A

面接対策をする編

一覧に戻る

正社員と契約社員の区別が不明な求人。面接でどこまで質問してもいい?

求人の雇用形態の欄に「正社員または契約社員」とあるのに、業務内容や待遇に正社員と契約社員の区別がありません。また、待遇欄に「賞与」が書かれていないのは、正社員と契約社員のどちらも賞与は発生しないということなのかも知りたいと思っています。ちなみに私は正社員希望です。面接ではどこまで突っ込んで質問をしてよいのでしょうか?

(E・Tさん、ほかからの質問)

不安なことは何でも、遠慮せずに質問して構いません。ただし聞き方には注意しましょう。

後日に不安を残さないよう、求人に関して疑問に思うことは面接でしっかり確認するようにしてください。ただ、企業を疑ってかかるような聞き方は、マイナス評価につながります。「長く熱意を持って働きたいので、念のためにうかがいますが」など、転職の意欲が伝わる質問の仕方を心がけてください。

ちなみに、正社員と契約社員の違いに法律上の定義はなく、一般的に雇用期間に定めのない社員が「正社員」、雇用期間に定めのある社員が「契約社員」と呼ばれています。また、正社員の労働条件は会社の就業規定に従うのに対し、契約社員は個別の契約によるということも一般的な違いとして見られる傾向です。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)