転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/12/02 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 面接対策をする > フリーター歴が長い理由をどう説明すればいい?

転職Q&A

面接対策をする編

一覧に戻る

フリーター歴が長い理由をどう説明すればいい?

高校を卒業してからずっと、アルバイトや派遣スタッフを続け、今年で27歳になります。これまではあえて正社員になる必要を感じていなかったのですが、最近、正社員として働きたいと思うようになりました。面接で「なぜ今まで正社員にならなかったのか」と聞かれた場合、何と答えればいいでしょうか?

(L・Aさん、ほかからの質問)

ありのままの理由を率直に述べ、正社員を目指す熱意を伝えましょう。

あなたはなぜ、正社員になる必要を感じていなかったのでしょうか。アルバイトでも十分な収入が得られたからか、やりたいことが見つからなかったからなのか。まずは、自己分析してみましょう。理由が明確になったなら、面接官にはありのままを率直に伝えてください。下手に取り繕っても、見抜かれてマイナス印象を与えるだけ。率直で誠実な姿勢を貫き、応募した会社への熱意を伝えることが、好感を得る第一歩です。

その際には、「なぜ正社員になりたいのか」という志望動機や今後の目的を、しっかりと伝えることが大切になります。これも、マニュアル的な表現では面接官の心に届きません。自分の言葉で説明できるように、面接前にしっかりと自己分析しておくことをオススメします。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)